特定警戒都道府県のうち5県とその他の34県の緊急事態宣言を解除! 北海道、首都圏、関西の特定警戒は解けず!~5.14西村康稔新型コロナ対策担当大臣による囲み記者会見 2020.5.14

記事公開日:2020.5.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文 千浦僚)

 2020年5月14日(木)12時40分、東京都千代田区霞が関の内閣府中央合同庁舎エントランスにて、西村康稔新型コロナ対策担当大臣による囲み記者会見が行われた。これは「第6回新型インフルエンザ等対策有識者会議基本的対処方針等諮問委員会」の後に、政府が諮った緊急事態の段階的解除が有識者に承認されたことの報告として行われた。

 この報告で西村大臣は、特定警戒都道府県のうち5県とその他の34県、計39県の緊急事態宣言を解除すると伝えた。

 特定警戒であった5県は石川、茨城、岐阜、愛知、福岡である。

 他方、北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫の8都道府県の特定警戒は続く。なお、愛媛県は新たに集団感染が判明したため調査と報告を行なう条件付きの解除になるという。

■全編動画

  • 日時 2020年5月14日(木)12:30頃~
  • 場所 中央合同庁舎8号館(東京都千代田区)

 以下は大臣の発言の全文である。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です