いま、問い直す台湾「ひまわり運動」―民主主義の作り方 2016.6.26

記事公開日:2016.6.26取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年6月26日(日)14時より、京都大学(京都市左京区)で「いま、問い直す台湾『ひまわり運動』―民主主義の作り方」と題した集まりが開かれ、1990年代に台湾大学の学生運動リーダーとして活躍した呉叡人氏(台湾・中央研究院)が基調報告を行うとともに2人の報告と質疑・討論が行われた。

■ハイライト

  • 司会進行 駒込武氏(京都大学教育学研究科教授)/張智程氏(京都大学法学研究科助教)
  • 基調報告 呉叡人氏(台湾中央研究院台湾史研究所副研究員)
  • サブ報告 陳柏良氏(ワシントン大学法学研究科博士課程)/許仁碩氏(北海道大学法学研究科研究生)
  • タイトル いま、問い直す台湾「ひまわり運動」―民主主義の作り方
  • 日時 2016年6月26日(日)14:00〜18:00
  • 場所 京都大学吉田キャンパス(京都市左京区)
  • 主催 自由と平和のための京大有志の会/共催 京都大学台湾留学生会(詳細

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です