埼玉選挙区 幸福実現党 谷井美穂 街頭演説 2013.7.4

記事公開日:2013.7.4取材地: 動画

 2013年7月4日(木)、浦和駅西口で、幸福実現党 谷井美穂が街頭演説を行った。


山口代表「皆さんの力で、ねじれを解消させてください」 ~埼玉選挙区 公明党 矢倉かつお 街頭演説 2013.7.4

記事公開日:2013.7.4取材地: 動画

 公明党の山口那津男代表は、7月4日の参院選公示日に、埼玉県の大宮で第一声をあげた。山口代表は、現在の国会において衆参のねじれ状態にあることで、国会運営がスピーディーに進まらないと訴え、何としても今回の参院選でねじれの解消をしたいと、有権者に呼びかけた。


「皆さんの力で、ねじれを解消させてください」 ~公明党 山口那津男代表 街頭演説 2013.7.4

記事公開日:2013.7.4取材地: 動画

 公明党の山口那津男代表は、2013年7月4日(木)の参院選公示日に、埼玉県の大宮で第一声をあげた。

 山口代表は、現在の国会において衆参のねじれ状態にあることで、国会運営がスピーディーに進まらないと訴え、何としても今回の参院選でねじれの解消をしたいと、有権者に呼びかけた。


岩上安身のシネマ・トークカフェ「シッコ」in川越 2013.5.26

記事公開日:2013.5.26取材地: 動画独自

 2013年5月26日(日)、埼玉県川越市のキムラヤ八幡通りルームにて、マイケル・ムーア監督が米国の医療の実態を赤裸々に描いた映画「シッコ」の上映会が開かれ、上映後、IWJ代表の岩上安身によるトークカフェが行われた。


「お金がなければ医療さえも受けられない? ~広がる貧困の実態~」宇都宮健児氏講演会 2013.5.26

記事公開日:2013.5.26取材地: テキスト動画

 2013年5月26日(日)18時30分より、さいたま市浦和区の埼玉会館で、「『お金がなければ医療さえも受けられない? ~広がる貧困の実態~』宇都宮健児氏講演会」が開かれた。弁護士の宇都宮健児氏は、貧困の実態について、「相対貧困率が16%になり、6人に1人が貧困状態になってしまった」と、社会保障制度の脆弱性と、その現状を語った。ゲストの吉廣慶子氏は、三郷市生活保護申請拒否裁判について報告。また、藤田孝典氏は、埼玉での貧困者の支援活動の経験から現状を報告し、「貧困は、構造的に作り出されたものだ」と訴えた。


TPP反対デモ深谷 2013.4.14

記事公開日:2013.4.14取材地: 動画

特集 TPP問題

 2013年4月14日(日)15時より、埼玉県深谷市で「TPP反対デモ深谷」が行われた。主催は、反TPP深谷デモ実行委員会。3月15日にTPPへの参加表明をした安倍首相は、今月12日にはアメリカとの事前協議での合意を発表をした。これに反対する約30名程の市民が上柴中央公園に集合し、「医療を守れ」「農業守れ」などとシュプレヒコールしながら市内をデモ行進した。


