政治資金問題から見える「維新の正体」その45(丸山穂高議員の「文書通信交通滞在費」の27カ月間約2017万円「ちょろまかし疑惑」)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.13

記事公開日:2019.7.13 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文・上脇博之)

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年5月24日16:11 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)衆参の国会議員には、国庫から「文書通信交通滞在費」が毎月支出されている。
月額100万円で、年間1200万円になる。

「文書通信交通滞在費」の原資は税金なのに、
その使途を各議員に報告させることは制度化されていない。

もっとも、
「日本維新の会」は、その所属議員全員の「文書通信交通滞在費」の使途について
2015年10月分からインターネット上で自主公表している(https://o-ishin.jp/news/bunsho/)。
この自主公表は「知る権利」を保障することになるので評価できるが、
その使途内容をチェックすると違法問題が発見される。

(2)ここでは、丸山穂高衆議院議員のそれを取り上げる。

なお、
丸山穂高議員は、北方領土に関し「戦争で取り戻す」発言をし、
この発言につき、日本維新の会の松井一郎代表は、
「まあそりゃ言論の自由なんで、どういう場所でどう発言するかはね 個人の色んな表現の仕方があるかもしれない」などと述べ(https://johosokuhou.com/2019/05/14/14633/
暴言をまるで軽い扱いにできるかのように発言して擁護していた。
旗色が悪くなると、
議員辞職させないまま除名処分にし、丸山穂高議員を逃亡させた。
したがって、
丸山穂高議員は、現在では「日本維新の会」の党員ではないが、
以下で紹介する内容は、「日本維新の会」所属中のものである。

(3)「日刊ゲンダイ」は
「『戦争で』暴言の丸山議員に国費2000万円ちょろまかし疑惑」(2019/05/16 15:00)
を報道した(https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/253972/2)。
その要点を箇条書きで記載すると以下のとおりである。

①丸山穂高議員は2015年10月から毎月74万~90万円の幅の「文書通信交通滞在費」
を「資金管理団体の繰入(寄付)」として計上し支出している。
②その主な内訳は「事務所賃料」「駐車場代・複合機リース費・等」と記載している。
③丸山穂高議員の資金管理団体「穂高会」の政治資金収支報告書のうち、
現在閲覧可能な2015~2017年分には、
月々5万円の「事務所賃料」と月々1万6000円の「駐車場代」が記載されているが、
「複合機リース費」名目の支出は一切、記載されていない。
④当該各政治資金報告書に記載されている
月々5万円の「事務所賃料」と月々1万6000円の「駐車場代」を差し引くと、
2015年10月~2017年12月の27カ月間で
総額2016万9676円の税金の使途が「宙に浮いている」。

(4)この報道によると、
丸山穂高議員が2015年10月~2017年12月まで(27カ月間)に、
「文書通信交通滞在費」から資金管理団体「穂高会」に
月々5万円の「事務所賃料」と月々1万6000円の「駐車場代」を含む
「繰入(寄附)」をしている金額の合計額は2195万1676円になる。

「複合機リース費」2016万9676円
「事務所賃料」135万円
「駐車場代」43万2000円
合計   2195万1676円

そのうちの「複合機リース費」2016万9676円が
資金管理団体では実際に支出がないのに、
「文書通信交通滞在費」の使途の自主報告では「資金管理団体で支出した」旨、
虚偽の記載をし
資金管理団体に寄付していたのである。

「日刊ゲンダイ」は、これを「ちょろまかし疑惑」と表現したのである。

以上における問題点は一つではない。その解説は次の投稿で行う。

(5)なお、上記報道に関係する、
丸山穂高議員の「文書通信交通滞在費」の使途は以下で確認できる。

2015年10月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2015/10/201510_maruyamahodaka.pdf
2015年11月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2015/11/201511_maruyamahodaka.pdf
2015年12月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2015/12/201512_maruyamahodaka.pdf
2016年1月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2016/01/201601_maruyamahodaka.pdf
2016年2月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2016/02/201602_maruyamahodaka.pdf
2016年3月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2016/03/201603_maruyamahodaka.pdf
2016年4月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2016/04/201604_maruyamahodaka.pdf
2016年5月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2016/05/201605_maruyamahodaka.pdf
2016年6月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2016/06/201606_maruyamahodaka.pdf
2016年7月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2016/07/201607_maruyamahodaka.pdf
2016年8月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2016/08/201608_maruyamahodaka.pdf
2016年9月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2016/09/201609_maruyamahodaka.pdf
2016年10月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2016/10/201610_maruyamahodaka.pdf
2016年11月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2016/11/201611_maruyamahodaka.pdf
2016年12月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2016/12/201612_maruyamahodaka.pdf
2017年1月分(https://o-ishin.jp/bunsho/pdf/2017/01/201701_maruyamahodaka2.pdf
2017年2月分(https://o-ishin.jp/news/bunsho/2017/images/b38d02e3eaa6e2bd1f470fbf6be057a77f2a7d2c.pdf
2017年3月分(https://o-ishin.jp/news/bunsho/2017/images/1d0f2f8628483dfbaca84746b940c2789da419a2.pdf
2017年4月分(https://o-ishin.jp/news/bunsho/2017/images/72cf4356d06929d964d411f3daad0837332f34c1.pdf
2017年5月分(https://o-ishin.jp/news/bunsho/2017/images/a8feee697b01389729408298116755fb713a4ae6.pdf
2017年6月分(https://o-ishin.jp/news/bunsho/2017/images/4519f6fc34e3f0e81f8b2dc53ec58a9b4fae3733.pdf
2017年7月分(https://o-ishin.jp/news/bunsho/2018/images/d50574197cecdcfbf625dafc44d2ba95381b9f9b.pdf
2017年8月分(https://o-ishin.jp/news/bunsho/2018/images/da4f63c82a86fbd817873f0995f1194e46a4f168.pdf
2017年9月分(https://o-ishin.jp/news/bunsho/2018/images/da4f63c82a86fbd817873f0995f1194e46a4f168.pdf
2017年10月分(https://o-ishin.jp/news/bunsho/2018/images/52564da7f66b6a62e55a32ed59759ac910e54ff6.pdf
2017年11月分(https://o-ishin.jp/news/bunsho/2018/images/0946414939ded970703e06d4a61302f8a6faccd3.pdf
2017年12月分(https://o-ishin.jp/news/bunsho/2018/images/aef7b0143c1f33ff8eb730026994bf191873734d.pdf

また、
資金管理団体「穂高会」の政治資金収支報告書は以下である。

2015年分(http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/11318/00228557/27hk0059.pdf
2016年分(http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/11318/00260092/28hk0059.pdf
2017年分(http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/11318/00307373/29hk0059.pdf

(つづく)

——ブログへのリンク——

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です