「日本の民主主義の熟度が試されている」 稲嶺進・名護市長がスピーチ 2014.2.13

記事公開日:2014.2.13取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・松井信篤)

 名護市長稲嶺進氏が、2月13日(木)、超党派の議員で構成する沖縄等米軍基地問題議員懇談会の勉強会に招かれ、市長選やケネディ米大使との会談について語った。稲嶺氏は、1月19日に行われた名護市長選挙で、米軍基地の辺野古への移設反対を訴えて再選を果たしている。

■ハイライト

  • 市政報告 稲嶺進名護市長 市長権限に対する政府の動向解説

「名護市長選は日本政府や自民党本部との闘いだった」

 稲嶺進氏は、1月の名護市長選について、「私の相手は候補一人ではなくて日本政府や自民党本部との戦いでもありました」と述べた。さらに、選挙期間中に、自民党の石破幹事長が500億円の振興基金の構想を表明したことに触れ、「あれで名護市民が喜ぶと思ったのでしょうか。結果的に、石破さんは稲嶺ススムを応援してくれた」と、振興基金の表明に対して名護市民から強い反発があったことを述べた。

 稲嶺氏は、政府が今のやり方を進めていくとすれば世界から孤立してしまうとの懸念を示し、「日本の民主主義の熟度が試されるところにきている」と訴えた。

 12日に稲嶺氏は、沖縄を訪問したキャロライン・ケネディ米大使と会談を行っている。ケネディ氏には、「名護市民は辺野古移設を望んでいない。それが選挙の結果だ」と伝えたという。また、稲嶺氏は、ケネディ氏について、「自然環境に関心を示していた。非常に誠実そうな方という印象を受けた」と述べた。

政府は質問主意書への回答を避けた

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です