信憑性のないデータを元に推進する裁量労働制について野党議員らが厚労省を追及!長時間労働、過労死の問題には「分からない」と歯切れの悪い答弁――第9回「働き方改革虚偽データ疑惑」野党合同ヒアリング 2018.2.22

記事公開日:2018.2.26取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年2月22日(木)17時30分より東京都千代田区の衆議院本館にて、第9回「働き方改革虚偽データ疑惑」野党合同ヒアリングが行われた。

<会員向け動画 特別公開中>

■ハイライト

■全編動画

  • 内容:野党6党(立憲民主党、希望の党、民進党、共産党、自由党、社民党)による合同ヒアリング厚生労働省からのヒアリング
  • 日時 2月22日(木)17:30~
  • 場所 衆議院本館 2F 第16控室(東京都千代田区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です