政治資金問題から見える「維新の正体」その44(丸山穂高議員の政党支部が大晦日400万円借入……赤字(裏金)支出隠蔽か!?)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.13

記事公開日:2019.7.13 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文・上脇博之)

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年5月14日13:41投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)「維新」の政治屋2人の各政党支部が赤字なのに支出をしていた、
つまり、裏金で支出していた可能性が高い、ということについては、
すでに紹介した。

その6(2015年吉村洋文衆院議員の政党支部の赤字支出の怪)
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51910540.html

その23(藤田文武氏の政党支部は吉村洋文氏の政党支部と同じ赤字)
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51911766.html

その30(藤田文武氏が「300円を記載し10万円を記載せず」の怪と赤字支出)
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51912028.html

(2)赤字支出していた、もう一人の政党支部を紹介しよう。

それは
2017年の丸山穂高・衆議院議員の政党支部で国会議員関係政治団体である
「日本維新の会衆議院大阪府第19選挙区支部」。

(3)「日本維新の会衆議院大阪府第19選挙区支部」の2017年分政治資金収支報告書(http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/11318/00306681/29PY0007.pdf)には、
「穂高会」から400万円を借入たことが記載されているが、
借入日は大晦日(2017年12月31日)である。

驚くべきなのは、
「翌年への繰越額」が25万円ない(24万7552円)のである。
大晦日に1万円を超える支出をした、という記載は1件もない。

大晦日の時点で400万円の借入をして、
やっと25万円弱の切越額になったということは、
400万円の借入がなければ375万円2448円近い赤字だったことになる。

(4)では、かりに1万円以下の「その他の支出」が
全て大晦日に支出していたと仮定した場合は、どうだろうか?

「日本維新の会衆議院大阪府第19選挙区支部」の同年の1万円以下の
「その他の支出」は、以下だけである
(国会議員関係政治団体の支出の明細記載基準は1万円超である)。

備品・消耗品費    105万1935円
事務所費        15万3996円
組織活動費・大会費    4万5500円
組織活動費・旅費交通費 46万3144円
宣伝事業費・印刷製本費  4万4238円
宣伝事業費・宣伝広報費    8100円
  計        176万6913円

1万円以下のこれら「その他の支出」を全て大晦日に支出することは通常あり得ないが、
かりにそうだと仮定して計算しても、198万5535円の赤字である。

明細が不明な「人件費」については、同年に計433・6万円を支出しているが、
この人件費を、全額であれ半額であれ、「大晦日に」支払うことなど通常あり得ない。
あえて「大晦日」に支払っていたと仮定しても、12月分36万円程度だろう。
それでも、やはり162万円の赤字である。

(5)このように高額な赤字での支出ができたのは、
裏金をもっていたいたからではなかろうか。

裏金の金額は、おそらく少なくとも
借入金と同じくらいの400万円程度だったのだろう。

(6)だから、
裏金を誤魔化すために400万円の借入をしたのだろう。
「穂高会」は丸山穂高議員の資金管理団体なので、
主たる事務所は、上記政党支部も資金管理団体も同じで、
代表はいずれも丸山穂高議員だ。
簡単に借入れをして隠蔽できると判断したのだろう。

しかし、頭隠して尻隠さず状態。

会計責任者・事務担当者は、政党支部と資金管理団体で異なるから、
主犯は丸山穂高議員本人かもしれない。
もちろん、
それぞれの会計責任者・事務担当者の共犯の可能性もあるし、
資金管理団体側には真相を伝えず、政党支部だけに判断で行われた可能性もある。

いずれにせよ、説明責任が果たされるべきだ!

(つづく)

——ブログへのリンク——

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です