8.11沖縄県民大会 大阪同時アクション 埋め立て土砂投入反対! 2018.8.11

記事公開日:2018.8.11取材地: 動画

 2018年8月11日(土・祝)11時より、沖縄県那覇市で行われた辺野古米軍基地建設に反対する県民集会に連帯して、大阪市北区の中之島公園水上ステージで集会・デモ「8.11沖縄県民大会大阪同時アクション 埋め立て土砂投入反対!」が行われた。


土砂投入を許さない! ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める 8.11県民大会 2018.8.11

記事公開日:2018.8.11取材地: 動画

 2018年8月11日(土・祝)11時より、沖縄県那覇市の奥武山陸上競技場でオール沖縄会議による「土砂投入を許さない!ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める 8.11県民大会」が開かれた。8日に死去した翁長雄志沖縄県知事の次男・翁長雄治那覇市議や、知事職務代理者・謝花喜一郎副知事らが登壇した。台風が接近する時折の雨の中、7万人(主催者発表)が参加した。


翁長雄志沖縄県知事が臨んだ最後の記者会見!~辺野古基地の埋め立て承認の撤回、そしてアジアの中で沖縄が果たしうる、これからの役割 2018.7.27

記事公開日:2018.8.10取材地: テキスト動画

特集 2018年沖縄県知事選
※2018年10月19日テキストを追加しました

「今の日本の米国に対しての従属は、日本国憲法の上に日米地位協定があって、国会の上に日米合同委員会がある」

 2018年8月8日に亡くなった翁長雄志前沖縄県知事は、名護市辺野古での米軍基地建設のための埋め立て承認撤回を発表した7月27日の沖縄県庁での記者会見で、こう言って日本が米国の属国である現実を指摘した。全国的な注目が集まった会見であったが、この重要な部分は大手主要メディアはほとんど報じようとしていない。見事なまでにスルーしている。この点をまず、指摘しておきたい。


辺野古新基地建設阻止 ゲート前2週連続集中行動 ~ゲート前の様子とゲート前テントから 2018.8.6

記事公開日:2018.8.6取材地: 動画

 2018年8月6日(月)、沖縄県名護市のキャンプ・シュワブゲート前およびゲート前テントで、「辺野古新基地建設阻止 ゲート前2週連続集中行動」が行われた。


土砂投入許さない8・4 辺野古海上大行動 連帯集会 2018.8.4

記事公開日:2018.8.4取材地: 動画

 2018年8月4日(土)、沖縄県名護市辺野古ゲート前での県民大集会に続き、この日朝から行われた「土砂投入許さない8・4辺野古海上大行動」に連帯する集会が辺野古松田の浜で13時半より行われた。310人(主催者発表)が参加した。


辺野古新基地建設阻止!第一土曜日ゲート前県民大行動 ―第10回行動・集会 2018.8.4

記事公開日:2018.8.4取材地: 動画

 2018年8月4日(土)12時より、オール沖縄会議による「辺野古新基地建設阻止!第一土曜日ゲート前県民大行動―第10回行動・集会」が米軍キャンプシュワブ・ゲート前(沖縄県名護市辺野古)開かれた。集会後、沖縄県による辺野古埋め立て承認撤回に向けた聴聞の期日を沖縄防衛局が延期申請したことについて、照屋寛徳衆院議員らが囲み会見を行った。


「道理と正義は、私たちの側にある!」 翁長雄志沖縄県知事の辺野古埋め立て承認撤回表明を受け、沖縄県庁前で緊急集会! 2018.7.27

記事公開日:2018.7.27取材地: テキスト動画

特集 辺野古
※2018年10月19日テキストを追加しました。

 「待ちに待った、埋め立て承認撤回!」

 糸数慶子参議院議員(会派「沖縄の風」)は、2018年7月27日、翁長雄志沖縄県知事が発表した、辺野古埋め立て承認撤回の判断を受けて、こう歓迎の言葉を表明した。その上で、「たいへん重い決断。県民をあげて知事を支え、世論に訴えて、何としても辺野古に新しい基地を造らせない」と述べた。


山城博明写真展「抗う島のシュプレヒコール ―okinawaのフェンスから」巡回写真展&講演会 ~講演:田仲康博氏(国際基督教大学教授) 2018.7.6

記事公開日:2018.7.11取材地: 動画

 2018年7月6日(金)18時30分より東京都武蔵野市の武蔵野芸能劇場小ホールにて、「山城博明 抗う島のシュプレヒコール ―okinawaのフェンスから」巡回写真展と田仲康博 国際基督教大学教授による講演会が開催された。


ジュゴン・サンゴを守れ!土砂投入を許さない!辺野古新基地建設断念を求める県民集会 2018.7.7

記事公開日:2018.7.7取材地: 動画

 2018年7月7日(土)12時より、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプシュワブ・ゲート前テントでオール沖縄会議主催による「ジュゴン・サンゴを守れ!土砂投入を許さない!辺野古新基地建設断念を求める県民集会」が開かれた。


