「TPPがアメリカ議会で通る可能性はほとんどない」、「日本はなぜ急いで批准しようとするのか?」 ― 米パブリック・シチズンとナショナル・ファーマーズ・ユニオンから日本へ緊急メッセージ! ~TPP反対活動を続ける山田正彦・元農水大臣らによる訪米アクション~ 2016.10.7

記事公開日:2016.10.24取材地: | | 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 TPP問題

 2016年10月7日(現地時間10月6日)、アメリカのワシントンD.C.にて、 山田正彦元農水大臣、日本の市民団体のメンバーが、TPP反対を訴えて抗議活動を行った。

 パブリック・シチズンのグローバル・トレード・ウォッチ部局ディレクターであるロリ・ワラック氏とナショナル・ファーマーズ・ユニオン会長のロジャー・ジョンソン氏より日本へ緊急メッセージが届けられた。

■ロリ・ワラック氏メッセージ

■ロジャー・ジョンソン氏メッセージ

  ※炉端政治塾より動画提供

  • 〈メッセージ〉
    ロジャー・ジョンソン氏(ナショナル・ファーマーズ・ユニオン会長)/ロリ・ワラック氏(パブリック・シチズンのグローバル・トレード・ウォッチ部局のディレクター)
  • 日時 2016年10月7日(金) ※現地日時:2016年10月6日(木)
  • 場所 ワシントンD.C.(アメリカ合衆国)
  • 主催 山田正彦 元農水大臣ほか

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です