【IWJブログ:「戦争はしません。でも、事変はやります」獨協大学教授 古関彰一氏インタビュー】 2013.2.12

記事公開日:2013.2.18取材地: テキスト動画

 2013年2月12日(火)、岩上安身が、埼玉県草加市獨協大学教授の古関彰一氏へインタビューを行った。以下、インタビューの実況ツイートを掲載します。


岩上安身による獨協大学教授古関彰一氏インタビュー 2013.2.12

記事公開日:2013.2.12取材地: 動画独自

 2013年2月12日(火)、埼玉県草加市の獨協大学で、憲法史の古関彰一(こせき・しょういち)教授への岩上安身によるインタビューが行われた。


井戸川克隆双葉町長 退任式と記者会見 2013.2.7

記事公開日:2013.2.7取材地: 動画

 2013年2月7日(木)、埼玉県加須市の双葉町役場(旧埼玉県立騎西高校)で、福島県双葉町の井戸川克隆町長の退任式と記者会見が開かれた。式には、役場の職員約60名が集まり、井戸川町長が退任の挨拶を述べた。町長は、原発事故から今までを「海図のない航海」と語り、厳しい環境の中で職務を果たしてきた双葉町職員の労をねぎらった。退任式後に開かれた記者会見では、自身の今後について、具体的な考えはまだないとしながらも、「事故の正しい歴史を残すために頑張りたい。まだまだやりたいことがあるので、そのために力を発揮出来れば」と述べた。


岩上安身による井戸川克隆 双葉町長インタビュー 2013.2.3

記事公開日:2013.2.3取材地: テキスト動画独自

特集 3.11

 2013年2月3日(日)14時から、埼玉県加須市の旧騎西高校内にある福島県双葉町役場埼玉支所で、「井戸川克隆 双葉町長インタビュー」が行われた。1月23日に辞職届けを出した双葉町の井戸川克隆町長が、岩上安身のインタビューに応じた。福島の原発事故を「戦争に匹敵する事態である」と指摘する井戸川町長は、今回の辞職理由、昨年11月28日の中間貯蔵施設に関する会議欠席の真相、細野大臣との信頼関係が崩れていった経緯などを話した。


井戸川克隆双葉町長 不信任決議の回答後の記者会見 2012.12.26

記事公開日:2012.12.26取材地: テキスト動画

 2012年12月26日(水)15時から、埼玉県加須市の双葉町役場(旧埼玉県立騎西高校)で、福島県双葉町の井戸川克隆町長が、記者会見を行った。12月20日に、双葉町議会は本会議を開き、井戸川町長の不信任決議案を全会一致で可決した。この不信任決議を受けて、26日、井戸川町長は町議会を解散し、この日から40日以内に町議会議員選挙が行われることとなった。記者会見で、井戸川町長は「この(原発事故の)事故処理が適切に行われていれば、住民同士の諍いが起きなかったであろう」と述べ、東京電力と政府に対して不信感を露わにした。


民主党 野田佳彦代表 街頭演説 2012.12.15

記事公開日:2012.12.15取材地: 動画

 2012年12月15日(土)、JR大宮駅東口で、民主党 野田佳彦代表 街頭演説が行われた。衆議院選挙前日、午後8時まで30分街頭演説を行った。


日本未来の党 かだ由紀子代表 街頭演説(JR大宮駅前) 2012.12.15

記事公開日:2012.12.15取材地: 動画

 2012年12月15日(土)、JR大宮駅東口で、日本未来の党 かだ由紀子代表 街頭演説が行われた。衆議院選挙を前日に控え、日本未来の党・嘉田由紀子党首が街頭演説を行い、支持を呼びかけた。


自由民主党 安倍晋三総裁 街頭演説 2012.12.15

記事公開日:2012.12.15取材地: 動画

 2012年12月15日(土)、川口駅東口キュポラ広場で、自由民主党 安倍晋三総裁 街頭演説が行われた。駆けつけた自民党の候補者の応援演説を兼ね、自民党への支持を呼びかけた。


埼玉5区全候補 街頭演説(牧原ひでき氏) 2012.12.6

記事公開日:2012.12.6取材地: 動画

 2012年12月6日(木)、埼玉県さいたま市大宮駅東口で、「埼玉5区全候補 街頭演説(牧原ひでき氏)」が行われた。牧原氏は震災で親を失った子供たちの教育のための基金の理事をしている。

