熊本・大分大地震から半年 ―甚大な被害を受けた熊本・益城町から現在の様子をリポート 2016.10.31

記事公開日:2016.11.21取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:安道幹)

 2016年10月31日(月)、IWJ記者が熊本県上益城郡益城町に入り、家屋解体が行われている町の様子をリポートした。

■ハイライト

  • 日時 2016年10月31日(月)13:00~
  • 場所 熊本県上益城郡益城町

▲益城町の様子(2016年10月31日撮影)。2016年4月の地震で倒壊した家屋の多くが、まだそのままの姿で残っている。

▲益城町の様子(2016年10月31日撮影)。2016年4月の地震で倒壊した家屋の多くが、まだそのままの姿で残っている。

 ▲町によると、2016年10月31日時点で、解体作業の公費申請が2216件、そのうち解体が完了した家屋は169件にとどまっている。すでに自費解体が行われた544件と合わせても、進捗状況は25%程度だ。

▲町によると、2016年10月31日時点で、解体作業の公費申請が2216件、そのうち解体が完了した家屋は169件にとどまっている。すでに自費解体が行われた544件と合わせても、進捗状況は25%程度だ。

161031_342741_03

161031_342741_04

161031_342741_05

161031_342741_06

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です