稲嶺進前名護市長「権力、金力、組織力が小さな街に襲いかかった。終戦直後の植民地政策が今なおアメとムチで県民の心をずたずたにしている!」〜 6.8 第9期沖縄意見広告運動報告・関西集会 2018.6.8

記事公開日:2018.6.8取材地: 動画

 2018年6月8日(金)18時より、沖縄の米軍基地閉鎖などを求め国内外の新聞への意見広告を掲載する運動を行っている沖縄意見広告運動の「第9期沖縄意見広告運動報告・関西集会」が、稲嶺進・前名護市長を特別ゲストに迎え大阪市西区の学働館・関生で行われた。


沖縄防衛局へ「辺野古の海への土砂投入を強行せず いったん工事を中止して沖縄県との協議を求める要請」提出前後の報告会 2018.6.4

記事公開日:2018.6.5取材地: 動画

 2018年6月4日(月)、沖縄県中頭郡の沖縄防衛局へ「辺野古の海への土砂投入を強行せず いったん工事を中止して沖縄県との協議を求める要請」の提出が行われ、その報告会が防衛局前で行われた。


辺野古新基地建設阻止!第一土曜日ゲート前県民大行動 ―第8回行動・集会 2018.6.2

記事公開日:2018.6.2取材地: 動画

 2018年6月2日(土)12時より、沖縄県名護市辺野古の米海兵隊キャンプシュワブ・ゲート前で8回目となる「辺野古新基地建設阻止!第一土曜日ゲート前県民大行動」の集会が開かれた。


〜沖縄の財産、世界の宝を未来に〜 辺野古・大浦湾シンポジウム 2018.3.24

記事公開日:2018.5.6取材地: 動画

 2018年3月24日(土)13時より沖縄県浦添市の「国立劇場おきなわ」において、「〜沖縄の財産、世界の宝を未来に〜辺野古・大浦湾シンポジウム」が開催された。


辺野古ゲート前連続6日間500人集中行動(5日目) 2018.4.27

記事公開日:2018.4.27取材地: 動画

 米軍基地建設のための工事車両搬入を阻止しようと、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプシュワブ・ゲート前で行われている「辺野古ゲート前連続6日間500人集中行動」の5日目の行動が2018年4月27日(金)午前より行われた。


辺野古新基地建設阻止!第一土曜日ゲート前県民大行動 ―第7回行動・集会 2018.4.7

記事公開日:2018.4.7取材地: 動画

 2018年4月7日(土)12時より、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプシュワブ・ゲート前で7回目の「辺野古新基地建設阻止!第一土曜日ゲート前県民大行動」が行われた。


翁長雄志知事が名護市辺野古沿岸の埋め立て承認の取り消し表明!これを機に更に強めていく抗議活動~辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議・申し入れ行動 2018.4.2

記事公開日:2018.4.3取材地: 動画

 2018年4月2日(月) 18時半より、東京都新宿区の防衛省前にて、辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議・申し入れが行われた。


岩礁破砕等行為の差止請求訴訟公判後の沖縄県による記者会見 2018.3.13

記事公開日:2018.4.1取材地: 動画

 2018年3月13日(火)16時頃より、沖縄県那覇市の沖縄県庁にて、岩礁破砕等行為の差止請求訴訟公判後の沖縄県による記者会見が行われた。


辺野古県民投票を考える会 勉強会第2弾!なぜ、いま県民投票なのか 〜辺野古基地建設の是非をめぐって〜 講師 武田真一郎氏(成蹊大学法科大学院教授・行政法) 2018.3.4

記事公開日:2018.3.25取材地: 動画

 2018年3月4日(日)17時より沖縄県名護市の名桜大学にて、「辺野古県民投票を考える会 勉強会第2弾!なぜ、いま県民投票なのか 〜辺野古基地建設の是非をめぐって〜」が開かれ、講師に、武田真一郎氏(成蹊大学法科大学院教授・行政法)が講演した。


【特別寄稿】小泉進次郎は「騙し屋パンダ」〜有権者を騙して制した名護市長選の真相!「笑うところではない」東京新聞記者が会見で官房長官を一喝! 嘘を繰り返す「イケメン・ファシズム」の正体!(ジャーナリスト・横田一) 2018.3.4

記事公開日:2018.3.4 テキスト

 2018年2月4日の名護市長選で稲嶺進氏に競り勝った渡久知武豊(とぐちたけとよ)新市長が、定例会見を廃止する方針を決めた。今後は必要に応じて随時、記者団に答える形を取るというが、情報公開に後ろ向きな姿勢ははっきりと打ち出された。


3月4日さんしんの日 辺野古ゲート前集会 2018.3.4

記事公開日:2018.3.4取材地: 動画

 さんしん(三線)の日の2018年3月4日(日)、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプシュワブ・ゲート前では、12時より新基地建設に抗議する人々の前で三線の演奏と琉舞が披露された。