きっかけは産経新聞! 日本会議系の横山正人・横浜市議が中学副読本から「朝鮮人虐殺」の歴史隠蔽! 市教委は本を回収・溶解処分に! ~11月17日岩上安身が西崎雅夫氏にインタビュー! 2016.10.28

記事公開日:2016.11.2取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:城石裕幸)

 「虐殺の事実と、なぜそれが起きたのかは、私たちが学ばなければいけないことだと思います。とりわけ横浜の子どもたちは」――。

 2016年10月28日、東京都杉並区高円寺で行われたトークイベント「『歴史は削除できない』—横浜市副読本問題の5年」で横浜市の元中学教師、後藤周(あまね)氏は静かに訴えた。トークイベントには作家の中沢けい氏、ノンフィクション作家の加藤直樹氏もスピーカーとして招かれた。

▲左から後藤周氏、中沢けい氏、加藤直樹氏

▲左から後藤周氏、中沢けい氏、加藤直樹氏

 後藤氏はさらに、「自分たちの暮らす横浜が虐殺の地であったということを知って、文化や背景の異なる多くの子どもたちと友達になって、その子たちを迫害したり差別したりしない、そういう社会を築いていくために、この歴史は忘れてはならないと思います」と語った。

 関東大震災時の朝鮮人虐殺問題をめぐっては、11月17日に岩上安身が『関東大震災 朝鮮人大虐殺の記録』の著者・西崎雅夫氏にインタビューを行う。ぜひ、ご視聴いただきたい。

▲西崎雅夫著『関東大震災朝鮮人虐殺の記録:東京地区別1100の証言』

▲西崎雅夫著『関東大震災朝鮮人虐殺の記録:東京地区別1100の証言』

★岩上安身による『関東大震災朝鮮人虐殺の記録:東京地区別1100の証言』著者・西崎雅夫氏インタビュー
[日時] 2016年11月17日(木)15:30~17:30

記事目次

■ハイライト

横浜の「朝鮮人虐殺」に軍や警察が関与したことは、今では共通認識・一般的理解

 1923年9月1日に起きた関東大震災は、「東京の地震」のように思われているが、最大震度である震度7の大地震に見舞われた場所はほとんど神奈川県南部であり、あえて言うなら「神奈川の地震」だったといえる。

 横浜市は、中心部が全て震度7、95%の建物が倒壊・焼失した。県庁・市役所も例外ではなかった。さらには市内7つの警察署のうち、神奈川警察署以外の6つの警察署が全て倒壊した。警察もまた避難民なのであった。

 そして、主な避難場所の一つとなった横浜市南部の丘陵地で、1日夜から流言が飛び、朝鮮人に対する暴行と虐殺が始まった。このことは、そこに避難していた寿・石川・南吉田第二の3つの小学校の子どもたちの1000編以上に及ぶ作文の中から、いくつも克明に書かれた記述が見つかっている。また、1925年に出された神奈川県警察部による記録「大正大震火災史」、横浜市役所によって1927年までにまとめられた「横浜市震災史」にも多くの無実の朝鮮人が殺害された事実が書かれている。

 関東大震災における朝鮮人への迫害や虐殺、そこに軍や警察が関与したことは、中央防災会議の調査報告書によって、今では共通認識・一般的理解となっている。そしてそれに従い、23冊ある全国の中学生・高校生の歴史の教科書の中、それが書かれていないのは「自由社」一社だけ。あの育鵬社の教科書にすら書かれている。

産経新聞が中学副読本の改訂内容を攻撃

 横浜市の使う中学副読本「横浜の歴史」には、1990年版以降、軍や警察が朝鮮人殺害に関与していたことが記述されていた。

 ところが、2009年に新しい副読本「わかるヨコハマ(横浜の歴史)」が出版された際、「軍・警察の関与」が記述されなかった。しかし、これは著者の勘違いによるものとわかったため、改訂された2012年版では「軍隊や警察、自警団による朝鮮人や中国人の虐殺」が記述された。

 ここに、産経新聞が登場する。2012年6月25日付け1面トップ記事で、改訂に際して「軍や警察」が「朝鮮人虐殺」との記述したことを問題視。「『朝鮮人虐殺』をめぐっては、殺害された朝鮮人の人数や軍、警察の関与に諸説ある」として、横浜市の教育長に取材し、「改訂手続きの不備」や「記述内容の精査」というコメントを引き出している。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です