政治資金問題から見える「維新の正体」その28(これまでのブログ投稿をまとめて表記)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.10

記事公開日:2019.7.10 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文・上脇博之)

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年4月21日09:33 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)政治資金問題から見える「維新の正体」について、
先月から、下記(4)のように27回もブログ投稿してきた。

途中パソコンが使用できず10日ほど投稿できなかったし、
新年度に入りさらに多忙になり、なかなか投稿できなくなったが、
それでも、「維新」の政治資金収支報告書を調べると、
簡単に不記載や虚偽記載が発見できた。
もっと時間があれば、もっと発見できるのではなかろうか。
それほど、「維新」の政治資金収支報告書の記載は酷い状態だ。
税金を受け取っている政党としては失格だ!
政治資金問題の第一党である安倍自民党の補完政党としては当然の杜撰な体質なのだろうが、
納税者をバカにしているとしか思えない。

(2)すでに、ブログ投稿した内容には、マスコミが報じたものがあるが、
統一地方選の最中なので、マスコミが報道していないものがほとんどである。
違法なものだけではなく、公約違反や「身を切る改革」の言行不一致のものについても
ブログでは指摘しているので、すべてをマスコミが報道するとは限らないが、
統一選挙後には、マスコミが報道するものがあるかもしれない。

(3)私の問題指摘を知った者の中には、慌てて政治資金収支報告書を訂正して、
政治資金規正法違反を「自白」し、いい加減な弁明を考えている者もいるかもしれない。
しかし、
政治資金については、そう簡単にミスは生じない。
会計帳簿や領収書、金融機関の口座記録もあるからだ。
例えば、ある高額な寄付を会計帳簿に記載し忘れたとしても、
その場合は、会計帳簿上の残金と実際の残金が一致しないので、
会計帳簿への不記載に気づき、会計帳簿を訂正するはずだからだ。
そうすれば、会計帳簿に基づき作成する政治資金収支報告書への不記載は生じない。

(4)「維新」の政治資金問題は調査すれば、まだまだ発見できるだろうが、
一つの区切りとして、以下では、これまでのブログ投稿をまとめて表記しておこう。

政治資金問題から見える「維新の正体」その27(梅村聡氏とその政治団体の寄附不記載疑惑の合計額は3046・6万円超

政治資金問題から見える「維新の正体」その26(2016年の「政策活動費」名目等の使途不明金は計7481・3万円。寄付不記載を合わせると収支計約9568万円)

政治資金問題から見える「維新の正体」その25(2016年参院選時の比例代表候補とその政治団体の収支計2086・6万円超不記載疑惑)

政治資金問題から見える「維新の正体」その24(椎木保氏の収支計1207万円超不記載疑惑)

政治資金問題から見える「維新の正体」その23(藤田文武氏の政党支部は吉村洋文氏の政党支部と同じ赤字)

政治資金問題から見える「維新の正体」その22(「馬場伸幸後援会」が「なんばグランド花月貸切観劇会」に500万円支出)

政治資金問題から見える「維新の正体」その21(吉村洋文氏の政治資金問題のまとめ表記)

政治資金問題から見える「維新の正体」その20(未紹介の寄付不記載事件・疑惑)

政治資金問題から見える「維新の正体」その19(「室井邦彦後援会」の「橋下徹講演会」の「講演料216万円」を支払った「新邦友会」)

政治資金問題から見える「維新の正体」その18(「日本維新の会国会議員団」の2017年使途不明金4244・5万円、収入の約31・5%)

政治資金問題から見える「維新の正体」その17(「大阪維新の会」の収益率80%の政治資金ーパーティーと企業のパー券購入実態)

政治資金問題から見える「維新の正体」その16(「吉村洋文後援会」の2016年収益率50%超の政治資金ーパーティーと企業のパー券購入実態)

政治資金問題から見える「維新の正体」その15(吉村洋文氏の姑息な「経常経費支出の明細記載」逃れ)

政治資金問題から見える「維新の正体」その14(「大阪府宅建政治連盟」「全日本不動産政治連盟大阪府本部」からの寄付収支130万円不記載疑惑と椎木事務所「領収書」問題)

治資金問題から見える「維新の正体」その13(2015年の1年で「収支計5354万円不記載」疑惑と、反故にされた約束「計9912万円超の国庫返納」)

政治資金問題から見える「維新の正体」その12(セコい堺市議「西田ひろのぶ後援会」収支不記載計86万円・・・43万円は裏金ガネかネコババか?)

政治資金問題から見える「維新の正体」その11(「大阪維新の会」等の「大阪府宅建政治連盟」購入政治資金パー券収支計332万円~388万円不記載疑惑)

政治資金問題から見える「維新の正体」その10(2015年「大阪維新の会住之江」と「大阪維新の会」の収支計800万円不記載疑惑)

政治資金問題から見える「維新の正体」その9(2015年「維新の党国会議員団」からの寄付金収支計800万円不記載疑惑)

政治資金問題から見える「維新の正体」その8(2015年「大阪維新の会」からの寄付金収支計1000万円不記載疑惑)

政治資金問題から見える「維新の正体」その7(2015年「維新の党本部」からの交付金の収支不記載2400万円疑惑)

政治資金問題から見える「維新の正体」その6(2015年吉村洋文衆院議員の政党支部の赤字支出の怪)

政治資金問題から見える「維新の正体」その5(2015年吉村洋文衆院議員の政党支部の受領交付金300万円の不記載事件)

政治資金問題から見える「維新の正体」その4(超破格の講演料支出で赤字・公選法違反)

政治資金問題から見える「維新の正体」その3(超破格の講演料2年間で計2592万円支出)

政治資金問題から見える「維新の正体」その2(「身を切る改革」の実態)

政治資金問題から見える「維新の正体」その1(2015年「大阪都構想」住民投票で政治資金4億~10億円投入か!?)

(つづく)

——ブログへのリンク——

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です