ネットにおける市民の言論の自由を守るため、岩上安身が不当判決に控訴することを表明! 9.12橋下徹氏によるIWJ岩上安身への「スラップ訴訟」判決後の記者会見 2019.9.12

記事公開日:2019.9.13取材地: 動画

記事一覧◆ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
※全編動画を特別公開中です。言論の自由を守るため、皆さまどうかご支援のほど、よろしくお願いします。ご寄付・カンパでのご支援はこちら→ https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 2019年9月12日(木)16時より、大阪市の大阪地裁 司法記者クラブにて、橋下徹氏によるIWJ・岩上安身への「スラップ訴訟」判決後の記者会見が開かれた。リツイートを巡り、岩上安身が橋下徹・元大阪府知事から名誉毀損で損害賠償請求されていたスラップ訴訟の一審判決で、大阪地裁(末永雅之裁判長)は橋下氏の訴えを認め、岩上安身は判決翌日の9月13日、これを不当判決として控訴した。


IWJの岩上安身が橋下徹元大阪府知事から名誉毀損で損害賠償請求されているスラップ訴訟で、大阪地裁(末永雅之裁判長)が橋下氏の訴えを認める不当判決! 弁護団は声明を発表! 2019.9.13

記事公開日:2019.9.13 テキスト

 9月12日午後1時10分より、大阪地裁第1010法廷で、IWJの岩上安身が橋下徹元大阪府知事から名誉毀損で損害賠償請求されているスラップ訴訟の判決の言い渡しが行われた。末永雅之裁判長は橋下氏の訴えを認め、岩上安身に33万円の支払いを命じた。

 岩上安身と弁護団は不当判決であるとして、直ちに控訴することを決めた。弁護団長の梓澤和幸弁護士は、以下のように声明を発表した。


橋下徹氏によるリツィートスラップ訴訟の一審判決は9月12日!大阪地裁の判断にぜひご注目を!! 2019.9.8

記事公開日:2019.9.8 テキスト

 IWJの岩上安身が橋下徹元大阪府知事から名誉毀損で損害賠償請求されているスラップ訴訟の判決の言い渡しが、いよいよ9月12日木曜日午後1時10分から、大阪地裁第1010法廷にて行われます。


緊急!! 重要です!! 3月27日水曜日、橋下徹氏による岩上安身への不当なスラップ訴訟で岩上・橋下の両当事者が出廷し尋問が行なわれます。このスラップによる岩上安身およびIWJへの直接・間接の被害は1800万円と甚大のものに!今期末は約1000万円の赤字の見通し!どうか皆様、緊急のご支援のお願いです! 2019.3.24

記事公開日:2019.3.24 テキスト

皆様

 いつもIWJをご支援いただき、誠にありがとうございます。IWJ代表の岩上安身です。

 大阪府知事・大阪市長「スワップ選挙」が迫る3月27日、元大阪府知事の橋下徹氏による私、岩上安身へのスラップ訴訟の、第6回口頭弁論が行われます。一昨年の年末に訴状が届き、昨年4月に裁判が始まり1年が過ぎようとしている中、私と橋下氏が法廷で対峙するという、最大の山場を迎えます。


普天間基地「関西受け入れ」の真意について岩上安身が橋下徹大阪府知事に直撃!「政府から話が来れば、関西でも基本的には受け入れる方向で検討はしていきたい」 2009.11.30

記事公開日:2019.3.6取材地: テキスト動画

 2009年11月30日、「関西にも米軍の基地負担を」という橋下徹大阪府知事の「爆弾発言」会見が、日本中で大きな波紋を呼んだ。2009年11月30日(月)朝9時、大阪府庁での橋下知事の囲み会見において、空港と普天間基地問題に関して岩上安身が行なった質問と、橋下知事の答えを全文掲載する。(※注)


全国知事会に出席する橋下徹大阪府知事に岩上安身が普天間移設問題を取材!「始めから拒否するんじゃなくて受け入れを前提に議論するということを、知事会として表明すべき」! 2009.12.17

記事公開日:2019.3.6取材地: テキスト動画

 2009年12月17日午後、平河町の都道府県会館で行われた全国知事会に出席する橋下徹大阪府知事を、岩上安身が取材し、普天間移設問題と関西空港について質問した。


橋下徹氏と維新の会に関連するIWJコンテンツ(動画・記事)の一覧表を公開! 岩上安身をスラップ提訴し、さらには国政進出をもくろみ、野党再編にまで手を突っ込む野心家橋下徹氏の「正体」とは!? 2019.1.6

