【辺野古移設問題】翁長知事の作業停止指示を「執行停止」すると発表した林農水相、相次ぐ質問に「知事のコメントに、いちいちコメントする立場ではない」〜閣議後記者会見で 2015.3.31

記事公開日:2015.3.31取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・松井信篤)

 沖縄・辺野古新基地建設をめぐり、翁長雄志沖縄県知事が移設作業停止指示出したことに対して、農水省がそれを一時的に停止すると発表した問題に注目が集まっている。2015年3月31日(火)に行なわれた林芳正農林水産大臣の記者会見では、この件に関する質問が相次いだ。

 沖縄防衛局は、翁長知事の作業停止指示が不服であるとして、同月24日、農水省に行政不服審査法に基づいた不服申し立てを行なっている。これを受けて林農水相は、30日に翁長知事の出した停止指示を一時的に停止すると発表。

 翁長知事はこれについて、「国が申し立てて、国が審査をする対応は、公平公正に行なわれたか理解できず、残念だ」と語っている。これを受けて、この日の会見では、大臣の受け止めについて質問があがった。

 林農水相は、農水省が審査庁になっていることから、行政不服審査法の規定に基づき、沖縄防衛局と沖縄県から提出された書面の内容を慎重に審査し、執行停止の決定を行なったと説明した。

記事目次

■ハイライト

  • 日時 2015年3月31日(火) 8:50~
  • 場所 農林水産省(東京都千代田区)

審査の裁決の時期、見通しは立たず

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です