10月29日に決定!! 2011年3月11日の事故以来初めて、東京電力福島第一原子力発電所を東京地裁裁判長らが視察!現地進行協議期日が明らかに!~9.2東電株主代表訴訟 進行協議期日後の記者レク 2021.9.2

記事公開日:2021.9.7取材地: テキスト動画

 2021年9月2日、東京千代田区の司法記者クラブで、東電株主代表訴訟の原告らが、東京地方裁判所で係属中の訴訟についての進行協議後に会見を開いた。

 株式会社の取締役が会社に損害を与えた場合、会社が取締役に対してその責任を問う。


10月29日に裁判官が初めて福島第一原発の現地調査へ! IWJ記者の質問に海渡雄一弁護士は「なぜ事故の前に(津波対策の)工事がちゃんとできなかったのかを示したい」!~7.13東電株主代表訴訟 進行協議期日後の記者レク 2021.7.13

記事公開日:2021.7.15取材地: テキスト動画

 7月13日、東京・霞が関の司法記者クラブで、東電株主代表訴訟の原告である株主とその弁護団(弁護団長・河合弘之弁護士)が、裁判の今後の見通しをメディア向けに報告した。

 東電株主代表訴訟は、2011年3月11に福島第一原発事故を起こした東京電力の当時の取締役たちに対して、株主が会社の損害の責任を追及する訴訟である。2012年3月5日に東京地方裁判所に提訴され、これまで60回におよぶ口頭弁論が行われた。


目標値を超えた汚染水を他の水と混合して濃度判定することが発覚~東京電力記者レク「地下水バイパス揚水井のサンプリング結果について」 2014.4.17

記事公開日:2014.4.17取材地: テキスト動画

 2014年4月17日18時より、原子力規制庁記者控室にて、「地下水バイパス揚水井のサンプリング結果について」の記者レクが開かれた。No.12の井戸から運用目標を超える1600Bq/Lのトリチウムが検出されたが、他の井戸の揚水を混合して濃度判定をすることが明らかになった。


100ミリシーベルト超えが新たに1名増加~東京電力「緊急作業従事者の内部被曝線量の再評価」に関する記者レクチャー 2014.3.25

記事公開日:2014.3.25取材地: テキスト

 2014年3月25日18時30分より、原子力規制庁記者控え室にて「福島第一原子力発電所 緊急作業に従事した東京電力社員の内部被曝線量の再評価について」に関する記者レクが行われた。対象者1845人について精査し、608人について再評価した結果、24名が線量見直しとなり、積算線量で100mSvを超える作業者が1名増加した。


郷原弁護士記者レクチャー 2010.12.24

記事公開日:2011.12.24取材地: テキスト動画

 2010年12月24日、郷原信郎弁護士による「検察のあり方検討会議」報告をうけて記者レクが開かれました。

 レクの冒頭から、郷原弁護士は、最高検の検証報告の結果に、厳しい批判を展開。「検証の名に値しない」と言い切っています。


「横浜市港北区でストロンチウム検出」 横浜市による緊急記者レク 2011.10.14

記事公開日:2011.10.14取材地: テキスト動画

 2011年10月14日、横浜市が採取し分析を依頼した堆積物からストロンチウムが検出されたことを受けて、同日20時半より緊急の記者レクが行われた。福島県外でストロンチウムが検出されたのは公式にはこれが初めてであるにも関わらず、横浜市側の閉鎖的ともいえる情報公開の姿勢から、除染や安全管理の認識に記者からは疑問の声が上がった。


「横浜市港北区でストロンチウム検出」 横浜市による緊急記者レク 2011.10.14

記事公開日:2011.10.14取材地: 動画

 2011年10月14日、横浜市が採取し分析を依頼した堆積物からストロンチウムが検出されたことを受けて、同日20時半より緊急の記者レクが行われた。福島県外でストロンチウムが検出されたのは公式にはこれが初めてであるにも関わらず、横浜市側の閉鎖的ともいえる情報公開の姿勢から、除染や安全管理の認識に記者からは疑問の声が上がった。


児玉龍彦氏による記者説明会(放射線によるDNA損傷のメカニズム) 2011.8.12

記事公開日:2011.8.12取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年8月12日に行われた、東京大学最先端科学技術センター所長児玉龍彦教授による記者説明会の模様。

 国会参考人で招集の際の「満身の怒り」ばかりが有名になった同教授だが、この記者説明会では具体的、学術的説明が細部に至るまでなされた。


郷原弁護士記者レクチャー~危険な業務(原発作業)におけるコンプライアンスについて 2011.4.22

記事公開日:2011.4.22取材地: テキスト動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年4月22日(金)、郷原弁護士の記者レクチャーが行われた。


郷原弁護士記者レクチャー〜大震災という非常時におけるコンプライアンスとは? 2011.4.15

記事公開日:2011.4.15取材地: テキスト動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年4月15日(金)、郷原弁護士による記者レクチャーが行われた。

この日のテーマは下記の5項目だ。
1. 大震災という非常時におけるコンプライアンスとは
2. 総務省の「インターネット上の流言飛語への適切な対応」という要請について
3. コンプライアンスの観点から見た東京電力の対応
4. 大相撲、八百長問題
5. 年金、運用三号問題


