九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その10】-建物が損傷した益城町の避難所『グランメッセ熊本』の様子

記事公開日:2016.4.19取材地: 動画

 2016年4月19日(火)、九州緊急特派チームは、熊本県益城町に入り、建物が損傷した同町の避難所『グランメッセ熊本』の駐車場よりレポートした。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その9】-NPO団体らによる『熊本・大分大地震』緊急支援プロジェクトおよび炊き出しの模様 2016.4.19

記事公開日:2016.4.19取材地: 動画

 2016年4月19日、NPO団体らによって開かれた『熊本地震』緊急支援プロジェクトと炊き出しの様子を九州緊急特派チームがレポートした。


関テレ撮影クルーが被災地で暴挙!「シャッターを切る前に人命を助ける」岩上イズム!IWJが報道と支援を両立させる「理由」 2016.4.19

記事公開日:2016.4.19取材地: テキスト

※『日刊IWJガイド』2016.4.19日号~No.1314号~より抜粋

 IWJ九州緊急特派チームは、物資の買いつけ、荷積みから実際に被災者の皆さんに手渡すまでの一連の動きを、随時、Ust中継でお伝えしています。そのためか、「IWJへの支援が、ダイレクトに被災地支援に繋がっていると実感できる」という声も寄せられています。昨日も被災地から数十キロ離れたところで新たな物資を買い込み、大型レンタカーに詰め込む様子を一部始終配信しました(スーパー店内の様子は音声だけでお届けしました)。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その6】―医療法人聖粒会慈恵病院で看護部長へお話しをうかがう 2016.4.18

記事公開日:2016.4.18取材地: 動画

 2016年4月18日、九州緊急特派チームは、熊本市の医療法人聖粒会慈恵病院を訪問し、看護部長や避難生活を送る人々、本震の最中に出産を経験した女性から話をうかがった。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その8】-福岡県内のドラッグストアにて支援物資調達 2016.4.18

記事公開日:2016.4.18取材地: 動画

 熊本市東区での取材を終えた九州緊急特派チームは、一旦福岡県内に移動、ドラッグストアにて支援物資の調達を行った。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その7】-熊本市・東区の指定外避難所の模様と町の様子 2016.4.18

記事公開日:2016.4.18取材地: 動画

 2016年4月18日、支援物資を運ぶ九州緊急特派チームが、熊本市東区の地震被災地に現場入りし、指定外避難所と町の様子をレポートした。


空港でも露見した安倍政権の怠慢〜飛行機でバッテリー運べず、ANA職員「東日本大震災では特例が認められたが今回は許可が降りず…」〜IWJ九州緊急特派チーム速報ルポ【その1】 2016.4.17

記事公開日:2016.4.17取材地: 動画

 熊本地震を受け、2016年4月17日に九州入りした「IWJ九州緊急特派チーム」の高橋敬明カメラマンと安道幹記者。羽田空港での「トラブル」から発覚した安倍政権の怠慢、ささやかな支援物資の運搬状況などをつづったツイッター速報ルポ、第1弾。


M7.3の熊本地震は南海トラフ地震の前兆か!? 岩上安身によるインタビュー 第639回 ゲスト 立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授 2016.4.17

記事公開日:2016.4.17取材地: 動画独自

 2016年4月17日、京都市北区の立命館大学衣笠キャンパスにて、立命館大学環太平洋文明研究センター・高橋学教授に岩上安身がインタビューを行った。


安倍政権の大地震ファシズムと菅官房長官の「いよく原発」発言で明らかになった無関心ぶり!/取材と支援を兼ね九州被災地にIWJスタッフ第一陣が出発! 2016.4.17

記事公開日:2016.4.17 テキスト

 菅義偉官房長官が伊方原発を「いよく原発」と読み間違え、緊急事態条項の必要性を強調!火事場泥棒ならぬ「大地震ファシズム」に警戒を!

 IWJスタッフ第一陣が被災地入り!取材を兼ね、ささやかな支援活動にも取り組みます!

 以下、2016年4月16日、岩上安身ツイートまとめ。


【IWJツイ録】熊本でM7.3震度6強の「本震」発生/まさに「ショック・ドクトリン」菅官房長官、原稿読み上げ「緊急事態条項」の必要性を強調!?〜4月16日のツイートまとめ 2016.4.17

記事公開日:2016.4.17 テキスト

 2016年4月14日から断続的に続く、九州・熊本県周辺を震源地とする震度6〜7の大地震に関する速報ツイートをまとめました(4月16日分)。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その5】-熊本県「熊本市立月出小学校」での取材 2016.4.17

