財務省は「賃金伸び率の偽装」に気づいていた!? 財務官僚は明確に否定せず!国民民主・山井和則議員「『前年比の賃金が伸びてますよ』って騙されていたのは、国民だけじゃないですか!」~1.26野党合同ヒアリング 2019.1.25

記事公開日:2019.1.27取材地: 動画

 2019年1月25日(金)16時半より東京都千代田区の衆議院にて、勤労統計不正「賃金偽装」野党合同ヒアリングにおいて、厚生労働省の「毎月勤労統計」が偽装されていた問題、特別監察委員会の調査結果、基幹統計の再点検、平成29年度国民経済計算年次推計(フロー編)再推計結果などについて問いただした。


国民民主党・山井和則衆議院議員「閣議決定違反が明らかになった。国会を開いて障害者の方々に参考人として来て頂き議論することが償いになる」~8.24障害者雇用水増し問題 野党合同ヒアリング 2018.8.24

記事公開日:2018.8.31取材地: テキスト動画

 2018年8月24日(金)に衆議院議員会館本館にて、府省庁より障害者雇用の実態(水増しがあるか否か)について、障害者雇用水増し問題 野党合同ヒアリングが行われた。前回の宿題、水増し人数等の回答は、各省庁の担当者は口をそろえて「精査中」だった。


衝撃的!! 三権分立は崩壊している!? 官邸が法務省・黒川弘務事務次官に何度も巻きを入れた!! 圧力をうけた検察が不起訴処分にした裏付け発覚!? ~財務省「森友文書」改ざん問題 野党合同ヒアリング 2018.6.21

記事公開日:2018.6.23取材地: 動画

 2018年6月21日(木) 13時より東京都千代田区の衆議院にて、財務省「森友文書」改ざん問題 野党合同ヒアリングが実施され、共産党が公表した「航空局長と理財局長との意見交換概要」についてなど野党議員による追及が行われた。


麻生大臣「はめられた」発言は2次加害発言!麻生大臣の辞任を要求!「被害者を加害者扱い!女性の人権をどう考えてるんですか!」山井和則議員が涙ながらに訴え~4.24 財務省セクハラ問題 野党合同ヒアリング 2018.4.24

記事公開日:2018.4.26取材地: テキスト動画

 「抱きしめていい?」「おっぱい触っていい?」「手縛ってあげるから」――テレビ朝日の女性記者に対して、露骨なセクハラ発言をくり返したと「週刊新潮」4月19日号で報じられ、「セクハラ事務次官」として非難を集めた福田淳一前事務次官。

 決定的な証拠としてセクハラ発言の音声テープが公開されても、福田氏本人はセクハラ行為を全面否定。さらに新潮社に対して名誉毀損訴訟も辞さないとの見解まで表明した。


情報を出さず官邸を守ろうとする内閣府を野党議員らが追及!希望の党・山井和則衆院議員が迫る!「国会の審議の妨害だ!」~4.20加計学園「首相案件」問題 野党合同ヒアリング 2018.4.20

記事公開日:2018.4.21取材地: 動画

 2018年4月20日(金)14時半より東京都千代田区の衆議院にて、加計学園「首相案件」問題 野党合同ヒアリングが実施され、内閣府から文科省に今治市職員が官邸を訪問するとメールで連絡した件について関係省庁への聴き取りが行われた。


財務省はまだ隠蔽!? 添付のはずの「本省相談メモ」について「決裁文書になるかは見てみないとわかりません」!? 野党議員らは未開示理由を徹底追及!〜「森友文書」改竄問題 野党合同ヒアリング 2018.3.29

記事公開日:2018.3.31取材地: 動画

 2018年3月29日(木)、東京都千代田区の衆議院本館にて「森友文書」改ざん問題に関する野党合同ヒアリングが実施され、財務省、関係省庁への聴き取りが行われた。


【森友文書】昭恵夫人の発言を否定する安倍総理は「財務省の決裁文書を否定したことになりかねない!」山井和則議員が昭恵夫人の関与を徹底追及!~財務省「森友文書」ねつ造疑惑 野党合同ヒアリング 2018.3.14

記事公開日:2018.3.14取材地: 動画

 2018年3月14日(水) 10時半より東京都千代田区の衆議院本館にて、財務省「森友文書」ねつ造疑惑 野党合同ヒアリングが行われた。


信憑性のないデータを元に推進する裁量労働制について野党議員らが厚労省を追及!長時間労働、過労死の問題には「分からない」と歯切れの悪い答弁――第9回「働き方改革虚偽データ疑惑」野党合同ヒアリング 2018.2.22

