米国の要請でホルムズ海峡への自衛隊派遣が検討されるなか、敗戦から74年目の8月15日、参拝者にそれぞれの思いをたずねる~8.15靖国神社参拝者・千鳥ヶ淵墓苑献花者へのインタビュー 2019.8.15

記事公開日:2019.8.15取材地: テキスト動画

※2019年8月16日、テキストを追加しました。

 2019年8月15日は終戦から74年目となる。今年もIWJは靖国神社と千鳥ヶ淵へ行き、参拝者に取材を行った。終戦から74年の歳月が経ち、参拝者は戦争経験者が少なくなる中で、子供連れの家族が多い印象だった。

 埼玉県から来たという女性は、IWJ記者のインタビューに「毎年来ている。シベリアで叔父が抑留され戻って来た。苦労した人も多いため、そうした方々に想いを馳せるつもりで参拝しに来た」と答えた。インタビューした人の多くが、身内や祖先に戦死者がいるから、という理由で参拝に来ていた。


敗戦から73年 追悼や感謝「戦争」についての社会勉強~それぞれの思いで集う8.15千鳥ヶ淵墓苑献花者・靖国神社参拝者へのインタビュー 2018.8.15

記事公開日:2018.8.22取材地: テキスト動画

 戦後73年、平成最後の節目となる「終戦記念日」2018年8月15日(水)東京都千代田区にてIWJリポーターが、靖国神社参拝者、千鳥ヶ淵墓苑献花者にインタビューを行なった。

 IWJは毎年、両方の施設に参拝される方々の思いを聞きとり続けている。今年もまた、新たな思いで手をあわせに来る方々の声を聞くことができた。


改憲と教育の無償化を結びつける安倍総理に「安易すぎる『国民』のイメージが残念」――千鳥ヶ淵戦没者墓苑を初訪問の学生たちがリアルな心中を吐露! 今年もIWJは「敗戦の日」に靖国取材 2017.8.15

記事公開日:2017.8.15取材地: 動画独自

 2017年8月15日(火) 、東京都千代田区の千鳥ケ淵戦没者墓苑 苑内、靖国神社 敷地外にて、千鳥ヶ淵墓苑献花者・靖国神社参拝者へのインタビューが行われた。


「安倍政権の戦争ができる国づくりを阻止するため、国民の力で、全力で9条改悪と闘わなくてはならない!」――「戦没者追悼、平和を誓う8・15集会」で福島みずほ議員らが平和を語る 2017.8.15

記事公開日:2017.8.15取材地: 動画

 2017年8月15日(火)11時55分より、東京都千代田区の千鳥ケ淵国立戦没者墓苑にて戦争犠牲者追悼、平和を誓う8・15集会が行われた。


千鳥ヶ淵戦没者墓苑献花者の様々な思い 「日本は不戦の国であるように」 2014.8.15

記事公開日:2014.8.16取材地: テキスト動画

 敗戦から69年目を迎えた8月15日。太平洋戦争中、海外で死亡した日本人のうち、身元不詳で遺骨の引き取り手がない戦没者の霊を慰めるための千鳥ヶ淵戦没者墓苑で、献花が行われた。

 安倍総理はこの日、午前中に千鳥ヶ淵戦没者墓苑を訪れ、献花を行った。献花場所にいた報道陣の前に、複数の護衛の人間と姿を表した安倍総理は、係の者から花束を受け取り、献花。記者からの質問には答えず、無言のまま千鳥ヶ淵戦没者墓苑を去った。この間、わずか2分にも満たなかったという。