関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会 第13回学習会「大島町で起きた中国人虐殺事件、王希天事件とその後の日中政府間交渉―フィールドワークで学ぶ関東大震災」 2016.6.18

記事公開日:2016.6.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年6月18日(土)、東京都江東区の東大島文化センターにて、関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会の第13回学習会「大島町で起きた中国人虐殺事件、王希天事件とその後の日中政府間交渉―フィールドワークで学ぶ関東大震災」が開かれ、関東大震災で虐殺された中国労働者を追悼する集い実行委員会事務局の木野村間一郎氏が登壇した。

■ハイライト

  • 講演 木野村間一郎氏(関東大震災で虐殺された中国労働者を追悼する集い実行委員会事務局)
  • 現地フィールドワーク
  • まとめと質疑応答
  • タイトル 関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会 第13回学習会「大島町で起きた中国人虐殺事件、王希天事件とその後の日中政府間交渉-フィールドワークで学ぶ関東大震災」
  • 日時 2016年6月18日(土)14:00〜16:30
  • 場所 東大島文化センター(東京都江東区)
  • 主催 関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です