【特別寄稿】大阪スワップ(入れ替え)選挙へ!大阪都構想法定協議会において維新と公明の交渉は決裂! 公明は維新と戦う腹を固めた!? 2019.3.7

記事公開日:2019.3.8 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:フリージャーナリスト横田一)

 大阪府知事・市長の「スワップ(入れ替え)選挙」が確定的になった。

 2019年3月7日の大阪都構想法定協議会において、地域政党・大阪維新の会と公明党との交渉が決裂した。これにより、松井一郎・大阪府知事(維新代表)と吉村洋文・大阪市長(維新政調会長)がともに辞職し、府知事と市長を入れ替わって立候補する方針を固めた。

 8日夕方、松井知事と吉村市長がそろって出馬会見に臨むと見られる。

▲松井一郎・大阪府知事(横田氏提供)

記事目次

公明党大阪府本部と創価学会が決裂容認を確認――公明党の内情

 地元記者は、一連の経過をこう話す。

 「1月中旬に原田稔・創価学会会長と佐藤浩副会長と谷川佳樹主任副会長の三人が大阪入りし、会合を持って大阪都構想をめぐる対応について話し合いをしました。

 菅義偉官房長官と親密な佐藤氏は維新との対決、つまり法定協議会での決裂に否定的だったようですが、谷川氏は『決裂止むなし。維新と戦うべき』と主戦論を訴え、原田会長も同調したと聞いています。その後も水面下の折衝が続いたようですが、3月1日に公明党府本部と創価学会の幹部が大阪で会合を開き、決裂容認の方針を確認した。このことを受けて各社が『知事、市長ダブル選挙の公算』『大阪 出直しクロス選』などと一斉に報じたのです。

 7日の法廷協議会で維新は『まとめた協定書を9月議会で議決、11月に住民投票』といったスケジュール案を出す予定ですが、公明党幹部は『応じない』と言っています。ただし2015年も土壇場で公明党が維新と妥協して住民投票が実現したので、『公明党の言うことは信用できない』という声もあり、最後の最後まで予断は許しません」

維新への協力は「改憲の見返り」

 松井知事が定期的に面談を重ねる菅官房長官と、公明党に影響力を持つとされる佐藤副会長の二人は、重要選挙に必ずと言っていいほど関わることで知られる。永田町ウォッチャーはこう話す。

 「これまで菅官房長官は公明党と維新の両方に寄り添いながら、飼い慣らしてきました。今回も土壇場で決裂回避となった場合、菅・佐藤コンビの暗躍の産物であるのは確実。菅官房長官が『維新に恩を売っておけば、安倍晋三総理の悲願の改憲で協力してもらえる』と見返りを期待しているのは間違いない」

 ただ先の地元記者は「4年前と今回は状況の違いもある」とも指摘する。

 「前回は橋下徹市長(当時)が『総選挙に鞍替えをして公明党現職の選挙区から出る』と啖呵を切っていましたが、今は政界引退中で衆院選の時期もはっきりしていないので、こうした恫喝が効きにくくなっている。その上、公明党府議や市議からは『いま維新と手打ちをしたら統一地方選が戦えない』と主戦論が出てきます。前回に比べて、佐藤副会長の意向が通りにくくなっている状況になっているのです」

白ける地元住民

 だが交渉は決裂し、4月7日投開票の大阪スワップ選挙(告示は府知事選は21日、市長選は24日)に突入する。単なるダブル選挙では今年11月が任期となり、「選挙ばかりで税金の無駄」という維新への批判が噴出しかねない。そこで府知事と市長が入れ替わることで任期4年にする奇策に打って出ようとしているのだ。

 しかし地元住民は白けているという。「なぜダブル選挙なのか」「大阪都構想はもう終わった話」といった疑問の声が少なくなく、「府民・市民の関心は低い」(地元記者)

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

「【特別寄稿】大阪スワップ(入れ替え)選挙へ!大阪都構想法定協議会において維新と公明の交渉は決裂! 公明は維新と戦う腹を固めた!?」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    市民は蚊帳の外に置かれたまま権力争いは泥沼化。

    これこそ「税金の無駄遣い」ではないか。

    【特別寄稿】大阪スワッピング(入れ替え)選挙へ!大阪都構想法定協議会において維新と公明の交渉は決裂! 公明は維新と戦う腹を固めた!? https://iwj.co.jp/wj/open/archives/444264 … @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1103797030785175552

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です