全国メガソーラー問題シンポジウム ~自然と調和した持続可能な社会をめざして~ 2018.10.8

記事公開日:2018.11.4取材地: 動画

 2018年10月8日(月)13時より長野県茅野市の茅野市民館 コンサートホールにて、全国メガソーラー問題シンポジウムが開催され、巨大な面積の森林を伐採してパネルを設置するメガソーラーの環境問題について、造園家の高田宏臣氏、弁護士の梶山正三氏らによる基調講演他、「メガソーラーがやってきた! どうする?どう考える?」と題するパネルディスカッションが行われた。


参院選 長野選挙区 民進党 杉尾秀哉候補 3野党市民合同街頭演説 ―応援弁士 社民党 又市征治幹事長、共産党 志位和夫委員長、民進党 岡田克也代表 2016.7.6

記事公開日:2016.7.7取材地: 動画

 2016年7月6日、長野県長野市の長野駅前にて、参院選 長野選挙区から立候補の民進党 杉尾秀哉候補の3野党市民合同街頭演説が行われ、応援弁士として、社民党 又市征治幹事長、共産党 志位和夫委員長、民進党 岡田克也代表が駆けつけた。


参院選 長野選挙区「野党共同街頭演説」―民進党 杉尾秀哉候補、山尾志桜里 政調会長、北沢俊美参議院議員 2016.7.3

記事公開日:2016.7.5取材地: 動画

 2016年7月3日(日)、長野市の長野駅前にて、民進党 杉尾秀哉候補、山尾志桜里 政調会長、北沢俊美参議院議員らが、参院選 長野選挙区「野党共同街頭演説」を行った。


参院選 民進党 長野選挙区 杉尾秀哉候補 街頭演説 ―応援弁士 民進党 辻元清美・衆院議員 2016.7.1

記事公開日:2016.7.2取材地: 動画

 2016年7月1日(金)、長野県長野市にて、参院選 民進党 長野選挙区 杉尾秀哉候補 街頭演説が行なわれた。辻元清美衆議院議員が応援弁士に駆けつけた。


参院選 民進党 長野選挙区 杉尾秀哉候補 市民と野党の合同街頭宣伝 2016.6.26

記事公開日:2016.6.30取材地: 動画

 2016年6月26日(日)、長野県長野市の 長野市トイーゴ広場にて、参院選 民進党 長野選挙区 杉尾秀哉候補 市民と野党の合同街頭宣伝が行なわれた。


参院選 民進党 長野選挙区 杉尾秀哉候補 個人演説会 2016.6.26

記事公開日:2016.6.30取材地: 動画

 2016年6月26日(日)、長野県長野市の古牧公民館にて、参院選 民進党 長野選挙区 杉尾秀哉候補 個人演説会が行なわれた。


参院選 民進党 長野選挙区 杉尾秀哉候補 第一声 2016.6.22

記事公開日:2016.6.30取材地: 動画

 2016年6月22日(水)、長野県長野市の長野駅前にて、参院選 民進党 長野選挙区 杉尾秀哉候補 第一声が行なわれた。


岩上安身による参院選・野党統一予定候補 杉尾秀哉氏(長野選挙区・民進公認)インタビュー 2016.6.4

記事公開日:2016.6.4取材地: 動画独自

 2016年6月4日(土)、長野県長野市某所にて、岩上安身による参院選・野党統一予定候補 杉尾秀哉氏(長野選挙区)インタビューが行われた。


関東軍・戦争のリアル「満蒙開拓青少年義勇軍」体験者が激白 ~国策触手は10代半ばに「担任教師が入隊を勧めた」 2015.10.15

記事公開日:2016.1.13取材地: テキスト動画

※1月13日テキストを追加しました!

 安倍晋三政権は「一億総活躍社会」を作るのだという。「国民すべて」という意味で「一億総」なのであり、そこには、女性、老人、子どもも含むだろう。政府は、2016年6月をメドに「一億総活躍」政策によって成長率と税収などの経済効果がどの程度出るかを試算する新しい経済モデルを作成するというが、成長と財政再建につながるのか、はなはだ疑問である。

 「一億」という形容は、戦前、戦中にしばしば用いられた。


講演・元農林水産大臣 山田正彦さんが語るTPPの真実 ―TPPが暮らしを壊す―(第2日) 2015.11.7

記事公開日:2015.11.7取材地: 動画

特集 TPP問題

 2015年11月7日(土)、長野県飯田市のJAみなみ信州営農部で、伊那谷未来会議 (FCIV)主催による講演会、「元農林水産大臣 山田正彦さんが語るTPPの真実 ―TPPが暮らしを壊す―」の2日目が行われた。


講演・元農林水産大臣 山田正彦さんが語るTPPの真実 ―TPPが暮らしを壊す―(第1日) 2015.11.6

記事公開日:2015.11.6取材地: 動画

特集TPP問題

 2015年11月6日(金)18時30分から、長野県中川村の望岳荘で、「講演・元農林水産大臣 山田正彦さんが語るTPPの真実 ―TPPが暮らしを壊す―」が開かれた。


