2014/08/18 【シリア邦人拘束事件2】 「ほぼ処刑されているとみて間違いない」 在カブールのジャーナリスト・西谷文和氏に電話取材

記事公開日:2014.8.18
このエントリーをはてなブックマークに追加

※本日16時半頃より、シリアでの邦人拘束事件について、岩上安身が、中東問題に詳しい元同志社大学神学部教授・中田考氏に緊急生インタビューを行いました。

2014/08/18 【シリア邦人拘束事件3】安否危惧される日本人男性 クライアントは一刻も早く説明責任をはたすべき 岩上安身が中田考氏に緊急インタビュー

 シリア北部アレッポで発生した、「IS」(イスラム国)とみられる武装勢力による日本人男性拘束事件について、Twitterで積極的に情報を発信している、中東情勢に詳しいジャーナリスト・西谷文和氏に電話で話をうかがった。西谷氏は現在、アフガニスタンのカブールで取材を行っている。

【西谷氏のツイート @saveiraq

――湯川氏は既に殺されたという情報があるが

 「ISISの広報官がツイートし、公式のステートメントでも処刑したと言っているが、まだその映像を確認したわけではないので、処刑された”模様”ということ。私のシリアの友人も、映像を確認していない。オマールというISISの情報官と、今、連絡を取れるかどうか試みている。

 しかし、ほぼ、処刑されているとみて間違いないだろう」

――身代金の要求がなかったが、ISISの狙いは何だったのか

 「ISISは結構お金を持っているので、身代金というよりも、自由シリア軍と一緒に行動している兵士として、捕まえたら殺す、ということ。

 何らかの事情で、湯川さんが発見されてしまった。これはまあ、運が悪かった。ISISに、捕まったら、ほぼ、やられてしまう。タリバンよりもひどい奴らですから。だから、捕まった時点で、救出は難しかったと思う」

――湯川氏はPMC(private military company=民間軍事会社)を名乗っている。紛争地域で、各国のPMCはどのような活動をしているのか

 「アフガンやイラクでPMCをたくさん見てきたが、日本にあるということは知らなかった。少数ながら、日本にも存在するということだと思う。

 アフガニスタンもシリアもイラクもPMCだらけ。政府の要人は、何をするにもPMCを雇う。PMCがボロ儲けしている。

 戦争というのは、街を壊してからもう一度作ることになるので、建設関連ビジネスが成り立つ。治安が不安定になればなるほど、こういう民間軍事会社が儲かることになる。そういう仕組なので、アフガンにしてもイラクにしてもシリアにしても、戦争をビジネスにしている人がいる、ということ」。(平山茂樹)

■シリア日本人拘束事件の速報記事
2014/08/18 内戦続くシリアで「IS」(=イスラム国)が「民間軍事会社」経営の日本人男性を拘束 ~自身のFacebookに田母神俊雄氏、自民党元県会議員らとの写真を掲載

 
■関連記事

 

■お買い求めはこちらから

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です