 牧原氏は、まず、震災の復興の遅さを「震災時の民主党はハイパーレスキュー隊が東京都にあることや、スピーディーがどこにあるのかも知らなかった」と批判した。領土問題ついて「国際経済、通商が専門分野で、どの政治家よりも外交交渉をやってきた。1回も私のやった交渉、紛争は負けたことがない」と業績を強調。雇用問題については、「イタリア、ギリシャ、スペインは解雇しにくいので雇わなくなる。ドイツは解雇しやすいが同一労働同一賃金。非正規、正規の違いをなくす」とした。


埼玉5区全候補 街頭演説(藤島利久氏) 2012.12.6

記事公開日:2012.12.6取材地: 動画

特集 TPP問題

 2012年12月6日(木)、埼玉県さいたま市大宮駅東口で、「埼玉5区全候補 街頭演説(藤島利久氏)」が行われた。藤島氏は「原発のゴミは、次の世代に後始末を残すか、いま我々がするかだ。この衆議院選挙は脱原発国民投票である」と訴えた。

 TPPについては不参加を表明、「農業問題から見ると、アメリカは広い農地があるから、そこで作った作物を日本に売りつけるということだ」と述べた。そして、日本の農業を守るために「田舎に仕事を作り、都市の若者たち、労働者たちに移り住んでもらう。荒れた畑や田圃を耕す人にお金を出す」とした。


埼玉5区全候補 街頭演説(大石ゆたか氏) 2012.12.6

記事公開日:2012.12.6取材地: 動画

 2012年12月6日(木)、埼玉県さいたま市与野本町駅前で、「埼玉5区全候補 街頭演説(大石ゆたか氏)」が行われた。

 大石氏は「3年前の総選挙で誕生した民主党政権は、アメリカ言いなり、財界優先という自民党型政治を抜け出すことができなかった」と述べ、「消費税増税強行、原発再稼動、TPP推進、オスプレイ配備」を例として挙げた。


埼玉5区全候補 街頭演説(枝野幸男氏) 2012.12.6

記事公開日:2012.12.6取材地: 動画

 2012年12月6日(木)、埼玉県さいたま市のJR与野本町駅前で、衆院選埼玉5区の立候補者、枝野幸男氏の街頭演説が行われた。

 枝野氏は「事業仕分けで、税金の使い方の詳しい内容を国民の誰もが目にすることができ、1兆円を越える税金の無駄を削ることができた。必要な公共事業のため、予算を絞り込んで3割以上削減し、医療費を増やした」と成果を強調した。

 原発については、「すぐやめられない。青森県にある使用済み核燃料は、再処理しない場合には持ち出すという約束だが、他で受け入れ先が見つからない」とした。また、景気対策について、「中小企業予算を増やし、貧困・失業対策によって失業率を改善した。物が売れるようにするには、弱い層を底上げすれば、増えた年収は消費に回り、デフレの解消になる」と語り、続投を訴えた。


緊急集会「原発ゼロ」へのロードマップを考える~国民の生活が第一の脱原発政策の責任者 松崎哲久さんに聞く~ 2012.11.18

記事公開日:2012.11.18取材地: テキスト動画

 2012年11月18日(日)18時30分から、さいたま市の浦和コミュニティセンターで「緊急集会『原発ゼロ』へのロードマップを考える~国民の生活が第一の脱原発政策の責任者 松崎哲久さんに聞く~」が行われた。国民の生活が第一の、脱原発政策の責任者である松崎哲久氏が、ドイツ視察の報告や、脱原発政策の説明を行い、「2022年に原発ゼロ」実現へ向けての具体的なロードマップを示した。


第2回 復興予算奪還のための被災者ヒアリング in 双葉町 2012.11.6

記事公開日:2012.11.6取材地: テキスト動画

 2012年11月6日(火)10時から、埼玉県加須市の双葉町役場埼玉支所(双葉町災害対策本部)で、「第2回 復興予算奪還のための被災者ヒアリング in 双葉町」が行われた。福島から町ごと埼玉に避難している双葉町民からは、定住地(仮の町)の早期創設を強く望む声があがった。