阿智村アクション第2弾「戦争法案送り火集会―サヨナラ戦争法案―」 2015.8.28

記事公開日:2015.8.28取材地: 動画

 かつて満蒙開拓団で苦難の歴史を歩んだ長野県の阿智村で、2015年8月26日(水)18時より「戦争法案送り火集会―サヨナラ戦争法案―」が行われた。約140人(主催者発表)の参加者が集会で「戦争やめまい〔=やめよう〕阿智の会」の結成を宣言した後、手に手に提灯を掲げて、安保法制反対を訴え、デモ行進した。


戦争法案STOP! 若者・主権者わいわいデモ 2015.7.25

記事公開日:2015.7.27取材地: 動画

 2015年7月25日(金)16時より、長野市・長野駅周辺で若者からなる「僕らが主権者って知らなくて委員会」(ぼくしゅけ)が主催して安保関連法案に反対するデモ「戦争法案STOP! 若者・主権者わいわいデモ」を行った。


「ユダヤ教は、ただ信じるしかない不条理の世界。だから科学とも戦った」 ~ルネサンスとは何か?服部英二元ユネスコ事務総長顧問が講演 2014.8.1

記事公開日:2014.8.2取材地: テキスト動画

 元ユネスコ(国連教育科学文化機関)事務総長顧問を務めた服部英二氏の講演会が2014年8月1日(金)13時より、長野県諏訪市にある諏訪市文化センターにて開催された。

 服部氏は京都大学大学院博士課程を経て、フランス政府給費留学生としてソルボンヌ大学博士課程に留学。UNESCO(国連教育科学文化機関)広報部主席広報官、文化担当特別事業部長等を歴任し、1994年に帰国、ユネスコ事務局長顧問に就任した。現在は、麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授、道徳科学研究センター顧問を務める。1996年にフランス政府より学術功労章オフィシエ位を、2010年に全国日本学士会からアカデミア賞授与されている。


「地球は寒冷化している」 地球環境の変化とエネルギー政策の展望について聞く~岩上安身による名古屋大学名誉教授・小川克郎氏インタビュー 2014.6.14

記事公開日:2014.7.3取材地: テキスト動画独自

 現在、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第5次報告書が順次発表されている。IPCCが1990年に最初にまとめた報告書は、「人為起源の温室効果ガスがこのまま大気中に排出され続ければ、生態系や人類に重大な影響をおよぼす気候変化が生じるおそれがある」と警告し、CO2の増加による地球温暖化に対して警鐘を鳴らしてきた。

 世界的な「常識」として定着しつつあるこの「地球温暖化」について、「地球は寒冷化している」と異議を唱えるのが、名古屋大学名誉教授で地球環境科学が専門の小川克郎氏である。6月14日、小川氏が居を構える八ヶ岳で、岩上安身がロングインタビューを行った。


福島のこどもたちと一緒にあそぼう、信州上田リフレッシュ合宿 2013 2013.8.7

記事公開日:2013.8.7取材地: 動画

 2013年8月7日(水)、長野県の上田市民の森で、福島のこどもたちと一緒にあそぼう、信州上田リフレッシュ合宿2013が行われた。


どんちゃん祭り〜飯舘村民と語り合う会 2013.8.3

記事公開日:2013.8.3取材地: 動画

 長野県中川村の望岳荘で2013年8月2日から行われている「どんちゃん祭り」で3日(土)10時より、「飯舘村民と語り合う会」が行われた。


ゼロノミクマ君と、唄って、踊って、脱原発!! 2013.7.19

記事公開日:2013.7.19取材地: 動画

 2013年7月19日(金)15時より、長野県松本市の松本パルコ前 花時計公園で「ゼロノミクマ君と、唄って、踊って、脱原発!!」が行われた。主催は、ぴーすプロジェクト。原発ゼロノミクマ君と子供たちが戯れる横では、平行してスピーチが行われた。高校教師の男性は「高校生の皆が40歳になっても50歳になっても、福島の原発からは放射能が垂れ流されている。どんな社会を作って行きたいのか?考えていこう」と訴えた。


「たいせつな私の一票」参議院長野選挙区立候補予定者に聞く 唐沢千晶氏・神津ゆかり氏 2013.6.16

記事公開日:2013.6.16取材地: テキスト動画

 2013年6月16日(日)18時から、長野県松本市の中央公民館で、参議院長野選挙区の立候補予定者に話を聞く「たいせつな私の一票」が行われた。7月21日に投票が行なわれる参議院選挙に立候補予定の、唐沢千晶氏と神津ゆかり氏の2人は、それぞれ出馬に至った経緯を説明し、目指す社会のビジョンを語った。


小出裕章講演会 原発事故後の日本を生きる ~未来を担う子どもたちのために今できること 2013.6.9

記事公開日:2013.6.9取材地: テキスト動画

 2013年6月9日(日)13時から、長野県松本市の松本文化会館で小出裕章氏講演会「原発事故後の日本を生きる ~未来を担う子どもたちのために今できること」が行われた。

 小出裕章氏は、事故後の福島の状況や、原発とそれを推進してきた社会の問題点を解説し、「未来の子どもたちを守るために考え、行動する責任が,これまで原発を容認してきたわれわれにはある」とした。