政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議の模様 2016.7.19

記事公開日:2016.7.20取材地: 動画

 2016年7月19日(火)、沖縄県の東村高江にて、政府の高江での米軍ヘリパッド強行建設工事に対する市民の抗議の模様を中継した。


警視庁機動隊は沖縄・高江に行くな!緊急抗議行動 2016.7.19

記事公開日:2016.7.20取材地: 動画

 2016年7月19日(火)、東京都千代田区の警視庁前にて、辺野古リレー(辺野古のたたかいを全国へ)の呼びかけにより、「警視庁機動隊は沖縄・高江に行くな!緊急抗議行動」が行われた。


強制排除の「Xデー」が迫る沖縄県・東村高江~朝5時から始まる抗議集会に議員や弁護士、市民が集結!北部訓練場「N1地区」ゲート前からIWJがリポート! 2016.7.20

記事公開日:2016.7.20取材地: テキスト動画独自

 参院選の投開票日の翌日である7月11日早朝6時、沖縄県・東村高江の集落を取り囲むように6つのヘリパッドを建設する計画をめぐり、資材を積んだトレーラー数台が米軍北部訓練場に入った。基地建設反対派の伊波洋一氏が、現役閣僚の島尻安伊子氏に10万票差で圧勝した翌朝の、民意を踏みにじる「暴挙」だ。高江米軍基地「N1地区」ゲート前には、抗議の声を上げる市民の排除のため、全国から集められた500~1000人ともいわれる機動隊員が投入されている。


「大阪府警機動隊は 沖縄東村高江に行くな!」市民抑圧抗議行動 2016.7.19

記事公開日:2016.7.20取材地: 動画

 2016年7月19日(火)、大阪市中央区の大阪府警本部前で、「『大阪府警機動隊は 沖縄東村高江に行くな!』市民抑圧抗議行動」が行われた。


「京都府警機動隊は 沖縄東村高江に行くな! 」怒りの抗議行動! 2016.7.19

記事公開日:2016.7.20取材地: 動画

 2016年7月19日(火)、京都市上京区の京都府警本部前で、「『京都府警機動隊は 沖縄東村高江に行くな!』怒りの抗議行動!」が行われた。


今、沖縄で何が起きているのか? 安次富浩さん(沖縄ヘリ基地反対協代表)講演集会 2016.6.15

記事公開日:2016.6.16取材地: 動画

 2016年6月15日(水)、福島県郡山市の郡山市労働福祉会館で、「沖縄と福島を結ぶつどい」が開かれ、沖縄ヘリ基地反対協代表の安次富浩氏が「今、沖縄で何が起きているのか?」と題し講演を行った。


辺野古・高江報告会 byスワロウカフェ 2015.9.12

記事公開日:2015.9.12取材地: 動画

 2015年9月12日(土)18時半より、京都市でスワロウカフェによる「辺野古・高江報告会」が行われ、現地からの報告とともにゲストとして招かれた「辺野古土砂搬出反対」全国連絡協議会の向井宏氏の話を聞いた。向井氏は日本各地から辺野古への埋め立て土砂搬出に反対する活動を続けている。


安保法制、TPP、ヘイトスピーチ、辺野古、秘密保護法、雇用、教育、農業、社会保障、そして原発 安倍政権の国民無視の政治に「NO!」 3000人以上の市民が日比谷野音に集結 2015.7.24

記事公開日:2015.7.25取材地: テキスト動画

 「3割の票で7割の議席を得て威張っている殿様がいるんです。だから4割の票で8割の議席を取って、彼らの息の根を止めてあげれば良いんです」——。

 憲法学者で慶応大学名誉教授の小林節氏は、集まった3000人の市民に強く訴えた。2015年7月24日、安保法制や原発、ヘイトスピーチ、TPPなどそれぞれの問題について声を上げている団体が一同に会し、「安倍政権NO!」を一致点に抗議集会を行った。この日は首相官邸前や国会前でも抗議行動が行われ、集会をあわせのべ7万人が集結した。


沖縄環境ネットワーク 2015年度総会 2015.6.13

記事公開日:2015.6.13取材地: 動画

 2015年6月13日(土)、那覇市の沖縄大学で、沖縄環境ネットワーク2015年度総会が開催され、真喜志好一氏の講演などが行われた。


国頭郡東村、20年ぶりの村長選挙を振り返って~1900人の小さな村にのしかかる国策と重圧――新人・當山全伸氏が目指した「村民参加型」政策への審判は? 2015.4.28

記事公開日:2015.4.28取材地: テキスト動画

 20年間、選挙が行なわれなかった村がある。

 有権者数約1500人の沖縄県国頭郡東村。最後に選挙が行なわれた1995年以来、対立候補が現れず、無投票状態が続いてきた。村民の民意が改めて問われることがなかったという、その「異常な20年」から脱却しようと、2015年4月21日、元村役場職員の當山全伸(とうやままさのぶ)氏が村長選に立候補を決めた。

 選挙の争点のひとつとなった、米軍訓練場の一部返還に伴う高江へのヘリパッド移設。選挙戦は、これを容認する現職の伊集盛久(いじゅせいきゅう)氏との一騎打ちとなった。5日間の選挙期間中、當山氏は「ヘリパット移設反対」と「村民参加型」の2点を強調。伊集氏との違いをアピールした。


