コンビニ、外国人労働者は現代の「蟹工船」! 役所、公立学校は「公営ブラック企業」! 岩上安身によるインタビュー 第981回 ゲスト 『人間使い捨て国家』著者 明石順平弁護士 中編 2020.1.31

記事公開日:2020.2.4取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年1月31日(金)17時30分より東京都港区のIWJ事務所にて、『人間使い捨て国家』著者の明石順平弁護士に岩上安身がインタビューを行った。残業代があらかじめ給与に組み込まれている「固定残業代」、名ばかりの個人事業主といえるコンビニオーナー、現代の奴隷労働である外国人労働者、「公営ブラック企業」ともいえる公務員や公立学校の職員について、実際の裁判事例などもあげながら、明石弁護士が労働問題について解説した。

■ハイライト

  • タイトル コンビニ、外国人労働者は現代の「蟹工船」! 役所、公立学校は「公営ブラック企業」! 岩上安身による 『人間使い捨て国家』著者 明石順平弁護士インタビュー(続編)
  • 日時 2020年1月31日(金)17:30〜
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です