2015/09/28 【速報】「小沢さんとは全面的な合意に達した。大変嬉しい」――安倍政権打倒の共産党「3つの提案」で志位委員長と生活・小沢代表が会談  

記事公開日:2015.9.28
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 安保法制反対メッセージ

 日本共産党が示した3つの提案が、野党間で徐々に広がりをみせている。

 2015年9月28日、午後4時より、日本共産党の志位和夫委員長が、「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎共同代表と会談。3つの提案(※)の主旨を説明し、協力を求めた。

  • 2015年9月28日(月) 16:30~
  • 場所 衆議院第一議員会館(東京都千代田区)
新規会員登録  カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

日本共産党の3つの提案――

  1. 安倍政権打倒の闘いをさらに発展させること、
  2. 安保法制廃止に向けて共闘する野党で「国民連合政府」でつくること、
  3. そのために野党が国政選挙で選挙協力を行うこと

 会談を終え、会見に臨んだ志位委員長は、「小沢代表からは、『共産党の提示した3点は私たちも理解を同じくした。特に、目的を達成するために、選挙協力を行うことは、(共産党の)従来の方針の大転換であり、その決断を高く評価する』と評価していただいた」と会談の様子を明かした。

 「小沢代表は、『安倍自公政権ではいけない。この政権では危ない。それを変えようとする勢力が大義のもとに、大同について、参院選、衆院選を闘えば、必ず国民の支持が集まると思う。今日の会談で、一層その思いを強くした』ともおっしゃっていた」

 そのうえで小沢代表は、志位委員長に対して「みんなが手を携えて、選挙に勝つという目的で自分も努力したい」と述べ、「今後も緊密に連携し、具体化のために努力していこう」と誓ったという。

 志位委員長は、「小沢さんとは、共産党の3つの提案に、全面的な合意に達したということで大変嬉しい、心強い結果だと思います」と手応えを語った。

 志位委員長は小沢代表との会談に先立ち、午後1時から社民・吉田忠智党首と会談。「大きな方向性を共有できた」と手応えをしめしていた。

(取材:城石裕幸、記事:原佑介)

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録  カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

■岩上安身によるインタビュー記事

■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


3件のコメント “2015/09/28 【速報】「小沢さんとは全面的な合意に達した。大変嬉しい」――安倍政権打倒の共産党「3つの提案」で志位委員長と生活・小沢代表が会談

  1. 日本共産党の現実的、歴史的な大転換を驚きをもって拝聴しました。
    (1)「国民連合政府」は志位委員長の苦心の言い方であって、これまでの日本共産党が主導する政権を理想とする方針からの変更を意味していると受け止めておいてもいいのでは、と思います。
    (2)日本共産党は安保法制廃案の動きの中でずいぶん変わったと思います。後退しては自民公明の連立政権に勝てません。
    (3)年配の方、団塊の世代の方には日本共産党に対する抵抗感があると思います。自民公明両党は憲法改正して日本を戦争する国へと変えようとしているということに、どうぞ、気づいてください。
    (4)志位さんは顔色一つ変えずに報道に応答されていますが、報道は、安保法制に賛成する立場から、自公政権への「対案」を訊きだそうとしているのではないか、とさえ思います。
    (5)日本共産党の歴史を少し知ると、これは結党以来の転換です。私には日本の報道や一部野党の議員には日本共産党が決断したことへの畏敬の念があまりにも少ないように思います。

  2. 一歩大きく前進したと感じ嬉しい限り。あと民主党と維新は、離合集散があるかも知れぬ。共産党に偏見を持っている議員もいるようだから、大義を生かすに労を惜しまない態勢を構築してもらいたい。共産党に抱く誤解を丁寧に解く説明もしてもらいたい。参院選挙は、もとより、衆議院選挙でも、議席を取り戻そう。国民連合政府も夢ではない。いままで、投票率が低いのも、適度な受け皿が無かったせいだ。それが心ならずも自民大勝にしてしまった原因。国民連合政府が樹立できるのも夢では無くなった。衆参同時選挙になることも視野にいれ、入念な選考、配分、擁立を計画、実行してもらいたいと願う。真底後押し致しまするぞ。安保法廃止、安倍政権打倒をスローガンに!

  3. 「野党よまとまれ」「選挙に行こうよ」「戦争法案は廃止」「安倍を倒す」「自民党よサヨナラだ」「自公政権を追放する」

    他に何か今の段階で求めるものはない。
    安倍は警察権力を使って、シールズに露骨な弾圧を開始した。
    何でもありの知性・品性のかけらも無い無頼漢以下の奴らだから、慎重に強力に対峙して行く。
    昔、ハナ肇の「馬鹿が戦車に乗ってやってくる」という抜群に面白い映画があったが、冗談では済まなくなり悲し過ぎる国に
    なるのは、阻止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です