川内原発1号機、高経年化審査にパスしなくても再稼働の可否に影響せず 規制庁が明言 2014.7.28

記事公開日:2014.7.28取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・石川優)

 7月16日、原子力規制委員会は、九州電力川内原発1、2号機が新規制基準適合性審査の要件を満たしたとして、審査書案を発表した。しかし、同委員会の田中俊一委員長は、適合性審査をクリアしたことは、「安全性を担保するものではない」としている。川内原発が再稼働することは、ほぼ、確実となったが、課題は多く、原発事故時の避難計画、カルデラ噴火など、対策は山積みだ。

 これについて28日、衆議院第ニ議員会館で原子力規制庁を招いての川内原発審査書案に関するヒアリングが行なわれた。

 川内原発1号機は、運転開始から30年を経過していて、高経年化技術評価の対象となっている。原子力規制委員会の高経年化技術評価等に係る審査会合が現在も継続中で、川内原発1号機は、この会合で安全性をクリアしていない。この日のヒアリングで、原子力規制庁担当者は、高経年化による審査をクリアしていなくても「再稼働の可否には影響しない」と明言した。

■ハイライト

  • 事前集会 13:00~14:30/政府交渉 14:30~16:00
  • 参加 重大事故対策 井野博満氏、藤原節男氏(元原発技術者)/高経年化対策 井野博満氏(東京大学名誉教授)/汚染水対策 小山英之氏(美浜の会)/地震動評価 阪上武氏(原子力規制を監視する市民の会)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「川内原発1号機、高経年化審査にパスしなくても再稼働の可否に影響せず 規制庁が明言」への2件のフィードバック

  1. @danksmash1204さん(ツイッターのご意見より) より:

    地元の賛成派の人は、これでも賛成なのかな? それともあきらめているのか・・・ 

  2. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見より) より:

    つまり、何が何でも再稼動。ここまで無責任だと怖ろしいを通り越して呆れるが、黙ってるわけにはいかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です