愛知学院大学准教授・関根佳恵氏「『地球を救う機会を持つ最後の世代』として責任ある行動を」~5.25国際フォーラム・国連「家族農業の10年」と「農民の権利宣言」を考える 2019.5.25

記事公開日:2019.6.2取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年5月25日(土)13時より東京都千代田区の明治大学駿河台キャンパスにて、国際フォーラム 〜国連「家族農業の10年」と「農民の権利宣言」を考える〜が開催された。

■ハイライト

  • 報告 キム・ジョンヨル氏(ビア・カンペシーナ国際調整委員、元韓国女性農民会事務局長)/ヘンリー・シマルマタ氏(インドネシア農民連合、ビア・カンペシーナ)/関根佳恵氏(愛知学院大学准教授、国連世界食料保障委員会〔CFS〕専門家ハイレベルパネル・メンバー)
  • 特別来賓 三原香恵氏(国連食糧農業機関〔FAO〕リエゾンオフィサー)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です