「ボクらのチカラをひとつに@参議院2019(仮称)」参加呼びかけ記者会見 2018.5.9

記事公開日:2018.5.10取材地: 動画

 2018年5月9日(水)11時より岡山県岡山市の岡山市国際交流センターにて、「ボクらのチカラをひとつに@参議院2019(仮称)」参加呼びかけ記者会見が行なわれた。


3.11への祈り おかやま ―追悼と脱原発のつどい― 講演会・追悼会 2018.3.10

記事公開日:2018.3.10取材地: 動画

 2018年3月10日(土)13時より、岡山市北区の岡山バプテスト教会で「3.11への祈り おかやま ―追悼と脱原発のつどい―」の講演会・追悼会が開かれた。講演会では「岡山のエネルギーを語ろう」と題し自然エネルギーに取り組む3人が講演を行った。


「前川喜平さん・寺脇研さんズバリ加計問題を斬る」講演会と記者会見 2018.1.8

記事公開日:2018.1.9取材地: 動画

 2018年1月8日(月) 12時45分より、岡山県岡山市の岡山国際交流センターにて、加計学園問題を考える会の主催による「前川喜平さん・寺脇研さんズバリ加計問題を斬る」と題する講演会と記者会見が行われた。


岡山弁護士会シリーズ憲法講演会No.16 安倍改憲案を検証する〜自衛隊を明記する憲法9条改憲の危険性〜 2017.12.9

記事公開日:2017.12.9取材地: 動画

 2017年12月9日(土)13時半より、岡山弁護士会主催により岡山弁護士会館(岡山市北区)で開かれたシリーズ憲法講演会No.16「安倍改憲案を検証する」で、一橋大学名誉教授・山内敏弘氏が「自衛隊を明記する憲法9条改憲の危険性」と題し講演を行った。


人権と文化のつどい「前川さん 大いに語る in 岡山」 〜夜間中学・義務教育・新設学部問題〜 2017.11.12

記事公開日:2017.11.15取材地: 動画

 2017年11月12日(日)13時半より岡山県岡山市の岡山コンベンションセンター(ママカリフォーラム)にて、人権と文化のつどい「前川さん 大いに語る in 岡山」 が開催され、「夜間中学・義務教育・新設学部問題」について前川氏が講演した。


加計学園問題について日本共産党 岡山県議会 森脇久紀議員へのインタビュー 2017.9.11

記事公開日:2017.11.3取材地: 動画独自

 2017年9月11日(月)15時半過ぎより岡山市北区の岡山県議会にて、IWJ記者が、加計学園問題について日本共産党 岡山県議会 森脇久紀議員へインタビューを行った。


どうする原発のゴミ 全国交流会(岡山市)―高レベル放射性廃棄物の最終処分―(1日目) 2017.6.3

記事公開日:2017.8.2取材地: 動画

 2017年6月3日(土)13時30分より岡山市北区の労働福祉事業会館にて、どうする原発のゴミ 全国交流会(岡山市)―高レベル放射性廃棄物の最終処分―(1日目)が開催された。


安倍改憲を許さない!!「アホノミクスの正体を暴く」浜矩子さん講演会 2017.7.15

記事公開日:2017.7.15取材地: 動画

 2017年7月15日(土)14時より、岡山市北区のピュアリティまきびでエコノミスト・浜矩子氏の講演会「アホノミクスの正体を暴く」が開かれた。岡山県下49の「9条の会」からなる実行委員会が主催した。


「放射能汚染防止法」を制定しよう HKB47市民勉強会 IN 岡山2017 ―講師 大沼淳一氏(原子力市民委員会)ほか 2017.6.25

記事公開日:2017.6.25取材地: 動画

 2017年6月25日(日)14時より、岡山コンベンションセンター(岡山市北区)で「放射能汚染防止法」を制定する岡山の会主催による「『放射能汚染防止法』を制定しよう HKB47市民勉強会 IN 岡山2017」が開かれた。原子力市民委員会委員・大沼淳一氏が「ばら撒かれる放射能の実態と危険性」と題し講演したほか、放射性物質を公害として捉えた法の制定をめざして報告・パネルディスカッションが行われた。


「“共謀罪”強行を許さない!!」緊急 野党合同街宣(岡山市) 2017.6.16

記事公開日:2017.6.16取材地: 動画

 国会での「共謀罪」法の採決強行・可決成立を受け、2017年6月16日(金)18時より、岡山市北区の岡山駅東口で民進党、日本共産党、社会民主党、自由党、新社会党、みどり岡山合同での「“共謀罪”強行を許さない!!」野党合同街宣が行われた。


岡山弁護士会主催 共謀罪法案反対!1000人集会とパレード 2017.6.10

記事公開日:2017.6.10取材地: 動画

 2017年6月10日(土)14時より、岡山弁護士会が主催する「共謀罪法案反対!1000人集会とパレード」が岡山市で行われた。石山公園(岡山市北区)での集会ののち、600人(主催者発表)の参加者が「共謀罪」法案反対を訴え岡山駅前までパレードした。


