「天は人の下に人を造る」 元祖「ヘイトスピーカー」で元祖「新自由主義者」の福沢諭吉の実像に迫る ~岩上安身による帯広畜産大学教授・杉田聡氏インタビュー 2015.3.29

記事公開日:2015.3.30取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・平山茂樹)

特集 明治を疑う!朝鮮半島と日本
特集 IWJが追ったヘイトスピーチ問題

※2015年4月3日、テキストを追加しました。

 「天は人の上に人を造らず」――。福沢諭吉の『学問のすゝめ』に記されたこの一節は、「人間の平等を説いた」ものとして、あまりにも有名である。

 しかし、新刊『天は人の下に人を造る―「福沢諭吉神話」を超えて』(2014年12月、インパクト出版会)を発表した帯広畜産大学教授の杉田聡氏は、本書の中で、そのような平等主義者とは真逆の、差別主義者としての福沢諭吉像を提示している。

 杉田氏によれば、福沢が平等を説いたのは、あくまで中産階級に属する男性に限定してのことであって、農民や職工、さらに女性に対しては、徹底した差別主義者だったという。

 「福沢は、富豪のために、貧民を海外移住させて除外すべし、ということまで言っています。国家の安寧を維持するために、彼らを除外すべし、と」――。

 『天は人の下に人を造る』という書名にあるように、福沢が差別の対象とした階層は、国家が軍事力を増強するため、搾取の対象として、意図的に「人の下に」作られた人々だった。この点において、福沢は、現在の新自由主義者と通底した思想を持っていたと言える。

 福沢の思想の根幹とは何か。そして、それを可能とした、「明治の時代精神」とは何だったのか。岩上安身が杉田氏に話を聞いた。

記事目次

■イントロ

  • 杉田聡氏(帯広畜産大学教授)
  • 日時 2015年3月29日(日)10:00〜
  • 場所 IWJ事務所(東京・六本木)

差別主義者、福沢諭吉

岩上安身(以下、岩上)「本日は、『天は人の下に人を造る―「福沢諭吉神話」を超えて』の著者である帯広畜産大学教授の杉田聡氏にインタビューを行います。本来は、帯広でインタビューを行う予定でしたが、私が狭心症で救急搬送されましたので、本日、こちらでお話をうかがいます。

 なぜ、杉田先生や安川寿之輔先生のご本に注目するかというと、安倍総理が施政方針演説で『一身独立して一国独立する』という福沢諭吉の言葉を引用したからです。個人がとにかく頑張れ、と。国にとって都合が良い言い回しだな、と思いました」

杉田聡氏(以下、杉田・敬称略)「福沢は非常に多くの人を差別的に扱って、それを維持し、強化しようとしています。中産階級の男性以外の農民、職工、貧民たち、そして女性。福沢が言っているのは、『天は人の下に人を造る』ということであり、それを強化することでした」

岩上「まず、福沢は貧富の差を肯定し、貧しき者への蔑みの視線を持っていたということですが」 杉田「福沢は『富豪』という言葉をよく使います。富豪というのは旧武士層です。日本に『貧富不平均』が生じてくるのですが、文句を言うな、ということを言っています。

 『学問のすゝめ』では、基本的に広く学問の重要性を説いています。しかし、その中でも水呑み百姓や車引きのような人たちは、除外されているんですね。福沢は80年代くらいになると、さらに一歩踏み込んで、彼らに学問を与えてはいかん、と言い始めます。

 小作人と地主の関係に関しては、『極楽世界』という書き方をしています。しかし、横山源之助の『日本の下層社会』にも書かれているように、地主は小作人に対して圧倒的な搾取を行っていました。その小作人の窮状を、福沢は糊塗するような書き方をしています。

 福沢は地租のことをよく分かっていないながら、『地租は高くない』という主張をしています。地租が下がると、軍艦の増強費が下がりますね。福沢はそのことを恐れて、地租を下げることに反対します。

 福沢は、政府が考えた労働者保護立法に反対します。資本家と労働者の関係は、地主と小作人の関係と同様、『極楽世界』である、と。『同盟罷工決して許すべからず』と、ストライキにも反対します。労働者の賃金を上げるという話は一切しません」

新自由主義者としての福沢諭吉

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

「「天は人の下に人を造る」 元祖「ヘイトスピーカー」で元祖「新自由主義者」の福沢諭吉の実像に迫る ~岩上安身による帯広畜産大学教授・杉田聡氏インタビュー」への4件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    「天は人の下に人を造る」元祖「ヘイトスピーカー」で元祖「新自由主義者」の福沢諭吉の実像に迫る ~岩上安身による帯広畜産大学教授・杉田聡氏インタビュー http://iwj.co.jp/wj/open/archives/240836 … @iwakamiyasumi
    自国内で格差を作り差別を生み出した「知の巨人」の真実。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/591583358888476672

  2. ネトウヨって愚かだね より:

    時代が時代とは言え、福澤諭吉の「残念さ」はその著書を読めば明らかです。
    しょせん啓蒙期の思想家・教育者なので、現代の倫理観には合いませんね。

    1万円札から去っていただいたほうが日本のためですね。

  3. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    「天は人の下に人を造る」 元祖「ヘイトスピーカー」で元祖「新自由主義者」の福沢諭吉の実像に迫る ~岩上安身による帯広畜産大学教授・杉田聡氏インタビュー http://iwj.co.jp/wj/open/archives/240836 … @iwakamiyasumi
    この思想は日本会議、安倍政権へと脈々と続いている。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/845204126283681792

  4. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    岩上安身による帯広畜産大学教授・杉田聡氏インタビュー http://iwj.co.jp/wj/open/archives/240836 … @iwakamiyasumi
    現代に引き継がれるアジア蔑視と拝金主義を正すためにも、誤った福沢諭吉像を暴くことには大きな意味がある。彼らの言う「栄光の明治」は差別に溢れている。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/928408938344628224

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です