10.19 戦争アカン!京都・おんなのレッドアクション 戦争法反対デモ&スピーチ 2015.10.19

記事公開日:2015.10.19取材地: 動画

 2015年10月19日(月)18時15分から、京都市中京区の京都市役所前で、「10.19 戦争アカン!京都・おんなのレッドアクション 戦争法反対デモ&スピーチ」が行われた。


戦争法は廃止を!街頭演説会&デモ 2015.10.19

記事公開日:2015.10.19取材地: 動画

 2015年10月19日(月)18時30分から、京都市中京区の京都市役所前で、「戦争法は廃止を!街頭演説会&デモ」が行われた。


「戦争法は廃止 めげない、あきらめない 闘いは今から 反撃のアクションはここから」街頭宣伝・デモ 2015.10.17

記事公開日:2015.10.17取材地: 動画

 2015年10月17日(土)12時半より、岡山市・岡山駅東口で「ストップ戦争法!総がかり岡山実行委員会」による安保関連法制に反対する街頭宣伝とデモ行進「戦争法は廃止 めげない、あきらめない 闘いは今から 反撃のアクションはここから」が行われた。250人(主催者発表)が参加した。


「政治や社会にコミットしないでなんでものが作れるのか」 〜「自由と平和のための東京藝術大学有志の会」が旗揚げ集会 2015.10.14

記事公開日:2015.10.14取材地: テキスト動画
「自由と平和のための東京藝術大学有志の会」旗揚げ集会

 参議院で安保法制がまさに強行「採決」されようとしていた9月なかば、国会前抗議の最前列で常に存在感をしめしていた「自由と平和のための東京藝術大学有志の会」。同会は2015年10月14日、東京藝術大学上野キャンパスで旗揚げ集会を行った。


「抵抗しても無駄だ」とばかりに国民に無力感を与える安倍政権への対抗手段とは? ~中野晃一氏「デモの質的変化」に希望を見い出す 2015.9.26

記事公開日:2015.10.6取材地: テキスト動画

特集 安保法制反対メッセージ
※10月6日テキストを追加しました!

 講演会場はたいへんな熱気につつまれていた。会場は立錐の余地もなく、立ち見の客であふれている。

 安全保障関連法の成立から約1週間後の2015年9月26日、東京都内で開かれた上智大学教授の中野晃一氏の講演会。

 冒頭、立ち見が出るほど盛況な客席に目をやった中野氏は、「これは、今の日本の状況が、それだけ悪いことの現れでもある」と苦笑した。そして、「(安保法が成立し)今は、かなり絶望的な状況であることを認めねばならないが、一方では、形容しがたい希望が自分の中に宿っている。みなさんも、そうではないか」と集まった市民らに呼びかけた。


戦争推進の創価学会公明党に抗議するデモ 2015.10.4

記事公開日:2015.10.4取材地: 動画

 2015年10月4日(日)、公明党に抗議する会が主催する「戦争推進の創価学会公明党に抗議するデモ」が、東京新宿区にある柏木公園で行われた。


【スピーチ全文掲載】「今日がダメなら明日、明日がダメなら明後日、明後日がダメなら明々後日。民主主義を存在させるのは私たち一人ひとり」――SEALDsかりんさんが参院での「凶行」直後に国会前スピーチ 2015.9.24

記事公開日:2015.9.24取材地: テキスト動画

特集 安保法制

 「安倍さん、強行採決しても国民はすぐ忘れると思っているようですが、私たちをナメないでください」――。

 2015年9月17日、平日の深夜にもかかわらず多くの人が国会前に集まった。特別委員会において委員外の自民党議員も乱入しての鴻池委員長の包囲、議事録に明確な記載もないまま採決の強行が押し通された日である。


戦争いやだ!区民集会&パレード 2015.9.24

記事公開日:2015.9.24取材地: 動画
戦争いやだ!区民集会&パレード

 2015年9月24日(木)、東京都足立区の千住中居町公園で『戦争いやだ!足立憲法学習会』実行委員会主催による「戦争いやだ!区民集会&パレード」が行なわれた。


【異常警備が敷かれた9.16国会前】抗議する市民を力づくで引きずっていく警官隊!巻き添えをくらったIWJ代表・岩上安身、脚立から転落し、負傷 2015.9.22

記事公開日:2015.9.22取材地: テキスト動画

 安保法案の審議がいよいよ佳境に入った。国会前には連日、降りしきる雨をものともせず、多くの市民が集まって「廃案」の声を上げている。国民の「声」が、車道いっぱいに広がる形で可視化されるのを政権は恐れているのか、警察官による攻撃的で過剰な警備は日ごとに増してゆき、9月16日、ピークに達した。

 9月16日、警察の強硬な警備で13人もの逮捕者を出した大荒れの国会前での抗議集会。歩道から車道へあふれ出る抗議の市民を、スクラムを組んで押し返す警官隊。市民の圧力に押されると、先頭の市民を一人ずつごぼう抜きにして、見せしめのように逮捕した。


