未承認中国製の従来型新型コロナワクチンは欧米の遺伝子ワクチンより安全か!? 国内ですでに富裕層や政権ブレーンが接種済み!? WHO承認で各国の利用加速か!! 2021.1.21

記事公開日:2021.1.21 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ編集部 文責・岩上安身)

 菅義偉総理は、新型コロナのワクチン接種開始時期を2021年2月末目途としたが、実はすでに2020年から、富裕層が日本国内未承認の中国製ワクチンを接種している実態を毎日新聞が報じた。

 接種者には大企業トップや菅総理のブレーンが含まれるとされる。「未承認」のリスクがあるとはいえ、「上級国民」だけが抜け駆け的にワクチンの「恩恵」にあずかっているともいえる。

 中国製ワクチン接種の動きは中国共産党幹部の肝いりで、日本での支持を広めるために進められ、自民党厚労族議員など永田町にも広げる意向があるとされる。

 中国政府はインドネシアやブラジルなど海外で自国製ワクチンの利用を広げる「ワクチン外交」を展開中だ。1月になってWHOが中国製ワクチンの緊急使用承認の審査を行うと発表しており、利用加速が見込まれる。

▲日本の富裕層が同社製ワクチンを接種しているという中国医薬集団(シノファーム)のホームページ

記事目次

  • IT企業社長夫妻が中国人男性から国内未承認ワクチンを1万円で購入し、その場で接種!
  • 接種者は日本を代表する大企業15社トップと家族、菅総理のブレーン!! 自民党厚労族議員も対象に!
  • 未承認ワクチンと未知のワクチンの「究極の選択」!? 「上級国民」は抜け駆け的にワクチンの「恩恵」に!?
  • 中国の「ワクチン外交」に、ブラジルは中国製を「世界で最も安全」と評価! WHOの緊急使用承認審査で利用加速か!!

※本記事は「note」でも御覧いただけます。単品購入も可能です。
https://note.com/iwjnote/n/n341e4697461d

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です