「本物の保守」がすべきことは「国を守ること!」米国側の要求に従って日本の農業を売り渡そうとする政府を痛烈に批判! 岩上安身による東京大学大学院農学生命科学研究科・鈴木宣弘教授インタビュー第2弾 2018.6.19

記事公開日:2018.6.20取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 TPP問題
特集 種子法廃止!「食料主権」を売り渡す安倍政権
※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年6月19日(火) 14時半過ぎより東京都文京区の東京大学農学部にて、岩上安身による鈴木宣弘教授(東京大学大学院 農学生命科学研究科)インタビュー第2弾が行われた。

■ハイライト

  • 日時 2018年6月19日(火) 14:30過ぎ~
  • 場所 東京大学農学部(東京都文京区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

「「本物の保守」がすべきことは「国を守ること!」米国側の要求に従って日本の農業を売り渡そうとする政府を痛烈に批判! 岩上安身による東京大学大学院農学生命科学研究科・鈴木宣弘教授インタビュー第2弾」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    「本物の保守」がすべきことは「国を守ること!」米国側の要求に従って日本の農業を売り渡そうとする政府を痛烈に批判! 岩上安身による鈴木宣弘教授インタビュー第2弾 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/425083 … @iwakamiyasumi
    右とか左のイデオロギーは関係ない。このままだと「国の形」が変えられてしまうのだ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1009378547067047936

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です