NO WAR デモ―戦争法案は絶対廃止しよう!― 2015.9.22

記事公開日:2015.9.22取材地: 動画

 2015年9月22日(火)、「NO WAR デモ―戦争法案は絶対廃止しよう!―」が開催され、東京都渋谷区の代々木公園を出発して、デモ抗議を行った。


【スピーチ全文掲載】「この法案が通って死ぬのは民主主義ではなく、現政権とその独裁政治です」——SEALDs関西、大澤茉実さんが9.19安保法制成立直後の国会前でスピーチ 2015.9.21

記事公開日:2015.9.21取材地: テキスト動画

特集 安保法制

 「民主主義は止まらないんです。次の選挙で彼らを必ず引きずり下ろしましょう。それができるのは、できるのも、しなきゃいけないのも、政治家ではない私たちです。やれることは、全部やる。私は絶対に諦めません」——。

 深夜4時にも関わらず数千人の市民が残った国会前は、「SEALDs KANSAI」(シールズ関西)の大沢まみさんのスピーチに歓声がわき上がった。

 2015年9月18日(19日未明)深夜2時半過ぎ、安保法制は参議院本会議で可決・成立した。前日の17日の特別委員会で安倍政権は、委員外の自民党議員が乱入して委員長を包囲し、野党議員の「票決権」を奪い採決を強行しようと試みた。


安保法にNO!9.21 Peace Day Action 2015.9.21

記事公開日:2015.9.21取材地: 動画

 2015年9月21日(月)、JR渋谷駅ハチ公前で「安保法にNO!9.21 Peace Day Action」が行われた。


さよなら、戦争法案。神奈川学生デモ 2015.9.20

記事公開日:2015.9.20取材地: 動画
さよなら、戦争法案。神奈川学生デモ

 2015年9月20日(日)、横浜市でかながわ学生デモ実行委員会主催による「さよなら、戦争法案。神奈川学生デモ」が行われた。


憲法違反許さない、安倍政権へNO!の民意を叩きつけよう!吉祥寺PEACEパレード第2弾 2015.9.20

記事公開日:2015.9.20取材地: 動画

 2015年9月20日(日)15時30分より、PEACEパレード実行委員会主催により、憲法違反許さない、安倍政権へNO!の民意を叩きつけよう!吉祥寺PEACEパレード第2弾が行われた。


9.19戦争アカン!女性の共同街頭アピール&スピーチ@マルイ前 2015.9.19

記事公開日:2015.9.19取材地: 動画

 2015年9月19日(土)18時より、京都・四条河原町の京都マルイ前でこの日成立した安保関連法への抗議行動「9.19戦争アカン!女性の共同街頭アピール&スピーチ@マルイ前」が行われた。


総がかり行動実行委員会主催 国会正門前抗議行動・集会 2015.9.19

記事公開日:2015.9.19取材地: 動画

 2015年9月19日(土)9時より、東京・永田町の国会議事堂正門前にて、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会主催による、総がかり行動実行委員会主催 国会正門前抗議行動・集会が行われた。


戦争法案に反対する京都高校生デモ 2015.9.19

記事公開日:2015.9.19取材地: 動画

 国会で安保関連法が可決・成立した2015年9月19日(土)、京都市で安保関連法に反対する高校生グループ SCHOOL OF DEMOCRACY(スクール・オブ・デモクラシー)が主催する「戦争法案に反対する京都高校生デモ」があり、700人(主催者発表)が参加した。参加者の声を聞いた。


戦争法案に反対する怒りの緊急サウンドドラムデモ 2015.9.19

記事公開日:2015.9.19取材地: 動画

 北海道・旭川の若者グループ A.F.M.A.(アフマ)が主催して、2015年9月19日(土)14時半より旭川市内で「戦争法案に反対する怒りの緊急サウンドドラムデモ」を行った。400人(主催者発表)の参加者が、この日未明に可決・成立した安保関連法に反対して、法律の撤回や安倍首相退陣、賛成議員の落選を訴えた。


ストップ戦争法!総がかり岡山実行委員会・街宣行動 2015.9.19

記事公開日:2015.9.19取材地: 動画

 未明に安全保障関連法が参院本会議で可決・成立した2015年9月19日(土)、岡山市・岡山駅東口で「ストップ戦争法案!総がかり岡山実行委員会」による街宣行動が13時より行われた。


【インタビュー全文掲載】「芸能人である前に、市民であり国民です」石田純一さんにIWJが直撃取材!「将来に対する義務として、『戦争法案』に反対します」自民党改憲案に強い危機感を示す 2015.9.18

記事公開日:2015.9.18取材地: テキスト動画

 「やっぱりこの平和は、世界に誇っていいと思う」――。俳優の石田純一さんが2015年9月18日、国会前抗議でのスピーチ後、現場でIWJ記者の直撃インタビューに応えた。

 芸能人の政治的発言がタブー視される中、国会前で声を上げた理由について、石田さんは、「芸能人である前に、市民であり国民であるので、将来に対する、我々の『義務』だと思って、こういう『戦争法案』に反対します」と語った。