レバノン首都ベイルートの大規模爆発で注目される中東情勢!相次ぐ火災や爆発の正体は!? 岩上安身によるインタビュー 第1011回 ゲスト 放送大学名誉教授・高橋和夫氏 2020.9.11

記事公開日:2020.9.14取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 中東|特集 中東有志連合構想|特集 集団的自衛権~自衛隊が米軍の「下請け」になる日

※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます。一般会員の方は、記事公開後2ヶ月間以内に限り御覧いただけます。→ご登録はこちらから

 「9.11」から19年となった2020年9月11日、直近の中東で起こった大事件とその背景に焦点を当て、「レバノン首都ベイルートの大規模爆発で注目される中東情勢!相次ぐ火災や爆発の正体は!?」と題して、岩上安身が放送大学名誉教授の高橋和夫氏にインタビューを行なった。

 話題は、今年1月からの中東危機を振り返るとともに、デフォルト(債務不履行)に陥ったレバノンの経済状況や、イスラム教シーア派の武装勢力であるヒズボラが力を握るレバノンの政治状況などについて触れた。

 また、かつてクウェートに留学し、中東各地を熟知する高橋氏が、「中東のスイス」と言われたレバノンの位置づけや内戦に至る前までの首都ベイルートの美しさ、文化水準の高さを回顧しながら、デフォルトに至った現在の無残な状況までの歴史を簡潔に、わかりやすく説明。

 イラン、シリアなど、イスラエルに対峙し、パレスチナを支える国々で、謎の火災や爆発が相次いでおり、米国やイスラエルの関与が疑われている件について、高橋氏が見解を述べた。

■ハイライト

  • タイトル 岩上安身による放送大学名誉教授・高橋和夫氏インタビュー
  • 日時 2020年9月11日(金)20:00〜
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です