とめよう!戦争への道 めざそう!アジアの平和 2019関西のつどい ―講演 元立命館大学教授・徐勝(ソ・スン)氏、「辺野古」県民投票の会代表・元山仁士郎氏 2019.3.24

記事公開日:2019.3.24取材地: 動画

 2019年3月24日(日)13時半より、大阪市中央区のエル・おおさかで集会「とめよう!戦争への道 めざそう!アジアの平和 2019関西のつどい」が開かれ、元立命館大学教授の徐勝(ソ・スン)氏、「辺野古」県民投票の会代表の元山仁士郎氏が講演を行った。


〜リスペクトの政治をつくろう!〜 どう考える?市民のための経済政策(大阪市) ― 『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏 講演 ほか 2018.12.22

記事公開日:2018.12.22取材地: 動画

 2018年12月22日(土)14時より、大阪市中央区にあるドーンセンターでリスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会主催による学習会「〜リスペクトの政治をつくろう!〜どう考える?市民のための経済政策」が開かれ、アベノミクスの失敗をデータで検証した『アベノミクスによろしく』(集英社インターナショナル、2017年)の著者、明石順平氏(弁護士)が講演を行った。


10.6戦争あかん!ロックアクション♪御堂筋♪サウンドデモ 集会 2018.10.6

記事公開日:2018.10.7取材地: 動画

 2018年10月6日(土)14時より、大阪市西区にある新阿波座公園で「10.6戦争あかん!ロックアクション♪御堂筋♪サウンドデモ」の出発前集会が行われた。


玉城デニーさんを激励する会 2018.9.17

記事公開日:2018.9.27取材地: 動画

 2018年9月17日(月)、大阪市北区のPLP会館で、玉城デニーさんを激励する会が開かれた。


ミナセン大阪主催 社民党 服部良一氏 街頭演説(茨木市) ―応援 山本太郎参院議員ほか 2017.10.8

記事公開日:2017.10.8取材地: 動画

 2017年10月8日(日)13時より、大阪府茨木市・茨木駅前で野党統一候補として衆院選大阪9区に立候補予定の社会民主党・服部良一氏(元衆議院議員)が街頭演説を行った。応援には山本太郎参院議員(自由党共同代表)らが駆けつけた。野党共闘を推進してきた市民団体みんなで選挙☆ミナセン大阪の主催。


山城博治氏講演「沖縄の基地建設阻止の闘いの現状と今後の展望」―沖縄連帯!「戦争法廃止を求める2000万人署名」を成功させるつどい 2016.3.20

記事公開日:2016.3.20取材地: 動画

 2016年3月20日(日)、エル・おおさか(大阪市中央区)で開かれた集会「沖縄連帯!『戦争法廃止を求める2000万人署名』を成功させるつどい」で、沖縄平和運動センター・山城博治議長が「沖縄の基地建設阻止の闘いの現状と今後の展望」と題して講演した。


UNITE ALL SMALL AXES vol.06 今すぐ廃案「戦争法案」緊急アピール 2015.7.12

記事公開日:2015.7.12取材地: 動画

 SADL(サドル、民主主義と生活を守る有志)が、2015年7月12日(日)17時半より大阪市なんば高島屋前で安全保障関連法案に反対する街頭演説「UNITE ALL SMALL AXES vol.06 今すぐ廃案『戦争法案』緊急アピール」を行った。


【大阪都構想】5/17大阪市を廃止解体する住民投票に反対票を呼び掛ける街宣 2015.5.10

記事公開日:2015.5.10取材地: 動画

 2015年5月10日(日)、大阪市・梅田、難波などで、1週間後の大阪「都構想」住民投票への反対投票を呼びかけて東京都大田区議会議員・奈須りえ氏や辻恵・元衆議院議員らが街頭演説を行った。


【大義なき解散総選挙】「日本政治の転換を図っていかないと、暮らしが、平和が危ない」大阪8区の社民党・服部良一候補が街頭演説で警鐘 2014.12.7

記事公開日:2014.12.8取材地: テキスト動画

特集 総選挙2014

※12月8日テキスト追加しました!

