井戸川克隆元双葉町長による福島県知事への公開質問状の提出 2014.5.19

記事公開日:2014.5.19取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 3.11|特集 百人百話

 2014年5月19日(月)、井戸川克隆元双葉町長が福島県庁を訪ね、佐藤雄平福島県知事あての公開質問状を提出した。

■ハイライト

  • 日時 2014年5月19日(月) 10:30頃~
  • 場所 福島県庁(福島市)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「井戸川克隆元双葉町長による福島県知事への公開質問状の提出」への1件のフィードバック

  1. johnson より:

    ・鼻血に関して否定する人は外部被ばくのことしか言わない。原発事故のあとの低線量被ばくとは天然の被曝線量が高い地域の状況とは全然違い、周囲には、場合によっては恐ろしい核種が含まれる人工的なホットパーテイクルがある確率が高い地域での内部ひばくもあわせて考えるべきであり、しかもそれは食べ物からではなく吸気によって被ばくする確率が高いということではないのか。原発作業員の方々はなぜマスクの着用を徹底するのかを考えれば簡単にわかるはずなのにあえてそこにはふれない。原発事故から3年以上たっているのにいまだに被ばくといったら外部被ばくのことしか語らない、しかも内部被ばくといったら食べ物のことしか語らない人間を 私は全く信用できない。鼻血の問題をつっこまれたときの不自然なほどの過剰反応の裏にはこの被ばくを考えるときの肝になる事実にふれられたくないのでは?と勘ぐってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です