記事公開日:2016.4.17取材地: 動画

 熊本県中心部に到達した九州緊急特派チームは、熊本市立月出小学校で、避難されている方々にお話しをきいた。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その4】 -熊本県玉名市のコンビニ駐車場でお会いした、熊本へ支援物資を届ける最中の福岡から来た牧師さんへのインタビュー 2016.4.17

記事公開日:2016.4.17取材地: 動画

 熊本県玉名市内のコンビニ駐車場で、熊本へ支援物資を届ける最中の福岡から来た牧師さんにお話しをきいた。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その3】 -熊本県熊本中心部へ車移動(南関町から玉名市付近) 2016.4.17

記事公開日:2016.4.17取材地: 動画

 引き続き、熊本県熊本中心部を目指す途上、九州緊急特派チームからのレポート。


九州緊急特派チームによる熊本・大分大地震被災地レポート【その2】 -熊本中心部へ車移動 (佐賀県鳥栖市から南関町付近) 九州自動車道上からのレポート 2016.4.17

記事公開日:2016.4.17取材地: 動画

 九州緊急特派チームは、佐賀駅周辺での買い出しと搬入を済ませ、熊本県へ向かった。その途上、佐賀県鳥栖市から南関町付近での九州自動車道上からのレポート。


気象庁 記者会見 2016.4.16

記事公開日:2016.4.16取材地: 動画

 2016年4月16日(土)15時半より、東京都千代田区の気象庁会見室にて、気象庁記者会見が行なわれた。


「阿蘇山の小規模噴火と地震は何らかの関連性がある可能性」「このままいけば伊方原発はかなり嫌な状況だ」――熊本県の大地震と火山の関係は?〜鹿児島大学・井村隆介准教授に聞く 2016.4.16

記事公開日:2016.4.16取材地: テキスト

 2016年4月14日夜から熊本県を中心に相次いでいる大地震。16日朝8時30分頃には熊本県の阿蘇山の中岳第一火口で、ごく小規模な噴火が発生、気象庁は一連の地震との関連性はわからないとしている。


熊本で最大震度7の巨大地震発生/関東大震災の朝鮮人虐殺を彷彿させるデマ・ヘイトツイートも多発!〜1日目IWJ速報ツイートまとめ 2016.4.14

記事公開日:2016.4.15 テキスト

※2016年4月14日付けのツイートを並べて掲載しています。

 本日21時26分頃、熊本で震度7の地震が発生。津波の心配はないという。

 九州電力の玄海原発(佐賀)では、10秒ほどの横揺れが確認されたという。震度4以上が観測されている地域は以下のとおりです。▽震度7が熊本県熊本地方。▽震度5弱が熊本県阿蘇地方、熊本県天草・芦北、宮崎県北部山沿い。


熊本で震度7の地震が発生!火山学者の井村隆介准教授に緊急電話取材!「余震の分布が今後、火山の直下に移っていくかどうかに注視すべき」 2016.4.15

記事公開日:2016.4.15 テキスト

 4月14日21時26分ごろ、九州地方で強い地震が発生し、熊本県益城町では震度7が観測された。その後も震度6強など、震度3以上の激しい余震が続き、益城町(ましきまち)では家屋の倒壊や火事など二次災害が生じ、倒壊した建物の下敷きになり意識不明で病院へ運ばれるなどの事件が発生した。


【速報】熊本で震度7、マグニチュード6.5の強い揺れ~気象庁が緊急会見「1週間は震度6の余震の可能性」 2016.4.14

記事公開日:2016.4.15取材地: 動画

 熊本県で震度7の地震が発生したことをうけ、4月14日11時30分から気象庁が記者会見した。

 気象庁の青木元地震津波監視課長は、「今後、1週間程度は震度6弱程度の激しい揺れを伴う余震が起きる可能性がある」と述べた。


【スピーチ全文掲載】「選挙で社会は変えられる!」SEALDs奥田愛基氏が熊本で初の選挙演説!野党統一候補・阿部広美氏の決起集会で、2000人がコール!集会後、奥田氏に直撃インタビュー! 2016.2.27

記事公開日:2016.3.15取材地: テキスト動画

 「SEALDs(シールズ)」が参院選に向けて精力的に動き始め、「老若男女の草の根の選挙運動」が熊本から全国に広がる可能性が出てきた。2016年2月27日、参院選熊本選挙区の野党統一候補・阿部広美(あべひろみ)弁護士の決起集会が開かれた熊本市内の白川公園に、大学院入試を終えたばかりのSEALDsの奥田愛基氏が駆けつけ、初めての選挙演説を行った。

 「『デモで社会は変わらない』という人たちに対して、柄谷行人さんという哲学者はこう言いました。『デモで社会は変わらないというが、デモをすることでデモをすることが当たり前の社会になる』と。私たちは社会を変えることができる。選挙を通して、選挙ができる社会に変わることができる。変えることができる」。