弁護士224人の呼びかけで1週間に渡り「検察庁法改正案廃案アピールラリー」が開催! IWJ読者のみなさまも是非ご参加を! 2020.6.9

記事公開日:2020.6.10取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年6月9日、「法の支配の危機を憂う弁護士の会」(検察庁法改正に反対する弁護士有志の会)の事務局長である島田広弁護士を中心に、検察庁法改正案の分離廃案又は特例措置の削除を求める声明を公表し、今後1週間声をあげ続けることを宣言することに関して、記者会見が行われた。

 224人の弁護士が呼び掛け人として「検察庁法改正案廃案アピールラリー」と銘打ち、再び声をあげる動きが呼びかけられている。衆議院内閣委員会が「継続審議」の議決をするかどうかが決まる直前の、6月9日から6月15日の約1週間にわたり開催される。市民への積極的な参加を呼びかけられる。

■ハイライト

  • 日時 2020年6月9日(火)16:00~
  • 場所 Zoomによるオンライン会見
  • 詳細 検察庁法改正案廃案アピールラリー 内容・告知 
  • 主催 法の支配の危機を憂う弁護士の会(検察庁法改正に反対する弁護士有志の会)

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です