記事公開日:2018.2.26取材地: 動画

 2018年2月22日(木)17時30分より東京都千代田区の衆議院本館にて、第9回「働き方改革虚偽データ疑惑」野党合同ヒアリングが行われた。


衆院選 希望の党 山井和則候補 街頭演説(京都6区) 2017.10.11

記事公開日:2017.10.11取材地: 動画

 2017年10月11日(水)19時より、奈良県奈良市の近鉄高の原駅前で、希望の党から立候補した山井和則氏の街頭演説が行われた。


衆院選 希望の党 山井和則候補 街頭演説(京都6区) 2017.10.11

記事公開日:2017.10.11取材地: 動画

 2017年10月11日(水)、京都府相楽郡のJR祝園駅西側ロータリーで、希望の党から立候補した山井和則氏の街頭演説が行われた。


衆院選 希望の党 山井和則候補 街頭演説・練り歩き(京都6区) ―応援弁士:蓮舫議員 2017.10.11

記事公開日:2017.10.11取材地: 動画

 2017年10月11日(木)、京都府宇治市の宇治橋商店街入り口にて、京都6区で希望の党から出馬した山井和則氏の街頭演説が行われ、民進党の蓮舫議員が応援に駆けつけた。


「安倍総理の『すべてが公開されている』は虚偽答弁でいいわけ?」~山井和則議員らが内閣府にWG議事録提出を要求!谷査恵子氏の人事異動も追及!!――民進党「加計学園疑惑調査チーム会合」 2017.8.16

記事公開日:2017.8.17取材地: 動画

 2017年8月16日(水) 15時より東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、民進党 国会対策委員会「加計学園疑惑調査チーム会合」が行われた。


民進党国会対策委員会 今井雅人議員、山井和則議員、宮崎岳志議員、玉木雄一郎議員らが『森友学園』国会質疑を報告 ~「極右学校法人の闇」第50弾! 2017.3.8

記事公開日:2017.3.22取材地: 動画

 2017年3月8日(水)15時より東京都千代田区の衆議院本館 第4控室にて、民進党 国会対策委員会によるテーマ「森友学園」の記者会見が行われた。


「むしろ、きちんとやるべきは松井知事だ」――玉木議員、福島議員らが松井知事の「開き直り」に憤り!~私学課長らは虐待情報について笑い飛ばす!「瑞穂の國記念小學院」現地視察報告~「極右学校法人の闇」第23弾! 2017.3.1

記事公開日:2017.3.2取材地: テキスト動画

 「ひょっとしたら産廃なんてなかったのに、あったとして8億円を算定したのではないか、そういう疑問が膨らんだ」

 大阪府豊中市の国有地が鑑定額の9億円から8億円以上も値引きされて「学校法人森友(もりとも)学園」に払い下げられていた問題で、2017年2月28日、民進党の「森友学園調査チーム」が現地調査を行い、翌3月1日に記者会見を行った。今回で2度目の現地視察となった辻元清美議員は、上記のように率直な感想を述べた。


民進党国会対策委員会による関係省庁へのヒアリング~議題:TPP(SBS価格偽装問題等)について 2016.9.28

記事公開日:2016.9.29取材地: 動画

特集 TPP問題

 2016年9月28日(水) 13時より、東京都千代田区の衆議院内にて、TPP(SBS価格偽装問題等)について、民進党国会対策委員会による関係省庁へのヒアリングが行なわれた。


民進党「年金運用『5兆円』損失追及チーム」会議 2016.7.1

記事公開日:2016.7.1取材地: 動画

 2016年7月1日9時より、東京都千代田区の衆議院内にて、民進党「年金運用『5兆円』損失追及チーム」による会議が開かれ、GPIFが年金損失の発表を選挙後に先送りしている流れについて、民進党の山井和則衆議院議員にインタビューを行った。


国対ヒアリング-議題「安倍総理の記者会見について」 2016.6.2

記事公開日:2016.6.3取材地: 動画

 2016年6月2日、東京都千代田区の衆議院内にて、1日に行われた安倍総理の記者会見での発言について、安倍政権公約違反調査チームによる国対ヒアリングが行われた。


「国民に判断材料を与えないのは損失よりも悪質だ」〜アベノミクスで年金5兆円が消えた!?――民進党・追及チームが安倍政権の情報隠しを批判 2016.4.8

記事公開日:2016.4.9取材地: テキスト動画

※4月9日テキストを追加しました!


民主党・甘利前大臣疑惑追及チーム会合 2016.2.23

記事公開日:2016.2.23取材地: 動画

 2016年2月23日、東京都千代田区の衆議院内にて、民主党・甘利前大臣疑惑追及チームの会合が行われた。


国民の年金が安倍政権の人気取りと企業支配に利用される!? 厚労省がGPIFによる株式への直接投資「解禁」に向け、検討開始 2015.12.10

記事公開日:2015.12.30取材地: テキスト動画

 厚労省は、公的年金資金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による株式への直接投資の解禁について、検討を始めた。これを受けて、民主党の山井和則・衆議院議員は2015年12月10日、民主党による厚生労働省に対するヒアリングの場で懸念を示した。

 「どこの株を買うか、極端な話、安倍総理の意向で決めることができる、ということか」。