「光は、闇に勝つ!」11月26日、ソウル中心地に150万のキャンドル!! IWJが生中継し、市民たちの声を聞いた!! ~歴史的な大規模デモの様子を写真レポート 2016.11.26

記事公開日:2016.11.30取材地: | | テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文 安道幹)

 2016年11月26日(土)、朴槿恵韓国大統領の退陣を求め、5週目となる大規模抗議集会が、ソウルなど主要都市で開かれた。ソウル中心地には12日の集会を上回る150万人が結集。1987年の民主化運動以降、過去最大規模となった。

 この日、ソウルでは初雪を観測。集会後は、厳しい冷え込みの中、参加者たちはプラカードを手に「大統領は下野しろ」「大統領を拘束しろ!」とシュプレヒコールをあげながら、裁判所が認めた大統領府の200メートル手前まで行進した。最前線となるポリスラインでは、警察のバスやバリケードでふさがれ、機動隊がデモ隊とにらみあった。

 IWJは、この26日の大規模抗議集会を生中継し、集会に参加した市民たちの声を聞いた。「インタビュー特集」をぜひ、ご覧いただきたい。

■ハイライト

  • 日時 2016年11月26日(日)14:00頃~
  • 場所 韓国ソウル市内

 朴槿恵大統領の退陣要求デモに至るまでの経緯については、以下の記事にもまとめている。この機会にぜひ、ご一読いただきたい。

 また、この韓国取材では、現地で大きな影響力をもつインターネット独立メディア「ニュース打破」代表のキム・ヨンジン氏にも取材を行った。ぜひ、こちらの記事も合わせてお読みいただきたい。

 以下、当日の様子をとらえた写真を掲載する。

▲11月26日(土)に行われた大規模抗議集会では、ソウル中心部に150万(主催者発表)が結集。1987年の民主化運動以降で最大規模となった。

▲11月26日(土)に行われた大規模抗議集会では、ソウル中心部に150万(主催者発表)が結集。1987年の民主化運動以降で最大規模となった。

▲光化門広場にメインステージが組まれ、それを映し出す巨大スクリーンがあちこちに設営されている。

▲光化門広場にメインステージが組まれ、それを映し出す巨大スクリーンがあちこちに設営されている。

▲スクリーンに観入る市民たち。

▲スクリーンに観入る市民たち。

▲2014年4月16日に発生したセウォル号沈没事故について、犠牲者遺族の声や政府の責任を問う映像が流されると、涙を流す市民も。

▲2014年4月16日に発生したセウォル号沈没事故について、犠牲者遺族の声や政府の責任を問う映像が流されると、涙を流す市民も。

161126_348207_05

▲カップルや友達同士で参加する者も多い。

▲カップルや友達同士で参加する者も多い。

▲親子連れの参加者も多い。ある父親はIWJ記者に「子どもに民主主義を教えるために、連れてきた」と語ってくれた。

▲親子連れの参加者も多い。ある父親はIWJ記者に「子どもに民主主義を教えるために、連れてきた」と語ってくれた。

161126_348207_08

▲韓国の伝統民謡パンソリで、朴槿恵大統領を風刺している

▲韓国の伝統民謡パンソリで、朴槿恵大統領を風刺している

▲光化門広場に隣接する世宗文化会館に掲げられた巨大な看板。メッセージは、左「正しい民主主義の大韓民国」右「動くべき時に、動かなければ、何事も動かない」

▲光化門広場に隣接する世宗文化会館に掲げられた巨大な看板。メッセージは、左「正しい民主主義の大韓民国」右「動くべき時に、動かなければ、何事も動かない」

▲韓国の芸大生たち。横断幕のメッセージは「時代が芸術を呼ぶ時、芸術は沈黙しない」

▲韓国の芸大生たち。横断幕のメッセージは「時代が芸術を呼ぶ時、芸術は沈黙しない」

▲20時になると、150万人の参加者たちが一斉にキャンドルの火を消し、1分後に再びつけた。「光は、闇に勝つ」の合言葉を象徴し、朴槿恵大統領が退陣するまでは、抗議の火が消えることはないとの意思表示だ。

▲20時になると、150万人の参加者たちが一斉にキャンドルの火を消し、1分後に再びつけた。「光は、闇に勝つ」の合言葉を象徴し、朴槿恵大統領が退陣するまでは、抗議の火が消えることはないとの意思表示だ。

▲メインステージでの集会が終わった後、韓国の大統領官邸である青瓦台に向かって、行進を始める市民たち。

▲メインステージでの集会が終わった後、韓国の大統領官邸である青瓦台に向かって、行進を始める市民たち。

▲警察車両には、抗議の意志を示すステッカーが貼られている。

▲警察車両には、抗議の意志を示すステッカーが貼られている。

▲青瓦台付近。最前線となるポリスライン。

▲青瓦台付近。最前線となるポリスライン。

▲ポリスラインに向けて、シュプレヒコールをあげる市民たち。

▲ポリスラインに向けて、シュプレヒコールをあげる市民たち。

 今回の韓国取材の経費は、財政危機に瀕したIWJにとって大きな出費となっています。どうか、みなさまのご寄付・カンパでIWJをお支えください。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です