沖縄から「ゆいまーる」は消えるのか 差別・アイデンティティ・独立をめぐって~岩上安身による仲村清司氏インタビュー 2013.9.2

記事公開日:2013.10.3取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・平山茂樹)

 沖縄に根付いた相互扶助の精神を「ゆいまーる精神」と呼ぶ。「ゆい」とは、共同作業を表す「結」のこと。「まーる」とは「回る」のなまりで順番を表す。例えば、サトウキビを刈るとき、近隣住民や血縁者で「ゆいまーる」を組織し、金銭面・労働面での負担を均等に分担しながら作業を行う。しかし、社会の変化にともない、この「ゆいまーる」が沖縄からなくなりつつある。

 作家で沖縄大学非常勤講師の仲村清司氏は、この「ゆいまーる」が、組織としてはもちろん、沖縄県民のメンタリティにおいても失われつつあると指摘する。

 「本土復帰前は、沖縄の人たちは『何が大切か』ということを考えていました。しかし、復帰後は『何が損で何が得か』ということを考えるようになりました。そして、 沖縄の相互扶助『ゆいまーる精神』はばらばらになってしまいました」。

 今、沖縄で何が起こっているのか。沖縄県民は何を感じているのか。TPPからオスプレイの配備、尖閣、「沖縄独立論」、さらには精神世界にいたるまで、沖縄の現在を岩上安身が聞いた。

■イントロ

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

関連記事


「沖縄から「ゆいまーる」は消えるのか 差別・アイデンティティ・独立をめぐって~岩上安身による仲村清司氏インタビュー」への4件のフィードバック

  1. @yagiutinaさん(ツイッターのご意見より) より:

    仲村氏経歴:此花区(大阪大正区の傍、沖縄、在日の方が多く住む)出身。京都で学生運動。オモロ

  2. @yagiutinaさん(ツイッターのご意見より) より:

    祖父母とも沖縄人。大正時代職(食)を求め、関東大震災に遭い大阪へ移る。お母さんはひめゆり部隊結成の第一高女出身!

  3. @yagiutinaさん(ツイッターのご意見より) より:

    戦後沖縄→大阪移住の話、初聞。
    第一高等女学校~お母さんの1年上は学徒隊にとられた。入学すぐ沖縄戦が始まり家が焼かれた。

  4. @yagiutinaさん(ツイッターのご意見より) より:

    知らなかったよ。移住の苦労TT
    当時沖縄について知られておらず、差別があった。多くの人が沖縄人という事を隠していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です