記事公開日:2019.1.9 テキスト

訴権濫用による違法なスラップ訴訟に対し、岩上安身が300万円の損害賠償を橋下氏に求め反訴を提起! 第三回口頭弁論で、坂仁根弁護士がおこなった弁論要旨 2018.12.8

記事公開日:2018.12.8 テキスト

 2018年8月23日午前11時より、大阪地裁第1010号法廷にて、橋下徹氏によるIWJ岩上安身へのスラップ訴訟「平成30年(ワ)1593号 損害賠償請求事件」の、第三回口頭弁論がおこなわれた。なお、この日に先立つ8月13日には、岩上安身が反訴原告となって橋下徹氏に対し、損害賠償を求める反訴「平成30年(ワ)第7160号 損害賠償請求反訴事件」を提起している。


【お詫びと報告】「不可逆的な容態」を引き起こす可能性も!新たな診断書が交付された岩上さんは、橋下徹氏によるスラップ訴訟の第五回口頭弁論に出廷できません。早期復帰に向け自宅療養に専念します! 2018.12.6

記事公開日:2018.12.6 テキスト

 10月30日に冠攣縮性狭心症の発作に見舞われた岩上さんは、主治医から自宅安静と診断されました。11月に予定されていたインタビューも、先生方に事情を説明してその多くを延期するなど、ほとんどの仕事をキャンセルして、現在は自宅療養に徹しています。


橋下知事時代の大阪府職員自殺と箝口令! 「自殺に追い込んだ」という表現は、当時広く流布されていた! 第二回口頭弁論で、西晃弁護士がおこなった弁論要旨 2018.10.25

記事公開日:2018.10.25 テキスト

 2018年6月21日午前11時より、大阪地裁第1010号法廷にて、橋下徹氏によるIWJ岩上安身へのスラップ訴訟「平成30年(ワ)1593号 損害賠償請求事件」の、第二回口頭弁論がおこなわれた。6月15日に弁護団が提出した被告準備書面にもとづいて西晃弁護士がおこなった弁論の要旨を、以下に掲載する。


「原告の訴えは、訴権の濫用にあたるスラップであり、本件請求は却下されるべきである」第一回口頭弁論で、梓澤和幸弁護士がおこなった弁論の要旨を掲載! 2018.10.24

記事公開日:2018.10.24 テキスト

 2018年4月19日午前11時より、大阪地裁第1010号法廷にて、橋下徹氏によるIWJ岩上安身へのスラップ訴訟「平成30年(ワ)1593号 損害賠償請求事件」の第一回口頭弁論がおこなわれた。この日、被告側弁護団の弁護団長である梓澤和幸弁護士がおこなった弁論の要旨を、以下に掲載する。


台風20号接近による暴風雨が予想されたにもかかわらず、多くの市民が傍聴席にかけつけた!橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟・第三回口頭弁論と報告集会 2018.8.23

記事公開日:2018.9.29取材地: テキスト動画

 8月23日午前11時より、橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟の第三回口頭弁論が、大阪地裁第1010号法廷においておこなわれた。

 この日に先立つ8月13日に岩上安身は、不当なスラップ訴訟による損害賠償を求めて、橋下徹氏に対する反訴を提起している。したがって今後は岩上安身は、橋下氏からのスラップ訴訟(本訴)においては被告であり、岩上安身が提起した反訴においては、反訴原告という立場となる。少しわかりにくいが、これから先は本訴と反訴が、ひとつの法廷で同時進行するという形になる。


橋下徹氏からツイートひとつで提訴された有田芳生参院議員が第一審勝訴!大阪地裁が「危険の引き受けの法理」を名誉棄損訴訟に初めて適用した画期的判決!岩上安身への橋下徹氏からのスラップ提訴にも会見で言及!~8.27報告記者会見 2018.8.27

記事公開日:2018.9.20取材地: テキスト動画

 有田芳生参院議員は、2017年7月、ツイッターで元大阪府知事である橋下徹氏のテレビ番組出演についてのツイートを投稿。橋下氏は2017年8月、そのツイートにより名誉が侵害され精神的苦痛を受けたとして500万円の損害賠償を求め提訴し、2018年8月8日、大阪地裁で橋下氏の請求を棄却する判決が出された。


