シンポジウム 安倍「加憲」案にどう対抗するか(神戸市) ―パネリスト 池田香代子氏(翻訳家)、伊勢崎賢治氏(東京外大教授)、松竹伸幸氏(ジャーナリスト)、吉田維一氏(弁護士) 2018.11.23

記事公開日:2018.11.23取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 憲法改正

 2018年11月23日(金・祝)14時より、神戸市中央区にあるあすてっぷKOBEで兵庫県弁護士9条の会主催によるシンポジウム「安倍『加憲』案にどう対抗するか」が開かれた。パネリストの伊勢崎賢治・東京外大教授、翻訳家の池田香代子氏、かもがわ出版編集長の松竹伸幸氏、吉田維一弁護士が安倍「加憲」案と自衛隊に関する様々な論点を議論した。

■全編動画

  • パネリスト 吉田維一氏(弁護士、日弁連憲法問題対策委員会委員)/松竹伸幸氏(ジャーナリスト、かもがわ出版編集長)/池田香代子氏(ドイツ文学翻訳家、九条の会世話人)/伊勢崎賢治氏(東京外国語大学教授、元国連PKO武装解除部長)/コーディネーター 大西誠司氏(9条の心ネットワーク事務局)
  • タイトル シンポジウム 安倍「加憲」案にどう対抗するか(神戸市) ―パネリスト 池田香代子氏(ドイツ文学翻訳家)、伊勢崎賢治氏(東京外国語大学教授)、松竹伸幸氏(ジャーナリスト)、吉田維一氏(弁護士)
  • 日時 2018年11月23日(金・祝)14:00〜16:30
  • 場所 あすてっぷKOBE(神戸市中央区)
  • 主催 兵庫県弁護士9条の会
  • 告知 市民社会フォーラムサイト

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です