参院選 民進党 佐賀選挙区 中村哲治候補 伊万里市総決起集会 2016.7.2

記事公開日:2016.7.3取材地: 動画

 2016年7月2日(土)20時より、佐賀県伊万里市の伊万里市民センターで参院選佐賀選挙区・中村哲治候補(民進党、元職)の伊万里市総決起集会が開かれた。


生活フォーラム関西 政治討論会 市民と創る新政権のマニフェスト 2016.5.29

記事公開日:2016.5.30取材地: 動画

※日本の政治の真の争点は改憲による緊急事態条項の導入!改憲派による参院議席3分の2を許すな!~関連記事・動画期間限定フルオープン!(終了しました)

 生活フォーラム関西が主催する政治討論会「市民と創る新政権のマニフェスト」が2016年5月29日(日)14時より大阪市北区内で開かれた。5人の国会議員経験者が自公政権に対抗するマニフェストのありかたについて5つのテーマを取り上げ議論した。


第141回「中村てつじと話す会」 IWJ代表・岩上安身講演会と元参院議員中村てつじ氏と岩上安身のトーク 2016.5.15

記事公開日:2016.5.29取材地: 動画

 2016年5月15日(日)、奈良県生駒市の生駒市立会館コミュニティセンターにて、「第141回『中村てつじと話す会』と題する IWJ代表・岩上安身講演会および元参院議員中村てつじ氏と岩上安身のトークセッションが行われた。


元参院議員・中村哲治氏による参議院選挙に関する記者会見 2016.5.10

記事公開日:2016.5.11取材地: 動画

 2016年5月10日、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、元参院議員の中村哲治氏による参議院選挙に関する記者会見が開かれた。


第139回「中村てつじと話す会」 ―講演 小林節・慶應義塾大名誉教授 2016.1.10

記事公開日:2016.1.10取材地: 動画

 2016年1月10日(日)15時より、生駒市立会館コミュニティセンター(奈良県生駒市)で「小林節 慶大名誉教授 講演会」が開かれ、「安倍『壊憲』と戦う方法」と題し講演が行われた。


【大義なき解散総選挙】奈良2区 生活の党・中村哲治候補 個人演説会 ―応援 岩本沙弓氏 2014.12.11

記事公開日:2014.12.12取材地: 動画

 12月11日(木)19時から、奈良2区 生活の党 中村哲治候補による個人演説会が、奈良県天理市 天理文化センターで開催された。応援には、大阪経済大学経営学部客員教授で経済評論家の岩本沙弓氏が駆けつけ演説を行った。


【大義なき解散総選挙】奈良2区 生活の党 中村哲治・前参院議員 街頭演説 2014.11.30

記事公開日:2014.11.30取材地: 動画

 11月30日(日)、奈良県生駒市の生駒駅駅頭で元衆議院議員・前参議院議員の中村哲治氏(生活の党)が街頭演説を行った。「来年春にはアベノミクスの失敗が誰の目から見ても明らかとなる」「失敗隠しの総選挙だ」と訴え、13時より2時間にわたって道行く人に自らビラを手渡した。

 維新の党奈良県連・緑の党の推薦も得て再起を目指す中村氏が立候補予定の奈良2区では、他に自民党前職・高市早苗氏、共産党新人・和泉信丈氏が立候補を予定している。


元国会議員が語る「お金のヒミツ♪」 ─講師 中村哲治氏 2014.10.18

記事公開日:2014.10.18取材地: 動画

 中村哲治・前参議院議員が10月18日(土)14過ぎより京都市中京区のギャラリー・シェアスペース green & garden で「元国会議員が語る『お金のヒミツ♪』」と題したイベントを行った。京都市のノンベクキッチン「ホテヴィラ」の広海ロクロー氏が聞き役となって、2部に渡り現代のお金の仕組みの基本から国の財政までを語った。


平智之京都講演会「金融危機というビジネスモデル」 2014.9.26

記事公開日:2014.9.26取材地: 動画

 9月26日(金)19時より、平智之・前衆議院議員が京都市中京区にあるハートピア京都で「金融危機というビジネスモデル」と題して講演会を行った。危機を繰り返しながらもそれさえ利用してゲームのように継続し拡大する金融経済の現状を平氏が解説した後、すでに経済学の言語体系はリアリティを失っているとするゲストの安冨歩・東大教授とあるべき個人と社会の関係や政治の姿について議論を繰り広げた。


平智之京都講演会「集団的自衛権と原発再稼働の共通点」 2014.8.30

記事公開日:2014.8.30取材地: 動画

 8月30日(土)18時半より、京都市中央区のウィングス京都で前衆議院議員・平智之氏京都講演会「集団的自衛権と原発再稼働の共通点」が行われた。

 冒頭、次回国政選挙への出馬の意欲を見せた平氏が、同じ論理構造の元で進められる集団的自衛権行使容認と原子力発電所再稼働の動きとの背景と関連について、中村哲治・前参議院議員も交えて議論した。


