【IWJ記者による独自取材シリーズ 第2弾】1910年に朝鮮半島を併合した日本!朝鮮の独立と東洋の平和、帝国日本の改心を訴えた1919年の3・1独立宣言に対し、日本は流血の弾圧で応じた!〜高麗博物館企画展をIWJ小野坂元(はじめ)記者がレポート! 2019.2.23

記事公開日:2019.2.26取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年2月23日(土)、IWJの小野坂元(はじめ)記者が東京都新宿区の高麗博物館で2月6日(水)より開催している「高麗博物館 企画展『3・1独立運動100年を考える ―東アジアの平和と私たち―』」の会場を訪ね、企画展担当の大場小夜子氏に取材を行った。東アジアの平和について考えるこの企画展は、6月23日(日)まで開催される。

■ハイライト

  • タイトル IWJ小野坂元(はじめ)記者による「高麗博物館 企画展『3・1独立運動100年を考える ―東アジアの平和と私たち―』」取材 〜説明:大場小夜子氏(企画展担当メンバー)
  • 日時 2019年2月23日(土)17:00以降〜
  • 場所 高麗博物館(東京都新宿区
  • 詳細 高麗博物館 3・1独立運動100年~東アジアの平和と私たち~

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です