取調べの可視化を求める市民集会「取調室にシナリオは要らない~骨抜きを許さない!取調べ全過程の録画を~」 2014.3.25

記事公開日:2014.3.25取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月25日(火)、東京都千代田区にある弁護士会館で、取調べの可視化を求める市民集会「取調室にシナリオは要らない~骨抜きを許さない!取調べ全過程の録画を~」が、日本弁護士連合会の主催で開催された。

■ハイライト

  • 基調報告 「法制審議会 新時代の刑事司法制度特別部会の議論状況について」 小坂井久氏(弁護士、法制審特別部会幹事)、ほか
  • えん罪被害者報告 桜井昌司氏(布川事件)、上田里美氏(爪ケア事件)
  • パネルディスカッション 周防正行氏(映画監督、法制審議会新時代の刑事司法制度特別部会委員)、北尾トロ氏(ライター)、小坂井久氏(弁護士、法制審特別部会幹事)
    コーディネーター 菊地幸夫氏(弁護士、第二東京弁護士会所属)
  • 日時 2014年3月25日(火) 18:30~
  • 場所 弁護士会館(東京都千代田区)
  • 主催 日本弁護士連合会 (告知

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です