水道民営化、混合診療解禁、国家戦略特区、そしてTPP、内田聖子氏らがアベノミクス推進派が叫ぶ「規制=悪」論に警鐘 2014.7.26

記事公開日:2014.8.3取材地: テキスト動画

特集 TPP問題

 90年代初頭のバブル崩壊後、日本の経済論壇で、飛躍的に登場回数を増やした言葉に「規制緩和」がある。

 これは、市場でビジネスを展開したり、これから展開しようとする民間事業者にかけられる「縛り」を減らしたり取り払ったりすれば、事業者はもっと自由にビジネスが展開ができ、ひいては日本全体が豊かになる、との考え方だ。この「規制緩和」には、水道、教育、医療、農業といった公的セクターの、民間事業者への開放要求も含まれる。


【京都・大義なき解散総選挙】川内博史×中村哲治×平智之 緊急対談「理念と政策なき政界再編は日本を潰す」 2014.7.4

記事公開日:2014.7.4取材地: 動画

 2014年7月4日(金)18時より、京都市中京区・ウィングス京都で「理念と政策なき政界再編は日本を潰す」と題したイベントが行われ、民主党に所属していた前国会議員で現在はそれぞれ別の党派に所属する川内博史氏・中村哲治氏・平智之氏が集まり、野党再編をはじめとした日本の政治の現在や民主党政権の実際についてそれぞれの見方から議論を繰り広げた。


「国家機構の大改革と脱原発で、野党はまとまる」 ~小沢一郎講演会 in 奈良県 2014.3.9

記事公開日:2014.3.9取材地: テキスト動画

 「このまま、衆参ダブル選挙になったら、明らかに野党は全滅だ」──。小沢一郎氏は「政権交代の意味がなかった、という論調は間違っている。1回の失敗くらいで、民主主義を放棄してはいけない。戦前の日本は、政党が信用できないと言って、戦争に突入した。政党不信、民主主義不信になったら、絶対にダメだ」と語った。

 また、中村哲治氏との対談では、「野党をまとめるためには、国民主導の政治を。つまり、官僚政治と一極集中の国家機構の大改革と、脱原発だ」と述べた。


【東京・大義なき解散総選挙】「私たち全員がメディアになれる社会は実現している」 ~メディアが隠していること 知られたくないことって 何なの? 田中宏治氏講演 2013.6.16

記事公開日:2013.6.16 テキスト動画

 2013年6月16日(日) 18時15分から、東京都杉並区のあんさんぶる荻窪で、元日経新聞記者で現在フリージャーナリストの田中宏治氏による講演会「メディアが隠していること 知られたくないことって何なの?」が行われた。田中氏は新聞・テレビの低たらくぶりを怒濤のごとく語り、集まった市民は、マスメディアの実情に何度もため息をついた。


第3回 未来をつくるフォーラム「ライブミーティング 行動する市民×再起する政治家 『あきらめていいの?脱原発の未来』」 2013.2.1

記事公開日:2013.2.1取材地: 動画

 2013年2月1日(金)、大阪市天王寺区の大阪市立社会福祉センターで、第3回 未来をつくるフォーラム「ライブミーティング 行動する市民×再起する政治家 『あきらめていいの?脱原発の未来』」が行われた。


平城宮跡埋立て問題 国交省、文科省との質疑応答と記者会見 2012.10.16

記事公開日:2012.10.16取材地: テキスト動画

 2012年10月16日(火)15時から、東京都千代田区の参議院議院会館で、「平城宮跡埋立て問題 国交省、文科省との質疑応答と記者会見」が開かれた。平城宮跡の公園整備工事について疑問を持つ市民団体が、国交省と文化庁の担当者と面談し、計画の見直しを求めた。


「新しい政策研究会」第1回勉強会 2012.1.16

記事公開日:2012.1.16取材地: 動画

 2012年1月16日、衆議院第2議員会館多目的会議室において、小沢一郎元民主党代表が会長を務める「新しい政策研究会」の第1回勉強会が行われた。講師として招かれた榊原英資青山学院大学教授は、不況下での消費税増税は経済学の基本に反しているとし、国債の発行による景気回復を優先すべきと述べるなど、野田政権の政策を批判した。

 また、TPPについても触れ、TPPと日米構造協議の類似性に指摘しつつ、21分野にわたる交渉過程において、郵貯やかんぽといった日本独自の仕組みがアメリカにより骨抜きにされてしまうと懸念を表明した。


岩上安身による民主党 中村哲治参議院議員インタビュー 2011.6.3

記事公開日:2011.6.3取材地: テキスト動画独自

 2011年6月3日(金)、民主党の中村哲治参議院議員にインタビューを行った。中村議員は菅総理の退陣問題に揺れる民主党、それを巡る政界の動きについて語った。