コロナ禍のとき、いまこそ透明性が求められる。福島瑞穂党首は血税の不正な中抜きを許さず徹底追及を誓う!そして都知事選、宇都宮氏との共闘に前向きな思い!~6.3福島瑞穂 社民党党首 定例会見 2020.6.3

記事公開日:2020.6.3取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:千浦僚)

 2020年6月3日(水)12時より、中央区霞が関参議院議員会館にて、福島瑞穂社会民主党党首が定例会見を行なった。昨日6月2日の経産省に対する野党合同ヒアリングと、参院厚生労働委員会での質疑を踏まえた問題提起がなされた。

 冒頭、福島瑞穂党首は、「国会の会期を延長し、徹底的に議論すべきことが山ほどある」と述べた。続けて、「黒川弘務元東京高検検察長が懲戒ではなく訓告という軽い処分に終わったこと、そもそも閣議決定で定年延長を決めたことを含め、その経過を明らかにし、再調査をしっかりやっていく必要がある」と述べた。

 さらに続けて福島党首は、「持続化給付金の問題がある」と経産省、電通、パソナがつるんで幽霊法人をくぐらせ、20億円もの金を中抜きさせた問題に切り込んだ。

  • ここから先は【会員版】となります。会員へのご登録はこちらからお願いいたします。ぜひ、新規の会員となって、あるいはかつて会員だった方は再開して、ご支援ください!→会員登録はこちらです

■全編動画

  • 日時 2020年6月3日(水)12:00~
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です