新たなスラップの予告!? 原告の橋下徹氏から「スラップ訴訟と主張すること自体が新たな名誉毀損」という驚くべき反論が! 2018.6.21

記事公開日:2018.6.29取材地: テキスト動画

記事一覧◆ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
※2018年9月29日、テキストを追加しました(日刊IWJガイド2018.6.22号より)。

 6月21日11時より、橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟の第二回口頭弁論が大阪地裁第1010法廷で開かれた。4月19日の第一回口頭弁論に続き、今回も傍聴席がいっぱいになるほど、多くの方がかけつけた。


たったひとつの削除済みのリツイートに対して100万円の損害賠償請求!? 傍聴席は埋め尽くされた! 橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟・第一回口頭弁論 2018.4.19

記事公開日:2018.4.25取材地: テキスト動画

記事一覧◆ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
※2018年9月29日テキストを追加しました(日刊IWJガイド2018.4.21号より)。

 2017年の暮れ、元大阪府知事・橋下徹氏からIWJ代表でジャーナリストの岩上安身のもとに、突然一通の訴状が届いた。それは「橋下徹氏が府知事だった時代に府の幹部を自殺に追い込んだ」という内容のツイートを、岩上安身がリツイートしたことが名誉棄損にあたるとして、100万円の損害賠償を求めるものであった。事前に抗議や謝罪要求は一切なく、しかも数あるリツイート者の中から岩上一人を狙い撃ちにしての提訴である。


スラップ訴訟!LEGAL TERRORISMの危険性を訴える!岩上安身によるインタビュー 第857回 ゲスト ジャーナリスト 烏賀陽弘道氏 パート1 2018.4.9

記事公開日:2018.4.18取材地: 動画独自

記事一覧◆ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年4月9日(月) 15時半より東京都港区のIWJ事務所にて、「スラップ訴訟とは何か 裁判制度の悪用から言論の自由を守る」の著者でジャーナリストの烏賀陽弘道(うがや ひろみち)氏に岩上安身がインタビューを行った。


松井大阪府知事が米山新潟県知事を提訴!岩上安身にも橋下徹氏から不当な提訴が!言論の自由を強く委縮させ、抑圧するためのSLAPPとの疑念!? ~岩上安身によるインタビュー 第841回 ゲスト 米山隆一氏 2018.2.16

記事公開日:2018.3.3取材地: 動画独自

※公共性に鑑み、全編動画をフルオープンで公開中!

 2018年2月16日(金)、新潟市中央区の新潟県知事公舎にて、米山隆一 新潟県知事に岩上安身がインタビューを行い、松井一郎大阪府知事が米山氏を提訴した件について伺った。


県には原発運転停止の権限がある!同意ない柏崎刈羽原発の再稼働なら法的手段も辞さない!? 〜地方自治が制限される「緊急事態条項」は不要と断言!~岩上安身によるインタビュー 第840回 ゲスト 新潟県・米山隆一知事 2018.2.16

記事公開日:2018.3.2取材地: 動画独自

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年2月16日(金)17時40分より新潟市中央区の新潟県知事公舎にて、岩上安身による新潟県知事 米山隆一氏へのインタビューが行われた。


The Ten Thousand Dollar Retweet(the replicate from THE SNA) FEB 04, 2018 by MICHAEL PENN in POLITICS 2018.2.21

記事公開日:2018.2.21 テキスト

※この記事は新月通信社の許可を得て転載しています。
※Below is the replicate of THE SNA article, which they allowed IWJ to do so. To read the original article, please click the following URL;
http://shingetsunewsagency.com/2018/02/04/ten-thousand-dollar-retweet/


FORMER MAYOR OF OSAKA CITY TORU HASHIMOTO FILES SLAPP SUIT AGAINST A FAMOUS JAPANESE JOURNALIST YASUMI IWAKAMI 2018.2.2

記事公開日:2018.2.21取材地: テキスト動画

MR. TORU HASHIMOTO FILES SLAPP SUIT AGAINST IWJ PRESIDENT YASUMI IWAKAMI–“Although the cause of appeal this time is perhaps the tiniest in the world, so tiny that it could be listed in Guinness World Records, I worry that the freedom of speech will suffer a setback on a colossal scale. Japan needs anti-SLAPP law,” said Iwakami in a press conference at the FCCJ.