日本と韓国は子供の発達障害大国!? 日本でも尿検査を!世界はグリホサートの禁止に向かっている~12.14アメリカを変えたママが来る!「ゼンさんと考える日本の食」 2018.12.14

記事公開日:2019.1.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:八重樫拓也 文:花山格章)

 多国籍企業モンサントの遺伝子組み換え(GMO)作物の種子は、雑草を枯れさせる除草剤とセットで開発された。特定の除草剤への耐性を遺伝子操作で高め、除草剤をかけても遺伝子組み換え作物だけは枯れないようにして、農作業の効率化と収益増加を目指したのである。その除草剤「ラウンドアップ」には、グリホサートと呼ばれる成分が含まれている。

 2015年、WHO(世界保健機関)のIARC(国際がん研究機関)は、グリホサートの発がん性の可能性を指摘。2018年8月には、米カリフォルニア州サンフランシスコの陪審が、ラウンドアップが原因で悪性リンパ腫を発症したと訴えた男性の主張を認めて、モンサントに2億8900万ドル(約320億円)の損害賠償の支払いを命じている。

 さらに、2019年2月にはCNNが、ワシントン大学の研究チームによる「グリホサートにさらされると発がんリスクが41%増大する」という研究結果を報じている。

 米国では、食の安全を求める母親たちの市民団体、「マムズ・アクロス・アメリカ」が遺伝子組み換え食品やラウンドアップの禁止を訴える運動を展開し、規制を求める声が高まっている。しかし、日本政府はこうした流れに逆行して、 2017年にグリホサートの残留基準を大幅に緩和した。

 2018年12月14日、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、マムズ・アクロス・アメリカ創設者のゼン・ハニーカット氏を迎えて、「アメリカを変えたママが来る!『ゼンさんと考える日本の食』」と題する院内交流・学習会が、日本の食を変えたい実行委員会の主催で行われた。

▲マムズ・アクロス・アメリカ創設者・ゼン・ハニーカット氏

 ハニーカット氏は、日本がGMO作物やGMO食品を輸入して消費し続ける限り、生産地である米国での栽培は止まらず、ラウンドアップの消費量も増えるとし、「日本の役割は重要だ。日本が先頭に立ってグリホサートとヒ素の検査を実施することで、他国にも影響を広げていくことができる。『有機農業で栽培された穀物を買う国が、日本である』という未来を作ってください」と訴えた。

 サンフランシスコの「ラウンドアップ裁判」の結果については、「アメリカという一国のみならず、すべての命を持つ者にとっての大勝利。今回の裁判の成り行きを見て、モンサントばかりでなく化学物質を扱う企業は、こぞって危機感を募らせている。モンサントにとって危機的状況であり、株価が暴落している現実もある」と述べた。

 日本消費者連盟事務局長の纐纈(こうけつ)美千世氏は、日本での検査について、「小麦に対するグリホサート残留検査を市販品10検体に実施したところ、3つから数値が出た。私たちが普段買っているものにグリホサートが残っていることがはっきりした」と説明し、大豆についても、生産量の多い12道県の中にはグリホサートを散布しているところがあったと報告した。

記事目次

■ハイライト

  • 講演 ゼン・ハニーカット (Zen Honeycutt) 氏(マムズ・アクロス・アメリカ創設者)
  • タイトル アメリカを変えたママが来る!「ゼンさんと考える日本の食」
  • 日時 2018年12月14日(金)16:00〜18:00
  • 場所 衆議院第一議員会館(東京都千代田区
  • 主催 日本の食を変えたい実行委員会(詳細、Facebook)

GMO作物の除草剤としてだけではなく、さまざまな作物を収穫前に乾燥させる目的で噴霧されるグリホサート

 ハニーカット氏は、「初めてGMO作物を知った時、子どもを持つ母親として非常に不安になった。遺伝子の突然変異を起こす可能性があり、その成分は洗い流すことができないから。そこで、子どもを守るためにGMOを一切摂取しない方針を家庭内で徹底した。その結果、激しいアレルギー反応に苦しんでいた長男の症状は4ヵ月で劇的に改善した」と話す。

 グリホサートなどの化学物質が農業に使われている比率と、子どもたちのアレルギーや免疫不全、自閉症、発達遅延などには相関関係があるのではないか、とハニーカット氏は言う。マムズ・アクロス・アメリカを立ち上げ、自分の経験を子どもの病気で悩む母親たちと共有すると、「GMOをやめたら、子どもたちの健康状態が改善した」という声が多く集まるようになったという。

 「アメリカの子どもたちは2人に1人が慢性疾患を持っている。自閉症を持っている子どもの数は、現在36人に1人だ。残念ながら、日本でも同じことが起きている。2012年の数字で、自閉症や発達の遅れを持っている子どもの比率は、日本と韓国がもっとも大きくなっている。そもそも、グリホサートの耐性を組み込まれているGMO作物は80%もある。そして、通常の農家では、米、大豆、大麦、小麦、その他さまざまな穀類に、乾燥の目的でもグリホサートを収穫前に噴霧していることがわかった」と懸念を示した。

食物から摂取されたグリホサートが不妊や流産を引き起こす可能性も。母乳検査では10人中9人から陽性の結果が!

 なぜ、グリホサートを摂取してはいけないのか。

 ハニーカット氏は、グリホサートが生き物の内分泌系を阻害するリスクがあるとし、こう続けた。

 「米国環境保護庁(EPA)に提出された研究では、エビはグリホサートのレベルが5.2ppm以上で死ぬ。一方で、砂糖の原料となるてん菜のグリホサート許容量は25ppmだ。妊娠6週目の胎児の大きさはエビに相当する。妊娠中の女性は甘いものを欲することが多いが、(グリホサートが残留する食べ物は)胎児の環境に重大な影響を与えることが動物実験からわかる。不妊や流産を引き起こす可能性のあるものが、食物として摂取されているのだ。これは断じて許されない。もし、アメリカが日本に『これは安全で、心配ない』と言っているならば、単純に嘘を伝えていることになる」

 GMO、そしてGMOではない作物でも、グリホサートが噴霧されているなら、体調不良や不妊などの主要な原因になっていることは間違いない、とハニーカット氏は主張する。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です