 再起を賭け、社民党公認で大阪8区から立候補した元衆議院議員・服部良一氏が12月7日(日)、大阪府豊中市の豊中駅・千里中央駅で街頭演説を行い、労働環境の悪化などを取り上げて安倍政権を批判した。応援には、緑の党共同代表の長谷川羽衣子氏や市民派の地元無所属議員なども駆けつけた。


【大義なき解散総選挙】時局講演会「徹底討論・政治を変えるにはどうすべきか」 ―辻恵氏・服部良一氏・平智之氏ほか 2014.11.28

記事公開日:2014.11.28取材地: 動画

 11月28日(金)17時半より、大阪市の御堂会館で「時局講演会『徹底討論・政治を変えるにはどうすべきか』」と題した講演会が行われた。武健一・全日建関西地区生コン支部委員長の問題提起に続いて、政治評論家の森田実氏をコーディネーターに、いずれも12月2日公示の衆議院議員選挙で再起を目指す元議員の辻恵氏・服部良一氏・平智之氏がパネリストとして、民主党政権時に直面した問題を振り返りつつ現在の政治に対する想いを訴えた。辻氏は大阪9区、服部氏は大阪8区、平氏は京都1区から立候補予定。


とめよう!戦争への道 めざそう!アジアの平和 関西のつどい 2014.11.9

記事公開日:2014.11.9取材地: 動画

 11月9日(日)13時より、大阪城公園の野外音楽堂で「とめよう!戦争への道 めざそう!アジアの平和 関西のつどい」が開かれた。「大阪平和人権センター」と「戦争あかん!基地いらん!関西のつどい実行委員会」が共催し労働者・市民ら1000人余が集まった。沖縄・辺野古で座り込みを続ける安次富浩氏(沖縄ヘリ基地反対協議会共同代表)が特別報告として登壇し、辺野古での闘いを振り返るとともに16日に迫った沖縄知事選では「仲井真に辞めてもらうのではない、引きずり下ろす」のだと締めくくった。


いらんわ!高浜再稼働関西集会 2014.10.26

記事公開日:2014.11.2取材地: 動画

 福島原発告訴団の武藤類子氏、フォトジャーナリストの広河隆一氏、さらに菅直人・元首相、山本太郎・参議院議員などを迎えて、10月26日(日)、大阪市のエル・おおさかで脱原ネット関西・福井ブロック主催の「いらんわ!高浜再稼働関西集会」が開催された。再稼働が焦点となっている川内原発に次ぎ、関西電力高浜原発では原子力規制委員会の新規制基準適合性審査が大詰めを迎えている。主催あいさつに立った池島芙紀子氏は、福島の事故は「他人ごとではなく明日は我が身だ」として、高浜原発をはじめとする原発再稼働の阻止を訴えた。


京都にも沖縄にも東アジアのどこにも米軍基地はいらないXバンドレーダー搬入反対!9・28全国集会 in 京丹後 2014.9.28

記事公開日:2014.9.28取材地: 動画

 経ヶ岬米軍Xバンドレーダー基地建設が進む中、地元京都府京丹後市の宇川農業会館で「京都にも沖縄にも東アジアのどこにも米軍基地はいらないXバンドレーダー搬入反対!9・28全国集会 in 京丹後」が行われた。地元では、すでに90人の米軍人・軍属が京丹後入りし、防衛局は地元との約束も反故にして休日も急ピッチで工事を進めている。レーダー本体は10月にも搬入されるのではないかという。


米軍Xバンド基地反対集会で「地位協定」問題を激論 ~在沖縄有志「不平等きわまりない!」 2014.9.6

記事公開日:2014.9.12取材地: テキスト動画

 米軍普天間基地の辺野古移設強行をめぐり、沖縄では地元を中心に反対運動がわき起こっている。同じように今、京都でも米軍Xバンドレーダー基地の建設強行が問題となっている。


