山本太郎議員「1.1ベクレルと聞いて背筋が凍った」 ~タチアナ女史が語る、低線量汚染地域の健康被害 2013.11.21

記事公開日:2013.11.22地域: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・ぎぎまき)

 ウクライナから来日中のタチアナ・アンドロシェンコ氏が21日、衆議院第一議員会館で講演を行い、2012年の11月から2013年3月まで行なわれた低線量被曝に関する実証実験プロジェクトについて報告した。

 このプロジェクトは、空間線量が1mSv以下という低線量汚染地域の住民が、頭痛や鼻血、関節痛や皮膚疾患、神経障害などといった症状を訴えるケースが相次いでいることから、ウクライナのコヴァリン村の9家族(※)を対象に、150日間の食事療法を行い、健康状態の経過を観察するというもの。約5ヶ月間にわたるプロジェクト実施後、ほぼすべての子どもと大人の体調が改善したことにより、これまで人体に影響が出るとされていた放射線量より低レベルでも、健康に被害を及ぼすことを実証したプロジェクトとなった。

(※9家族のうち8家族は、チェルノブイリ原発から35km圏内にあるノーヴィーミール村に事故後6年間居住し、1992年にコヴァリン村に移住している)

■ハイライト

  • 講師 タチアナ・アンドロシェンコ看護師(ウクライナ)
  • 報告 小若順一氏(食品と暮らしの安全基金)/コーディネータ:松井英介医師/コメンテータ―:山本太郎参議院議員

低汚染の内部被曝でも健康被害はある

 症状の発症原因は、内部被曝による影響が大きいと考えられるが、住民が口にする食材を衛生研究所で検査したところ、5ー10ベクレル/kg程度と推定され、これは食品ごとに設定されたウクライナ基準をすべてクリアしており、高い数値を示したのは、200ベクレルのキノコや8ベクレルの川魚のみ。これらを食生活から取り除くことに加え、住民たちは150日間、より汚染の少ない肉や牛乳を摂取し続けた。

 その結果、頭痛、発熱、鼻血に悩まされていた15才のナスチャさんは、幼少時代から心臓の痛みも訴えていたが、プロジェクト実施後、心臓の痛みは減り、鼻血も出なくなったという。

 タチアナ氏の家族もこのプロジェクトに参加したが、長女のカーチャさんの場合、冬になると毎年風邪をひき、仕事を長期に休むほどの高熱に悩まされていたが、プロジェクト後に迎えた冬は初めて、喉が痛い程度でおさまったという。日常的に鼻血を出していた14才の三女、オリガさんについても、鼻血の頻度が一ヶ月に1回程度に軽減され、3才から抱えていた胃炎も改善した。

 そのほかの対象者についても、タチアナ氏は改善の度合いを丁寧に説明し、いかに食事療法によって個々の症状が回復したかを報告した。氏は、ウクライナに戻った後もこのプロジェクトを継続していく予定だという。

「世界で初めてのプロジェクトになった」

関連記事


コメント “山本太郎議員「1.1ベクレルと聞いて背筋が凍った」 ~タチアナ女史が語る、低線量汚染地域の健康被害

  1. この記事は多くの人に読んでおいてもらいたい!山本太郎議員のアップしたもの、ウクライナのタチアナさんの記事もぜひ読んでもらいたい。日本の子供達が現在どのような状況下に置かれているのかを知っておかなくてはならない、そして危険な食品が選択肢のない給食で子供達に食べさせている仕組みを究明しなくてはならない。実に恐ろしいことが進行している状況を即刻中止して、安全な食品を提供するようにしなくてはならない。このままでは日本の将来はない!何とも言いようのない恐怖を感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です