アメリカの宇宙衛星を守るよう要求されている日本、集団的自衛権で宇宙戦争に巻き込まれ、原発が攻撃される危険性を立命館大学・藤岡惇教授が指摘 2015.7.15

記事公開日:2015.7.30取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・奥松)

※7月30日テキストを追加しました!

 「ドローンを使うアメリカの戦争は、宇宙衛星を利用する。攻撃される側は『宇宙衛星をマヒさせればいい』と考える。事実上の宇宙戦争であり、衛星が狙われる時代。つまり、集団的自衛権には、日本がアメリカの宇宙衛星を守ることも含まれる」──。

 「宇宙戦争も核戦争もNO!『ミサイル防衛』『集団的自衛権』の真実を探る」と題した記者会見が2015年7月15日、京都市左京区の京都大学にて行なわれ、立命館大学特任教授の藤岡惇(あつし)氏が、現実味を帯びてきた宇宙戦争の危険性について訴えた。

 「宇宙で核爆発を起こすと、真空なので風も音も出ない。熱線と放射線だけが何万キロも飛んで行く。大きな核兵器を1発、宇宙で爆発させたら、それだけでアメリカの戦争システムは終わる。放射線はゆっくり地球に降り注ぎ、人類は簡単に終末を迎えるだろう。今の状況は、その一歩手前だ」

 「兵器と核エネルギーの宇宙配備を許さない地球ネットワーク(Global Network against Weapons and Nuclear Power in Space)」は、設立23周年の今年、初めて日本で総会を行う。ミサイル防衛(MD)や宇宙軍拡に反対し、核廃絶に取り組んできた各国35名の専門家や市民が、今年の夏、京都に集う。

 これを受けて藤岡氏らは、「宇宙と平和」国際セミナー@京都、と名付けたセミナーを開催する。藤岡氏は、「京都には、経ヶ岬に米軍のXバンドレーダー基地ができた。今、日本で問題になっているミサイル防衛や集団的自衛権の問題点を、宇宙的視野から立体的に考える絶好の機会だ」と意気込みを示した。

 国際セミナーは、7月30日に同志社大学、8月1日に立命館大学で開催され、一般市民の参加も可能。7月31日には、2014年12月から運用が始まった米軍のXバンドレーダー基地がある、京丹後市の経ヶ岬を訪ねるツアーも実施する。

 また、セミナー2日目には、毎年8月に米国の学生を引率して、原爆が投下された広島と長崎を訪問している(2013年には映画監督のオリバー・ストーン氏も同行)アメリカン大学の歴史学教授、ピーター・カズニック氏の登壇も予定されている。

記事目次

■全編動画

  • 日時 2015年7月15日(火)14:00~15:00
  • 場所 京都大学

このままでは宇宙が戦場になる

 藤岡氏は、兵器と核エネルギーの宇宙配備を許さない地球ネットワークについて、「宇宙の軍事利用や、新型の核戦争の危機に警鐘を鳴らす市民団体で、1992年に米国で設立された。現在は、各国の200くらいの団体とグローバルネットワークを築いており、年1回の総会を世界各地でやってきた」と説明し、このように続けた。

 「昨年(2014年)、京丹後市の経ヶ岬にXバンドレーダー基地ができた。あれは宇宙基本法(2008年)によるものだが、このままでは宇宙を本格的な戦場にしてしまう。そんな局面を迎えたこともあり、今年は総会を京都に誘致したいと考えて、それが実現することになった。総会を兼ねて、7月30日(午後)に同志社大学、8月1日(午前・午後)に立命館大学で、合計3回の『宇宙と平和』国際セミナー@京都を開催する。10数ヵ国から35名の専門家たちが参加する予定だ」

 現在、進んでいる宇宙戦争の危機について、藤岡氏は、「ミサイル防衛とは何か。経ヶ岬のXバンドレーダー基地はどういう位置づけか。ほとんどの日本人は知らない。今、日本で問題になっているミサイル防衛や集団的自衛権の問題点を、宇宙的視野から立体的に考える絶好の機会になると思う」と力を込めた。

日本が宇宙戦争に参戦すれば、狙われるのは福島第一原発

 日本では、宇宙戦略を含めた戦争研究者は非常に少なく、宇宙基本法や、第3次宇宙基本計画の策定(2015年1月)も、ほとんど問題にされていないが、藤岡氏は、「その内容は、今後は宇宙戦争が必至で、日本の方針として、核攻撃などを想定した宇宙衛星を作らなければいけない、と書いてある」と言う。

 「今、アメリカの戦争の半分は、事実上、宇宙戦争だ。アメリカは、すでに10年前からドローンを使う戦争をやっているが、それは全部、宇宙衛星を利用する。ドローンで攻撃される側は、『宇宙衛星をマヒさせればいい』と考える。だから、衛星が狙われる時代になり、日本はアメリカの宇宙衛星を守るように要求されている」

 こう話した藤岡氏は、現在は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が準天頂衛星7基を使ったシステム構築を目指しているとし、「目的は、アメリカのGPS衛星すべてがマヒした場合に、日本がアメリカの戦争システムを維持できるようにすること。つまり、集団的自衛権には、アメリカの宇宙衛星を守るという役割もある」と述べて、次のように危機感を示した。

 「これを放置しておくと、日本は宇宙戦争に参戦して攻撃されてしまう。日本の衛星が攻撃されるだけではなく、狙われるのは日本の原発。特に、福島第一原発だろう。原発が集中する若狭湾もそうだ」

これは、新しいマンハッタン計画

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

「アメリカの宇宙衛星を守るよう要求されている日本、集団的自衛権で宇宙戦争に巻き込まれ、原発が攻撃される危険性を立命館大学・藤岡惇教授が指摘」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    【京都】アメリカの宇宙衛星を守るよう要求されている日本、集団的自衛権で宇宙戦争に巻き込まれ、原発が攻撃される危険性を立命館大学・藤岡惇教授が指摘 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/253118 … @iwakamiyasumi
    宇宙戦争と核爆発。今は終末の一歩手前、SFではないのだ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/627087112664264705

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です