【特別寄稿】英エセックス大人権センター・フェロー藤田早苗氏のイギリス・ロックダウンレポート(その2-1)〜ちょっとだけ緩和されたロックダウン:原発工事再開編 2020.6.13

記事公開日:2020.6.13取材地: | テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(藤田早苗)

 世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス。英国では6月5日、死者が欧州で初めて4万人を超えた。

 しかしボリス・ジョンソン英首相は4月30日、感染拡大はピークを超えたと宣言し、5月10日、ロックダウンを緩和し、経済を再開させる計画を発表した。

▲Thank you NHS(藤田早苗氏提供)

 一方、ロンドン近郊では中国資本の原発建設計画が進行中。建設工事はロックダウンで中断していたが、予定されていたコンサルテーション(協議)も行わないまま、工事を再開しようとしている。

 前回、ロックダウン中の英国からレポートを寄稿していただいた、エセックス大学人権センター・フェローの藤田早苗氏から、第2弾となるレポートが届いた。長文の寄稿なので、本日から5回に分けて、ロックダウンの緩和を迎えた英国の現状を連日お伝えする。

(前文・IWJ編集部)

時間を決めて人に会える

 5月10日(日)の夜7時に首相のアナウンスがあった。ロックダウンの一部緩和についてだ。

 在宅ワークができない工場や建設現場などは、仕事を再開してよい。できるだけ徒歩や自転車で通勤して、公共交通機関は避けながら。そして水曜日からは、一般人も運動には制限がなくなる。運動での外出は「1日1回1種類」でなくてよくなるというのだ。

 そして同じ家に住む人に加えて、ほかの家の人とも、待ち合わせて二人までなら外で会うのはOKだということだ。家の中に入ってはいけないが、外で誰か一人に会うことは許される。これはうれしかった。

 さっそく大学の同僚と連絡をとり、散歩をしながら話すことにした。彼女は私の住む街のエリアから大学を経た向こう側の小さな村に住んでいる。

 時間を決めて人と会うなんて何週間ぶりだろうか、そして、なんて新鮮なんだろうか。

 自転車で30分ほどの川沿いの気持ちのよい道を走りながら、そう考えた。ロックダウン前は当たり前だったこんな小さなことも、奪われてみて初めていかに貴重だったかわかる。自由とか人権というのは失ってはじめてその大切さがわかる、とよく言われるがその意味を実感する。

 5月中旬とはいえ、その日は気温はまだ12度くらい。暖かめの服を着てフットパスを歩いた。イギリスは国中にこのパブリック・フットパスがある。自転車と歩行者だけの道が張り巡らされている。歩きながら話したが、人とすれ違うときはソーシャルディスタンスを守るために、どちらかが道のわきによって待つ必要がある。みんなそれをわきまえている。

 カナダ出身のその同僚は、長年国連や国際人権NGOで人権の現場で働いて、2年前に大学の教員としてエセックス大学に赴任した。「ロックダウンはかなり精神的にこたえた」と彼女も言っていた。

 毎日ZOOMのミーティングはあるが、それも連日で頭痛がするとか。だから、お互い人と直接会って話すのは本当に新鮮だった。緩和の前の7週間、唯一可能だった「道でばったり会って」数分立ち話するのとは違う。

 コロナのパンデミックにより、世界各国で様々な人権に関する問題が露わになっている。そこで、早速エセックス大学のヒューマンライツ・センターはリサーチチームを立ち上げて、出版物を作ることにした。彼女がその編集をする。難民、少数者、DV、健康への権利、政府の権限行使、様々なテーマや地域。だが、アジアからの寄稿者がいないということだ。そこで私も日本の問題について1章担当することになった。

コロナのどさくさに紛れて中国の原発

 5月11日から在宅ワークのできない建設工事や工場の仕事は再開された。そこで福島からイギリス北部に家族で避難している知人から、とんでもない記事が送られてきた。

 ロンドンからたったの60キロ、そしてエセックス大学から20キロのところに、中国資本の原発建設計画が進んでいる。それもこのコロナのどさくさに紛れて、予定されていたコンサルテーションの3分の2をサラッとキャンセルし、建設工事を進めているというのだ。ロックダウンで停止していた工事も、5月11日から再開。地元で反対する団体は、ロックダウンが終わって人々がきちんと意見を言えるようになるまで待て、と抗議している。そういう内容の、ごく周辺の地方紙の記事だ。今、主要なメディアはどこもまだコロナ一色だ。なのに「コロナのどさくさに紛れて」というのが何とも姑息な話だ。

 そして、もともとのコンサルテーションも周辺の小さな村で建設工事に直接影響する(そして多分仕事がほしい)人たちが主にターゲットで、他の大きな町には情報が行っていない。

 福島事故の時、在日英国大使館は原発から80㎞以内の英国市民に退去を命じていた。しかし、イギリス国内での原発に関しては、事故で影響を受けるであろう周辺の町は、コンサルテーションなどの対象になっていないということがわかった。これは明らかにダブル・スタンダードだ。

 メディアの取り上げ方もおかしい。原発立地周辺の街と村のローカル新聞だけが取り上げて、全国メディアは取り上げず、原発立地以外の地域の人は全く知らない。私もつい最近まで知らなかったし、周りの人も誰も知らない。企業や国側は「オンラインで情報提供してコンサルテーションもしている」という言い訳をしている。これは、ネットにアクセスできない人のことなどを考えていないし、そもそもその計画を知らなければアクセスもしない。

 しかも、このCGNという中国の会社は、アメリカのブラックリストになっている。透明性もアカウンタビリティーも相当怪しい。事故が起きても隠ぺいされる危険性も大きい。またこの原発はまだこの世に作られたことのない新型で、安全性も証明されていない。

 そもそもイギリスはメディアも国民も原発にはナイーブ(考えが甘い、馬鹿正直、うぶな、という意味)だ。

 「CO2削減には原発は必要」と環境活動家も主張し、政府も野党もそういう立場なのだ。イギリスの原発反対運動は主に60、70年代に活躍していた世代だけで続けている感じで、声が小さくて広がりがないということもわかった。

 放っておけない。とりあえず、情報収集してできる限り周知することから始めている。日本の人権問題への関与で疲弊しているのに、まさかイギリスの原発についても関わることになるとは。せっかくロックダウンにも慣れて調子が戻ってきたのに、またストレスレベルが上がってしまった。

 とにかくアクターを増やす必要がある。5月27日にZOOMで「イギリスの原発問題」という企画を日本語で行った。直前の呼びかけにも関わらず、イギリスだけでなく、フランス、ドイツ、スイス、ベルギーからも合計35人が参加してくれた。それぞれの国で反原発運動を続けている在外邦人だ。こういうつながりは貴重だ。この企画で次のステップが見えた。3週間ほどかなり根を詰めて取り組んだため、ストレスで体調もすぐれずにいたが、その日は久しぶりによく眠れた。

 原発はもう一つ、80キロ離れたところにも計画があり、そちらは5月27日に建設許可がおりたのだそうだ。反対集会もできないロックダウンのさなかに進めたことで、地元は怒っている。当然だ。こんなやり方はコロナ危機の悪用以外の何物でもない。そんなことが民主国家で許されるのか、と怒りを覚えた。

 結局この問題にも関わることになり、することがまた増えてしまった。車の整備士をしているという近所の若者が「ロックダウンで仕事に行けず退屈している。Netflixで見られる映画も全部見た」なんて言っていたが、「その時間をちょっとこちらに分けてくれ」と言いたくなる。「退屈」なんてまったく縁のない日々だ。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です