【緊急アップ!】終戦の日前夜、国会前SEALDs集会で8000人が「戦争反対」〜「8月15日は日本が民主主義国家の歩みを始めた日。今、国民ひとりひとりにその運命は託されている」 2015.8.14

記事公開日:2015.8.15取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:川島安乃・細野香・阿部洋地、写真:ぎぎまき、記事構成:原佑介)

 終戦の日の前夜、国会前で若者らの「戦争反対」の声が響き渡った。

 安倍総理が戦後70年談話を発表した2015年8月14日(金)、国会前では、安保関連法案の廃案を求めるSEALDs主催の抗議集会が開かれた。

 安倍談話は「お詫び」「侵略」「痛烈な反省」などの文言を盛り込んだが、自分の言葉としては語らず、主体性に欠けた。また、「積極的平和主義」を前面に打ち出し、自衛隊の海外活動を拡大させる安保法案の成立に前向きな姿勢を示した。

 日本が再び戦争のできる国になる。戦後70年の節目で多くの国民がこうした懸念を抱くなか、国会前に集まった8000人(主催者発表)の市民らは「戦争反対」「戦争したがる総理はいらない」「戦争法案、絶対廃案」とコールを上げ、安保法案の廃案、安倍政権の退陣を訴えた。

▲小雨がぱらつく中、国会前には8000人の声が響き渡った

■ハイライト

  • ゲストスピーカー 島薗進氏(上智大学特任教授・東京大学名誉教授、宗教学)/千葉眞氏(国際基督教大学特任教授、政治思想)
  • 日時 2015年8月14日(金)19:30〜21:30頃
  • 場所 国会議事堂正門前北庭エリア(東京都千代田区)
  • 主催 SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)

沖縄・玉城さん「日本は独断的な憎しみの連鎖を生む国になっていくのか」

 沖縄から駆けつけた名桜大3年生の玉城愛さんは、「私は生まれたときから米軍基地のある環境で育ってきました。家の外にいても中にいても、米軍の戦闘機やヘリの爆音が響いています。それが普通の日常であり、フェンスが広がる沖縄の背景です」と話す。

▲15日、沖縄で「SEALDs琉球」を立ち上げるメンバーの一人、玉城愛さん

 「日本は平和ですか。戦場とほど遠い国ですか。沖縄のことを忘れていませんか。ベトナム戦争のとき、沖縄からたくさんの米兵がベトナム人の命を奪いに行きました。沖縄は悪魔の島とベトナム人から呼ばれていたんです」

 そのうえで「これから日本がそんな国についていくんです。悪い奴は殺せという一方的、かつ独断的な憎しみの連鎖を生む国になっていくのでしょうか」と指摘。「今の日本が世界に示すべき平和は、敗戦から70年を深く反省し、二度と戦争に参加しない、誰の命も奪わない、人に命を奪われない、そして米国のような、経済のためなら市民を殺し続ける国の支援をしないということだと思います」と訴えた。

長棟さん「二度と繰り返してはならない。このために私は行動するのだ」

▲SEALDsの長棟はなみさん「あの痛みや悲しみを戦争世代から受け継いだ」

 恵泉女学園大学3年生、SEALDsの長棟はなみさんは、戦争体験者から直接、戦争の悲惨さを教わった。

 空襲から逃げ惑った人。日本兵として人を刀で斬った人。自分の母親と弟の首を、自分の手で締めて殺した人。ピカドンを見て片目を失くした人。慰安婦にされた人。彼らは「二度と繰り返さない。そのために私は語るのだ」と言ったという。

 「今回、この“戦争法案”が話題になったとき、多くの政治に関心のない、戦争を知らない若い世代が『戦争は嫌だ』と言いました。私を含めた彼らは、戦争というものを想像するしかありません。しかし、知っているのです。あの戦争の痛みを、悲しみを、苦しみを、多くの戦争を体験した世代から受け継いだのです。

 この国は法律が現状に合っていないなど、問題はたくさんあります。しかし、日本国憲法、特に憲法9条と、それによる平和を誇り、しっかりと教育してきたと私は思っています。私が受けた教育は間違っていなかった。今ここで、声を上げる私を作りました」

 そのうえで、はなみさんは「二度と繰り返してはならない。このために私は行動するのだ」と述べ、安保法案の廃案と安倍政権の退陣を求めた。

国際基督教大の千葉教授「民主主義とは誤った統治を阻止することだ」

 集会で挨拶した国際基督教大学の千葉眞教授(政治学)は、安倍内閣について「安保法案しかり、原発再稼働しかり、沖縄への基地削減に全然考えもおよばないような政権。民意をまったく拒否し、考えていないという政権なので、戦後最悪の政権ではないか」と批判する。

 さらに「戦後最大の悪法を葬り去りたいと思う」とし、社会思想家・ミルの言葉を引用した。

 「政治学者としていつもデモクラシーは一体何だろうと考えていますが、ジョン・スチュアート・ミルという英国の政治思想家が『民主主義とは誤った統治を阻止することだ。主権者である国民が声をあげることで、民意のデモクラシーによって誤った統治を止めることだ』と書いている。安倍政権の暴走を許さずに、安保法案を廃案に持ち込むまで頑張ろうではありませんか」

上智大・島薗教授「大組織は『命の痛み』を感じ取るセンサーが薄れている」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「【緊急アップ!】終戦の日前夜、国会前SEALDs集会で8000人が「戦争反対」〜「8月15日は日本が民主主義国家の歩みを始めた日。今、国民ひとりひとりにその運命は託されている」」への2件のフィードバック

  1. 黒本倫世 より:

    昨晩の国会前行動は、お盆で学生さんも帰郷する人が多いのではと思い参加できるおばさんは、絶対行かなければ!
    と参加しました。
    奥田君が新聞記事を読まれた時は、国会前は、水を打ったように静まり返り、たくさん並ぶお巡りさんも私たちもその一言一言が胸にしみていっているのを感じました。
    世界中の民は、みんな仲良く したいと思っているのだと思います。

  2. 成田 秀明 より:

    日本会議という復古主義的な結社のメンバーが、現在の日本の政治を牛耳っていると伝えられています。今では自民党を中心として国会議員の4割が日本会議のメンバーであると言われています。彼らは戦前の統治者層の子孫たちで、「日本は天皇を頂く神の国」の秩序を取り戻すことを目標として活動しているようです。
    サンフランシスコ平和条約調印後の1950年代末、経団連が日本の再軍備を主張したことについての報道が数日前にありました。敗戦後、GHQによる日本の民主化が冷戦勃発によって中断され、それによって復活した元大日本帝国の官僚や職業軍人、財閥一族が今の日本の支配層としてますます繁栄しているようです。かれらは、情報操作により国民をだましだまし、富者はますます富み貧者はますます貧しくなるという政策を取り続けているのです。彼らから権力を奪わない限り、日本国民の豊かな暮らしを守ることは出来ないでしょう。次回からの国政選挙では、安倍政権に迎合する議員たちを落選させましょう。自民党・公明党の現職、とくに閣僚級の人物は絶対当選させないようにしましょう。これまで投票に迷って居られた無党派層と言われている方々も、いま、得票率が少なくなっている野党を応援しましょう。憲法を大切にしてくれる候補者に!
     末尾ながら、非常に痛烈・的確な政治批判のブログを紹介させて下さい。http://blog.goo.ne.jp/okai1179
    北海道根釧地方の酪農関係の獣医さんですが、非常に広い知識と経験の持ち主だと感じて、私も愛読者になっています。熱烈にキーボードを叩くあまり、誤変換の言葉も散見されますが、内容は素晴らしいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です