「安倍総理がトランプ・米大統領の親書をイランに持って行って突き返された」という一部報道を外務省が完全否定するも、防衛省はホルムズ海峡への自衛隊派遣の法的根拠は明言せず ~ホルムズ海峡有志連合問題 野党合同ヒアリング ―外務省、防衛省、内閣官房、経済産業省よりヒアリング 2019.8.2

記事公開日:2019.8.2取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年8月2日(金)13時より東京都千代田区の衆議院本館にて、ホルムズ海峡有志連合問題 野党合同ヒアリングが開かれ、外務省、防衛省、内閣官房、経済産業省の各省庁担当者が回答した。

■ハイライト

  • タイトル ホルムズ海峡有志連合問題 野党合同ヒアリング ―外務省、防衛省、内閣官房、経済産業省よりヒアリング
  • 日時 2019年8月2日(金)13:00〜
  • 場所 衆議院本館(東京都千代田区

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です