広瀬隆氏講演会「福島のいまと岡山のこれから」(瀬戸内市) 2017.5.14

記事公開日:2017.5.14取材地: 動画

 2017年5月14日(日)13時より、岡山県瀬戸内市長船町の瀬戸内市保健福祉センターゆめトピア長船において作家・広瀬隆氏の講演会「福島のいまと岡山のこれから」が開かれた。瀬戸内市で福島の子どもたちの保養活動などを行っている「せとうち交流プロジェクト」の主催。


おかやま人権研究センター 第16回現代人権研究会「アンベードカル博士と佐々井秀嶺上人 ~不可触民解放からインド仏教復興運動へ」―講師 一心念誦堂住職・佐伯隆快氏 2017.2.26

記事公開日:2017.4.4取材地: 動画

 2017年2月26日(日)13時半より、岡山県民主会館(岡山市北区)でおかやま人権研究センターによる第16回現代人権研究会「アンベードカル博士と佐々井秀嶺上人~不可触民解放からインド仏教復興運動へ」が開かれた。インドの政治家ビームラーオ・アンベードカルとインドに帰化した僧・佐々井秀嶺氏の不可触民解放運動と仏教復興運動について一心念誦堂(倉敷市)住職・佐伯隆快氏が講演した。


「森友学園」はほんの序章!? 安倍総理の「腹心の友」運営の「加計学園」グループに公有地や建物費用など66億円相当が無償譲渡!? IWJは愛媛・兵庫・岡山を現地取材! 2017.4.4

記事公開日:2017.4.4 テキスト

 今年2月初旬に発覚した「森友学園」問題は、安倍政権による政治の私物化を可視化する、ほんの序章にしかすぎなかった。

 国有地が8億円も値引きされ、タダ同然で払い下げられた問題で、安倍総理や総理夫人の関与が次々と疑われたことから、3月23日、ついに「森友学園」籠池泰典理事長の証人喚問が衆参両院で行われる展開を見せた。


3.11への祈り ―追悼と脱原発のつどい―(岡山市) 2017.3.12

記事公開日:2017.3.12取材地: 動画

 2017年3月12日(日)、岡山市北区の石山公園と岡山バプテスト教会で2部に分かれて「3.11への祈り―追悼と脱原発のつどい―」が開かれた。第2部では元経済産業省官僚で「フォーラム4」提唱者の古賀茂明氏が「日本再生のために」と題し講演を行った。


映画「太陽の蓋」岡山上映会後のアフタートーク ― 登壇者 橘民義氏(太陽の蓋制作、元岡山県議会議員)、高井崇志氏(衆議院議員)、大塚愛氏(子ども未来・愛ネットワーク代表、岡山県議会議員補選予定候補) 2016.10.10

記事公開日:2016.10.10取材地: 動画

 2016年10月10日(月)、岡山県の岡山県立図書館にて、映画「太陽の蓋」が上映され、太陽の蓋制作者で元岡山県議会議員の橘民義氏、民進党の高井崇志議員、子ども未来・愛ネットワーク代表で岡山県議会議員補選予定候補者の大塚愛氏が、上映後、アフタートークを行った。


津田敏秀・岡山大学教授 講演会「福島県甲状腺がん多発問題と100ミリシーベルト閾値論の誤り」 2016.10.1

記事公開日:2016.10.2取材地: 動画

 2016年10月1日(土)13時半より、岡山市北区にあるオルガホールにおいて岡山弁護士会主催の講演会「福島県甲状腺がん多発問題と100ミリシーベルト閾値(しきいち)論の誤り」が開かれ、疫学が専門の津田敏秀・岡山大学大学院環境生命科学研究科教授が講演を行った。


岡山県議会補欠選挙 大塚愛氏 立候補表明記者会見 2016.7.13

記事公開日:2016.7.13取材地: 動画

  2016年7月13日(水)、岡山市北区・加賀郡選挙区の岡山県議会補欠選挙(10月14日告示、23日投開票)に立候補する市民団体代表の大塚愛氏による表明記者会見が開かれた。


参院選 岡山選挙区 民進党 黒石健太郎候補 個人演説会(倉敷市児島) ―応援 山尾志桜里・政調会長 2016.7.3

記事公開日:2016.7.5取材地: 動画

 2016年7月3日(日)、岡山県倉敷市の児島市民交流センターにて、参院選岡山選挙区で民進党から立候補した黒石健太郎氏の個人演説会が行われた。


おかやまいっぽん ボクらのチカラをひとつに。集会・街宣 2016.6.18

記事公開日:2016.6.19取材地: 動画

 2016年6月18日(土)14時半より、岡山市立市民文化ホール(岡山市中区)で「おかやまいっぽん」による集会「ボクらのチカラをひとつに。」が開かれた。参院選岡山選挙区野党統一予定候補の黒石健太郎氏、市民連合呼びかけ人の山口二郎・法政大学教授らがトークを行った。登壇者らは集会後17時から岡山駅前へと移動し街頭演説を行った。