京都にも沖縄にもどこにも米軍基地はいらない!Xバンドレーダー基地建設着工反対!京丹後現地集会 2014.4.20

記事公開日:2014.4.20取材地: 動画

 米軍レーダー基地の建設が計画されている京都府京丹後市丹後町宇川地区で、2014年4月20日(日)、これに反対して「京都にも沖縄にもどこにも米軍基地はいらない!Xバンドレーダー基地建設着工反対!京丹後現地集会」が行われた。


「日本と中国が近づくことは、世界平和のキーワードに」 〜東アジア青年交流プロジェクト報告会 2014.3.19

記事公開日:2014.3.19取材地: テキスト動画

 「戦争記念館は、平和を発信する基地として機能しうる。日中の若者が歴史を学び、話し合うことが未来を作る」──。

 2014年3月19日、大阪市浪速区の討論Bar “シチズン” で、東アジア青年交流プロジェクト事務局長の佐藤大氏が、昨年11月の中国訪問について報告した。

 同プロジェクトは、前衆議院議員の服部良一氏を代表に、2013年に発足。東アジアの5つの国の若者が相互訪問し合い、交流を通して、東アジアの平和を築くネットワークの構築を目指している。


「自衛隊にいられなくしてやる、と脅された」 ~米軍車両事故で後遺症、イラク派遣の元自衛官が告発 2014.3.13

記事公開日:2014.3.14取材地: テキスト動画

特集 中東

 「ドスンと音がして、気がつくと米軍のベッドの上だった。薬4錠を飲まされ、再び眠りに落ちた。目覚めた時は身体がまったく動かず、首のあたりがすごく痛かった。クウェートで一番良い病院へ行ったが、言葉での意思疎通ができず、痛む顎や首も無理やり動かされ、治療どころではなかった」。元自衛官の池田頼将(よりまさ)氏は、不自由な体で事故当時を振り返った。


「平和な暮らしを守るのは軍隊ではなく、懸命に話し合うこと」山城博治氏(沖縄平和運動センター) 2014.3.8

記事公開日:2014.3.8取材地: テキスト動画

 「石垣市長選の選挙期間中、『石垣島に自衛隊基地を作る』という報道があった。それを自民党県連が問題にし、石破幹事長が日本新聞協会に圧力をかけた」──。山城博治氏は「最近、沖縄の地元紙に対する権力側の攻撃が露骨になってきた」と懸念を表明した。

 2014年3月8日、大阪市東淀川区の協同会館アソシエで、「辺野古埋め立て許さない!オスプレイNO!全国キャラバン出発集会」が開催され、沖縄平和運動センター議長の山城博治氏が講演を行った。主催の沖縄意見広告運動は、山城氏を隊長に、3月24日から全国キャラバンを展開する。


第7回 反戦・反貧困・反差別共同行動 in 京都 2013.10.20

記事公開日:2013.10.20取材地: 動画

 2013年10月20日(日)13時半より、京都市の円山野外音楽堂で「第7回 反戦・反貧困・反差別共同行動 in 京都 変えよう!日本と世界 安倍右翼ナショナリズム政権に抗して」が行われた。辛淑玉氏(人材育成技術研究所所長)、山本太郎・参議院議員、鵜飼哲氏(一橋大学教授)らが登壇した。


東アジア青年交流プロジェクト発足集会 記念講演「東アジアとは何か?―民衆中心の東アジアをいかに創るか?」徐勝氏講演 2013.6.2

記事公開日:2013.6.2 テキスト動画

 前衆院議員の服部良一氏の呼びかけによって、東アジア平和構築のために若者の交流の場を作ることを目的とした「東アジア青年交流プロジェクト」が設立され、発足集会が開催された。集会の冒頭で服部氏は「これまでの歴史認識を抜きに日本の未来を語ることはできない」と歴史認識の重要さを強調。そのために東アジアで共通の平和と歴史をテーマにした勉強会や意見交換の場を作っていく方針を示した。記念講師として登壇した立命館大学特認教授の徐勝氏は、そもそも東アジアというのは日本が便宜的に作り上げた地域概念であり、それを見直すことなしに真の平和構築はありえないとの意見を述べた。