「休業補償を付け、歌舞伎町や池袋など地域を限定してPCR検査を徹底する事だ!」~7.10東京都医師会 記者会見 ―内容:東京都医師会の新型コロナウイルス感染症対策における、「夜の街」クラスターについて 2020.7.10

記事公開日:2020.7.11取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:渡会 裕)

特集 #新型コロナウイルス

※2020年8月7日、テキストを追加しました。

 東京都医師会は、新宿区歌舞伎町のホストクラブで、新型コロナウイルスによる感染クラスターが発生した事態を受けて、7月10日、千代田区神田の東京都医師会館で記者会見を行った。

 尾崎治夫東京都医師会長は「国は、例えばホストクラブで感染者が出た場合、そのホストクラブの全員にPCR検査を受けさせ休業要請を行う方針のようだが、ホストクラブだけが街の構成要素ではない」として、「歌舞伎町とか池袋とか、地震で言えば震源地になっている所をどうするかということと、周りへの感染予防をどうするかとの2つがポイント」だと述べ、「(国は)地域を限定して、補償を伴う休業要請をして、2週間程休んでいただき、できる限りPCR検査を行う事が必要だ」と述べた。

 尾崎会長は東京都医師会の役割として「PCRカー派遣などによる集中的なPCR検査の実施、また店舗などの経営者を集めて感染予防の講習を行い、修了証を発行する」などで協力していくと述べ、あわせて「国は、地域を限局(IWJ注:狭く限ること)して検査を徹底するということを、各都道府県とか市に任せるのではなく、国として方針をだしてほしい」と注文を付けた。

 また、「繁華街での飲食を2週間、できれば4週間控えて欲しい」「どうしてもの場合は国のガイドラインを守っているお店を選んで利用して欲しい」と市民に対しても要請した。

■ハイライト

  • タイトル 東京都医師会 記者会見
  • 日時 2020年7月10日(金)16:00〜
  • 場所 東京都医師会館(東京都千代田区)
  • 主催 東京都医師会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です