郷原弁護士記者レクチャー〜「年金3号問題」と「検察の在り方検討会議で行われた議論の内容」について 2011.3.11

記事公開日:2011.3.11取材地: テキスト動画

 2011年3月11日(金)13時、東京都港区の名城大学コンプライアンス研究センターにおいて、総務省コンプライアンス室長を務める郷原信郎弁護士による定例記者レクが行われた。この日の記者レクで、郷原弁護士は、「年金3号問題」と、「検察の在り方検討会議で行われた議論の内容」について記者に説明した。


郷原信郎弁護士記者レクチャー~「最高検可視化執行の運用に関する私案」について 2011.2.24

記事公開日:2011.2.24取材地: 動画

 2011年2月24日、郷原信郎弁護士により記者レクチャーが行われた。一連の大阪地検の問題に関して出された「最高検可視化執行の運用に関する私案」について、郷原弁護士は「未だ不十分」とし、検察側に「取り調べはあくまで適正であり、それを可視化する」という意図があるように感じられると述べた。


郷原信郎弁護士記者レク ~検察審査会起訴議決による小沢一郎氏起訴、検察の在り方検討会議についてなど 2011.2.4

記事公開日:2011.2.4取材地: テキスト動画

 2011年2月4日、郷原信郎弁護士による記者レクが行われた。

 この日は、検察審査会起訴議決による小沢一郎氏の起訴とその起訴状について、「検察の在り方検討会議」について、年金の「運用三号」問題について、以上3点の話が展開された。


郷原信郎弁護士記者レク ~石川知裕議員の再聴取、尖閣ビデオ流出問題、検察組織の特殊性について 2011.1.21

記事公開日:2011.1.21取材地: テキスト動画

 2011年1月21日、郷原信郎弁護士の記者レクの模様。

 大きなテーマは3つ。前日の「第五回検察の在り方検討会議」をうけ、検察の組織の特殊性と法的枠組みについての解説と、石川知裕議員の再聴取の問題、尖閣ビデオ流出問題の処分について。


郷原弁護士記者レク 2010.12.8

記事公開日:2010.12.8取材地: 動画

 2010年12月8日、郷原信郎弁護士の記者レクの模様。

 前日、「検察の在り方検討会議」のメンバーが大阪地検でヒアリングを行った件につき、解説されました。

 村木事件で起訴された上村被告の弁護士からの話として、FD証拠改竄の深刻な影響についても、解説されています。


郷原信郎弁護士記者レク 2011.1.21

記事公開日:2010.12.2取材地: 動画

 2011年1月21日、郷原信郎弁護士による記者レクが行われた。この日、郷原弁護士は、自身の専門分野であるコンプライアンスの視点から、検察組織のあり方について、3つの問題を論じた。1つ目は、前日の「第5回検察の在り方検討会議」を踏まえた検察組織の特殊性と法的枠組みについて。2つ目は、石川知裕議員の再聴取の問題。3つ目は、尖閣ビデオ流出問題の処分についてだ。


郷原信郎弁護士記者レク 2010.11.12

記事公開日:2010.11.12取材地: 動画

 冒頭15分は、検討会議の会議録の適切な公開が課題として上がったことが報告され、併せて郷原弁護士がこれまで検察の捜査改革の方向性について考えてきたことを聞いた。

 後半は、尖閣ビデオ流出の海上保安官が現れたことを受け、今回の問題を事実「ファクト」と主観的な判断を生む「コンテンツ」という視点で解説。コンテンツ取扱い方針の不明確さが大きな混乱を生んでいると指摘し、検察の対応に問題があったことにも触れた。


東京第5検察審査会の起訴議決の問題点と検察審査会の会議録公開について―郷原弁護士記者レク 2010.10.14

記事公開日:2010.10.14取材地: テキスト動画

 2010年10月14日行われた、名城大学コンプライアンス研究センター、センター長の郷原信郎弁護士による記者レクの模様。特別ゲストとして行政法学者の櫻井敬子学習院大学教授も参加。

 テーマは、東京第5検察審査会の起訴議決と、その問題点、検察審査会の会議録公開についてなどであった。


郷原弁護士記者レク~検察審査会が提出した議決書や郵便不正事件などについて 2010.10.5

記事公開日:2010.10.5取材地: 動画

 2010年10月5日火曜日14時半より、郷原信郎弁護士の事務所にて行われた記者レクの模様。

 10月4日、検察審査会より提出された議決書(“起訴すべきである”)に関する問題と、郵便不正事件(村木事件、大坪氏・佐賀氏の逮捕)に絡む問題が主なテーマ。


郷原弁護士記者レク~大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん疑惑をうけて 2010.9.22

記事公開日:2010.9.22取材地: 動画

 2010年9月22日、大阪地検特捜部主任検事証拠改ざんの疑いで(前田恒彦主任)検事が逮捕された事件をうけて行われた郷原信郎弁護士の記者レクの模様。

 郷原氏は元特捜検事で弁護士という立場から詳しく解説した。