報告と学習会「世界自然遺産登録とやんばるの森の未来」 2015.3.18

記事公開日:2015.3.18取材地: 動画

 2015年3月18日(水)18時30分から、沖縄県那覇市の沖縄県立博物館で、「報告と学習会『世界自然遺産登録とやんばるの森の未来』」が開かれた。


SAVE高江・辺野古 県庁前ピクニック&サウンドパレード 2015.2.21

記事公開日:2015.2.21取材地: 動画

 2015年2月21日(土)12時半より、沖縄県那覇市の沖縄県庁前で「SAVE高江・辺野古 県庁前ピクニック&サウンドパレード」が行われた。


大型工事車両の高江区生活道路使用についての要請 2015.1.23

記事公開日:2015.1.23取材地: 動画

 1月23日(金)13時30分より、高江区民を中心とした高江のヘリパッド建設に反対する市民らが、那覇市の沖縄県庁を訪れ、県庁二階の知事会議室にて、北部訓練場ヘリパッド工事に関しての大型工事車両の高江区生活道路使用についての要請を行った。


高江緊急集会 2015.1.19

記事公開日:2015.1.20取材地: 動画

 1月19日(火)13時より、沖縄県東村 高江座り込みN1テント前にて、高江のヘリパッド工事に反対する住民らによる緊急集会がおこなわれた。


「沖縄戦で米軍に半身を焼かれた85歳のおばあを、機動隊は突き飛ばした」――辺野古・高江のこれから 2014.11.21

記事公開日:2015.1.20取材地: テキスト動画

※ 1月20日テキスト追加しました!

 「知事選で翁長氏が圧勝し、政府や沖縄防衛局の動きは沈静化すると思われたが、再び辺野古での事業を強行してきており、反対運動は熾烈になっている。本土では報道されないだろうが、注視していてもらいたい」──。

 政府による強引な基地建設の準備が進む名護市辺野古で、抗議船の船長を務めた北上田毅氏が、辺野古新基地建設阻止行動の現在を語った。

 2014年11月21日、京都市下京区にあるキャンパスプラザ京都で、「県知事選後の沖縄 ~辺野古・高江のこれから~ 現地報告会」が開かれた。辺野古の埋め立てに反対する北上田毅氏、抗議行動のカヌー隊に参加した片岡希望氏ら若者3名が、沖縄県知事選と知事選後の辺野古および東村・高江の状況について報告を行った。


ヘリパッドいらない住民の会による、高江ヘリパッド工事に関する沖縄防衛局への抗議要請 2015.1.9

記事公開日:2015.1.9取材地: 動画

 1月9日(金)、「ヘリパッドいらない住民の会」は嘉手納の沖縄防衛局を訪れ、高江ヘリパッド工事に関する抗議要請を行った。要請書の提出には、先の衆院選で勝利した赤嶺政賢 衆議院議員、玉城デニー 衆議院議員のほか、糸数慶子参議院議員が同行した。


知念優幸さんと語ろう! 2014.11.29

記事公開日:2014.11.29取材地: 動画

 11月29日(土)19時より、大阪市北区・大阪市立住まい情報センターで沖縄キリスト教学院大学学生・知念優幸氏の講演会「知念優幸さんと語ろう!」が行われた。沖縄戦跡めぐりや平和ガイドを行う学生グループ「TEAM琉球」の代表でもある知念氏は、「少しでも多くの人たちと面と向かって合うことで沖縄のことを知って欲しい」と全国を回って沖縄の米軍基地問題を伝える講演会を行っており、この講演会で128回、参加者はおよそ6500人を数えるという。沖縄戦に始まり辺野古・高江の基地問題など沖縄の現状、そして各地での人々の反応まで詳細に語った。


沖縄・高江の集落を包囲する米軍ヘリパッド問題を広める音楽祭が東京で開催 2014.10.23

記事公開日:2014.11.3取材地: テキスト動画

 沖縄本島北部にある高江は、約160人の住民が暮らす小さな集落である。

 その集落を包囲するように、米軍のヘリコプター着陸場(ヘリパッド)を6つ作る工事が始まっている。音楽を通して、このヘリパッド建設に反対を訴える高江音楽祭・東京篇の3回目が10月24日(金)、国立地球屋で行なわれた。


問われる辺野古移設の違法性――沖縄米軍基地問題に関わる訴訟を手がけてきた金高望弁護士に岩上安身が聞く~岩上安身によるインタビュー 第470回 ゲスト 弁護士 金高望氏 2014.10.17

記事公開日:2014.10.17取材地: テキスト動画独自

 「私には、喜納さんが本気で考えているようには思えません」「この期に及んで『撤回』という言葉を使っているのが信用できません」――。

 多数の沖縄米軍基地問題に関わる訴訟を手がけている金高望弁護士(沖縄在住)が、自身のfacebook上で、沖縄県知事選に立候補する喜納昌吉氏に噛み付いた。金高氏の投稿は次のように続く。


ヘリパッドいらない住民の会による「高江ヘリパッド問題を県知事選の公約に入れて下さい!」要請行動 ー面会相手 安慶田光男・那覇市議長 2014.9.25

記事公開日:2014.9.25取材地: 動画

 9月25日(木)、那覇市 うまんちゅの会事務所にて、ヘリパッドいらない住民の会による「高江ヘリパッド問題を県知事選の公約に入れて下さい! 」要請行動が行われた。面会相手は安慶田光男・那覇市議長で、沖縄県知事選 立候補予定である翁長雄志氏宛の要請書を提出した。